在庫管理で悩む方必見! 不良在庫は在庫買取業者を使って一括処分を

在庫管理は、業務の中でも最も難関な部分だとされています。在庫回転率が悪ければ、在庫を抱えることになるでしょう。いわゆる余剰在庫・過剰在庫・滞留在庫・不動在庫などと呼ばれるものは、企業経営を圧迫する原因です。
在庫を処分したいと考えたとき、どのような手段が浮かびますか? 売りどきを逃した在庫は不良在庫となり、税金と管理費ばかりのしかかってくるため、業績悪化につながる重大な事態となるでしょう。企業としては、不良在庫はなるべく早く処分したいし、買取で損失を最小限に留(とど)めたいと思いますよね。
よく耳にする「在庫処分セール」という言葉に惹(ひ)かれ、叩(たた)き売りをしてしまおうかという衝動にかられてはいけません。在庫も大切な資産です。業者による買取なども利用し、上手に処分することを考えていきましょう。

  1. 在庫の処分について
  2. 業者による在庫の買取について
  3. 在庫買取の流れ
  4. 在庫買取業者選びのポイント
  5. 在庫処分や在庫買取でよくある質問
  6. まとめ

この記事では、在庫買取業者の活用方法や在庫買取の流れなどについてご紹介していきます。 余剰在庫がもたらすリスクを知り、改善していくポイントにしてください。今後の企業経営の在り方を考えていくきっかけにもなるでしょう。

1.在庫の処分について

在庫処分の基礎知識から見ていきましょう。

1-1.在庫処分とは?

在庫処分とは、いわゆる過剰在庫や余剰在庫といった、社内で抱えている在庫を、在庫処分セールとして安く売る、アウトレット品として売り出すといったことです。在庫の数を減らすための取り組みといえるでしょう。

1-2.在庫処分はどんなときに行うか?

在庫管理に失敗した場合、余剰在庫が重くのしかかります。古くなるほど流行(りゅうこう)から外れ、売りにくくなってしまう危険性があるのです。そのため、在庫は期間を区切って定期的に見直し、処分を検討することが望ましいでしょう。在庫も資産に含まれ、税金の課税対象となります。ですから、余計な経費をかけないためにも、期間を決めて処分を行うことが必要です。

1-3.在庫処分における社内の問題点

在庫といえども資産の一部にあたり、企業全体のキャッシュフロー減少につながる負の連鎖となります。つまり、運転資金の流れが悪くなることを意味しているのです。在庫そのものは、企業全体から考えると小さな問題のように感じる場合があっても、維持管理にもお金がかかり、徐々に経営を圧迫していく存在となります。経費節約とキャッシュフローの回復にも、在庫処分は重要課題です。
また、在庫を抱えている期間が長くなった分だけ、どんどん商品価値が低下します。従って、安値でやむなく叩(たた)き売るか、処分を余儀なくされるのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!