在庫管理で悩む方必見! 不良在庫は在庫買取業者を使って一括処分を!

在庫管理は、業務の中でも最も難関な部分だとされています。在庫回転率が悪ければ、在庫を抱えることになるでしょう。いわゆる余剰在庫・過剰在庫・滞留在庫・不動在庫などと呼ばれるものは、企業経営を圧迫する原因です。
在庫を処分したいと考えたとき、どのような手段が浮かびますか? 売りどきを逃した在庫は不良在庫となり、税金と管理費ばかりのしかかってくるため、業績悪化につながる重大な事態となるでしょう。企業としては、不良在庫はなるべく早く処分したいし、買取で損失を最小限に留(とど)めたいと思いますよね。
よく耳にする「在庫処分セール」という言葉に惹(ひ)かれ、叩(たた)き売りをしてしまおうかという衝動にかられてはいけません。在庫も大切な資産です。業者による買取なども利用し、上手に処分することを考えていきましょう。

  1. 在庫の処分について
  2. 業者による在庫の買取について
  3. 在庫買取の流れ
  4. 在庫買取業者選びのポイント
  5. 在庫処分や在庫買取でよくある質問
  6. まとめ

この記事では、在庫買取業者の活用方法や在庫買取の流れなどについてご紹介していきます。 余剰在庫がもたらすリスクを知り、改善していくポイントにしてください。今後の企業経営の在り方を考えていくきっかけにもなるでしょう。

1.在庫の処分について

在庫処分の基礎知識から見ていきましょう。

1-1.在庫処分とは?

在庫処分とは、いわゆる過剰在庫や余剰在庫といった、社内で抱えている在庫を、在庫処分セールとして安く売る、アウトレット品として売り出すといったことです。在庫の数を減らすための取り組みといえるでしょう。

1-2.在庫処分はどんなときに行うか?

在庫管理に失敗した場合、余剰在庫が重くのしかかります。古くなるほど流行(りゅうこう)から外れ、売りにくくなってしまう危険性があるのです。そのため、在庫は期間を区切って定期的に見直し、処分を検討することが望ましいでしょう。在庫も資産に含まれ、税金の課税対象となります。ですから、余計な経費をかけないためにも、期間を決めて処分を行うことが必要です。

1-3.在庫処分における社内の問題点

在庫といえども資産の一部にあたり、企業全体のキャッシュフロー減少につながる負の連鎖となります。つまり、運転資金の流れが悪くなることを意味しているのです。在庫そのものは、企業全体から考えると小さな問題のように感じる場合があっても、維持管理にもお金がかかり、徐々に経営を圧迫していく存在となります。経費節約とキャッシュフローの回復にも、在庫処分は重要課題です。
また、在庫を抱えている期間が長くなった分だけ、どんどん商品価値が低下します。従って、安値でやむなく叩(たた)き売るか、処分を余儀なくされるのです。

2.業者による在庫の買取について

企業独自に在庫処分セールなどを行う場合もあります。しかし、販売ルートを確保していない、在庫処分のコツを得ていないなどの理由から失敗に終わることもあるのが現状です。確実に在庫整理を行っていく方法として、業者による在庫買取があります。

2-1.どんな場合に業者による在庫買取を依頼すべきか?

長期間、在庫を保管している場合、維持費用もかさんでしまいます。商品価値が著しく損なう前に、在庫を手放すべきです。従って、商品価値があるうちに、業者による買取を依頼した方が、高値で買取となるでしょう。
また、店舗閉店など、急いで在庫をさばきたい場合にも、業者なら速やかな買取で処分することができます。時間が限られているなら、やはり業者を利用する方がベストです。

2-2.在庫買取業者が扱う商品の種類

在庫買取業者もさまざまなカラーを持っており、得意分野はわかれています。アパレル関連に特化している場合や、閉店在庫買取を得意とする場合もあるでしょう。自社の製品にそぐう業者を探すことが、在庫を高く買い取ってもらうために必要です。

2-3.在庫買取業者に依頼するメリットとデメリット

在庫が税金対象となるのは、年度末です。売れないものに余分な税金を払うのは大変な重荷となります。企業としても、常に経費節減意識を持って事業を運営しているはずです。年度末までに一括して在庫買取を依頼し、過剰在庫もすっきり処分できるのに加え、大きな節税効果をもたらしてくれるでしょう。
デメリットとして挙げられることは、在庫買取業者選びに失敗した場合の損失です。適正価格をつけてもらえず、損をすることも考慮しなければなりません。そのため、信頼できる在庫買取業者との出会いが必要となります。

2-4.在庫買取業者のセキュリティーはどうなのか?

在庫買取業者と名乗り、安く買い取って露店で叩(たた)き売るといった悪質事例もあります。利益をむさぼり取る劣悪な業者ですから、依頼前に業者の実態は確認すべきです。また、売買にかんする取り決めもしっかり防衛意識を持って臨み、商品の持ち逃げがないように努めなければなりません。ですから、業者選びは慎重に行う必要があります。

2-5.在庫買取業者に依頼するときの注意点

在庫買取業者に依頼するのは、話がまとまりさえするなら、とても簡単なことです。しかし、注意すべきは、在庫買取後の取り扱いについてでしょう。扱い方によっては企業イメージを損なう場合もあります。ゆえに、過去の実績などにも目を向け、きちんとした取り扱いができているかを確認してください。

3.在庫買取の流れ

在庫買取にかんする流れや査定についてご紹介します。

3-1.在庫買取をどこに依頼するか?

先にも述べたとおり、自社製品に合う販売ルートを持った在庫買取業者を選んで依頼することが重要です。当然のことながら、処分したい在庫と業者のルートが見合わないようなら、査定も下がってしまいます。そのため、依頼先は条件に合うところに絞り、慎重に決めることが重要です。

3-2.在庫買取業者の無料見積もりについて

在庫買取を行う業者では、無料見積もりや無料査定などを実施しています。お互いの条件を確認する意味でも、ぜひ活用したい方法です。無料見積もりは複数の業者を比較する意味もあり、在庫に対する評価も見ることができます。

3-3.在庫買取の流れや方法

無料見積もりや無料査定を利用し、買取方法や金額などが納得できる内容であることを確認します。買取金額だけに目を取られず、買取後の販売方法なども聞いておくと安心です。信頼できる業者の選定ができたなら、契約書を交わして成立となります。
在庫を業者に引き渡し、受け取り確認後に買取金額の振り込みがなされるといった流れです。

3-4.在庫買取にかんする注意点

在庫を早く整理したい気持ちから、業者を選定する目が甘くなってしまうことがあります。しかし、業績にも影響する問題であるため、見積もり内容はしっかりチェックし、満足できる内容かどうかを見極めることが重要です。社内で話し合いの場を設けることもいいでしょう。また、丁寧な対応であり、質問への返答もスピーディーなど、安心して依頼できる業者を選んでください。

4.在庫買取業者選びのポイント

トラブルを避けるためにも、良心的な業者を選びたいですよね。自社製品を任せるのですから、買取後も責任感のある業者の選定がポイントになります。

4-1.信頼できる在庫買取業者の見わけ方

在庫を買い取って終わりでは困ります。販売ルートを明確にし、万が一トラブルが起きた場合の体制がしっかりしていることが大切です。在庫買取業者とコミュニケーション不足が起こらないよう、十分な配慮がなされているかも、担当者の対応や業務に対する姿勢もわかります。信頼できる業者選びのポイントにしてください。

4-2.在庫買取料金について

在庫の量や製品別、また業者によっても料金は変動があります。信頼できる業者の基準として、料金やその詳細を細かく説明できることが、信頼へとつながるのです。
在庫買取料金をトータルだけしか提示できないようなら、作業内容もいい加減といったことが伺えるでしょう。

4-3.在庫買取にかかるコスト削減のコツやポイント

在庫買取は、適正価格でしてもらうことが大切です。では、コスト削減できるコツなどはあるのでしょうか? 
ポイントは、買取にかかる諸経費の削減です。発送者負担となるなら、送料や人件費などで多くの出費を求められます。とはいえ、人件費は削ることができません。
コスト削減方法として、業者の回収方法に着目してください。出張や宅配買取を実施しているなら、条件によっては大きな経費節減となります。コスト削減を狙う方は、ぜひ覚えておいてください。

4-4.在庫買取業者で起こり得るトラブルや注意点

在庫買取業者とのやりとりが円滑でも、行き違いは必ず起こります。口頭での約束では、後々トラブルが発生するのです。そのため、契約内容は必ず書面で交わし、お互いの主張が食い違うことを防いでください。
在庫買取業者の中には、商品だけを持ち去る悪質な事例もあります。盗難被害に遭ってからではどうにもならないため、業者との信頼関係を築いてから依頼するように注意してください。

5.在庫処分や在庫買取でよくある質問

在庫買取を依頼した場合、速やかに現金化できるメリットがあります。ですが、大切な自社製品を依頼するわけですから、心配事もたくさん出てくるでしょう。質問集を参考にしてください。

5-1.在庫処分で業者に買取依頼できないものは?

商品価値が大きく損なわれる汚れ、壊れているもの、医薬品も対象外です。在庫処分前に商品状態をチェックしてください。

5-2.在庫買取を依頼した後、経理はどう処理すべきか?

廃棄損とみなされ、資産減少と計算して、経理処理を行うことが可能です。在庫を抱えたままでは余分な税金を支払うことを余儀なくされます。在庫処分で資産を減らし、在庫にかかっていた税金をなくすことができるのです。

5-3.在庫回転率とは?

企業が在庫を保有している期間を示す指標です。どのくらいの時間で、在庫をさばくことができるかというものともいえます。在庫回転率がいいのは、短期間で在庫を処分できているということです。

5-4.不良在庫が溜(た)まるとどうなる?

どんな製品でも費用をかけて作っています。売れなければそのお金は無駄になり、不良在庫の停滞が続くことで、企業の資金運用にも悪影響を及ぼすでしょう。果ては、倒産といった事態にもなりかねません。

5-5.在庫買取後の主な販売ルートは?

在庫買取後は、リサイクルショップや会員制サイトなどを中心に販売されます。場合により、海外で販売されることもあるでしょう。すべてを委ねるのではなく、企業イメージに添う販売ルートであるかを、しっかり把握しておいてください。

6.まとめ

いかがでしたか? 在庫を長く抱えることは、企業にとって経営を圧迫する原因です。売れないものに税金を支払い、在庫を管理する費用もかかります。そのため、在庫処分を検討し、素早く現金化することが理想です。自社で在庫処分セールをすることも可能ではあるものの、失敗に終わる企業も少なくありません。在庫買取業者を活用し、一括して買い取ってもらい、在庫をすっきり処分する方法がおすすめです。早く処分したい在庫とはいえ、在庫買取後の販売ルートが悪ければ、企業イメージを損なう恐れもあります。ですから、信頼できる業者を選ぶことが大切です。在庫をすっきり処分し、余分な経費節減につなげることで、今後の業績回復に役立ててください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!