事故物件の掃除はプロに依頼を! 特殊清掃は早く取り掛かるのがコツ

近年は、孤独死や自殺・殺人など、悲惨な事件や事故のニュースを耳にすることもめずらしくありません。こうした事件や事故は、いつ自分の身近でおきても不思議ではないのです。もし、賃貸物件で事件や事故が起こったら、その物件は事故物件として扱われます。事故物件は、特別な掃除が必要になりますが、どこに依頼したらいいのかわからないのが現状でしょう。この記事では、事故物件の掃除に関する詳しい情報と、特殊清掃を業者に依頼するポイントについて解説します。

  1. 事故物件とは何か?
  2. 事故物件の掃除はどうしたらいいか?
  3. 事故物件の掃除を業者に依頼する方法
  4. 事故物件の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、事故物件の掃除や特殊清掃について知識を得ることができます。いざというときに困らないようお役立てください。

1.事故物件とは何か?

まずは事故物件とは何か、どんな問題点があるかを知っておきましょう。

1-1.事故物件にはどんなケースがあるか?

事故物件とは、不動産取引や賃貸借契約の対象となる集合住宅において、前住居者が死亡した経歴のある物件のうち、死亡の原因に問題があったもののことです。事故物件には大きく分けて以下の2種類のケースがあります。

  • 事件性のある事柄で死者が出た場合:殺人・傷害致死・火災など
  • 事件性のない理由で死者が出た場合:事故・自殺・自然災害・孤独死など

孤独死のうち、病死など自然死の場合は、遺体の発見が早ければ事故物件として扱われない場合もあります。

1-2.事故物件の問題点

事故物件は、借り主側・貸し主側ともに多くの問題があります。

1-2-1.借り主側の問題

借り主からすると、殺人現場や自殺者が出た物件は、心理的瑕疵(かし:欠点のこと。心理的に抵抗を感じやすい条件があることをいう)に当てはまります。わざわざ事件や事故の現場で暮らしたいと思う人は少なく、そのため、事故物件を借りる気にはなれないのが普通です。

1-2-2.貸し主側の問題

事故物件は、次の借り手に事故の内容を告知する義務があります。事故物件だと知られると、前述のように借り手が見つかりにくいので、賃料の値下げを余儀なくされるのです。そのため、経済的損失を被る問題があります。

1-2-3.その他

事故物件を掃除しないで放置すると、死臭や害虫の問題が深刻になります。また、事件を知ってやじ馬が押し掛けることもあり、近隣住民の迷惑にもなるでしょう。そうすると、今いる入居者も出て行ってしまう可能性もあります。

2.事故物件の掃除はどうしたらいいか?

事故物件に再び人が住めるような状態にするには、掃除をしなければなりません。ここでは、事故物件の掃除について説明します。

2-1.事故物件の掃除の必要性

事故物件は、警察による実況見分の間は中への立ち入りが制限されています。検視が終わって遺体が運び出されたあとに、立ち入り制限が解除されると、やっと掃除をすることができるのです。死亡から遺体の発見まで時間がたっているほど、遺体の損傷も激しく、現場にはすさまじい臭気と遺体から出る体液による汚染が広がっています。腐敗した肉体にはハエやウジ・ゴキブリなど、害虫が発生し、腐敗菌や雑菌の繁殖によって感染症のリスクも高まっているのです。そのため、一刻も早く掃除をする必要があります。
事故物件の掃除は、一般的に遺族(相続人)の責任で行うケースが多いものです。しかし、相続人がいない場合や相続の放棄をした場合、賃貸契約の保証人がいない場合には、貸し主が行うことになります。

2-2.どんな掃除を行うのか?

事故物件の掃除は「特殊清掃」といわれるものです。特殊な洗剤や脱臭剤・殺虫剤・消毒薬などを使って、死臭と汚れを落とします。孤独死の場合、現場がゴミ屋敷のように荒れているケースも多いので、ゴミや不用品の片づけも必要です。

2-3.事故物件の掃除は自分でもできる?

事故物件の掃除をするために特別な資格は必要ありません。しかし、いざ、自分でやろうと思っても難しいでしょう。なぜなら、凄惨な現場はにおいがきつく、慣れない人は室内にとどまっていることすらできないからです。加えて、雑菌の繁殖や害虫による菌やウイルスの媒介で、感染症にかかるリスクもあります。また、汚染箇所の的確な除去は、専門知識がないと難しいものです。薬剤の知識や汚染除去の技術などがあるプロに依頼するほうがスムーズだといえます。

3.事故物件の掃除を業者に依頼する方法

事故物件の掃除「特殊清掃」は専門家に任せたほうが安心です。信頼できる業者の選び方や作業内容・料金など、気になるポイントを解説します。

3-1.特殊清掃を依頼するメリット

特殊清掃を業者に依頼すると以下のようなメリットがあります。

  • 汚れや臭気を除去できる
  • 自分が現場に行かなくてもすむので心理的負担が少ない
  • 自分で行うより早くきれいになる
  • 遺品整理も同時にできる

3-2.事故物件の掃除はどこに依頼する?

事故物件の掃除は、特殊清掃に対応している清掃業者や、遺品整理に対応している不用品回収業者に依頼することができます。遺品整理業者の場合、事故物件の対応経験が豊富な業者も多く、遺品整理も同時にできるのでおすすめです。

3-3.業者の選び方

事故物件の掃除を依頼する業者を選ぶときに、以下のポイントを参考にしてください。できれば、複数の業者から見積もりを取って内容を比較するといいでしょう。

  • 事故物件の掃除に関する知識や経験が豊富
  • 特殊清掃の汚れ・におい除去技術がある
  • 迅速に対応することができる
  • 見積もりが無料でできる
  • 希望の日時を指定できる
  • 電話や見積もり時の対応がいい
  • 遺品整理に対応している

3-4.料金の相場

特殊清掃は、現場の状況や作業レベルによって費用が変わります。特に、遺体が放置されてフローリングや畳の下まで体液がしみ込んでしまった場合には、リフォームが必要となり、金額が大きく加算されるでしょう。以下の金額は目安としてください。

  • 床上の特殊清掃30,000円~
  • 浴室の特殊清掃30,000円~
  • オゾン脱臭10,000円~
  • 畳の撤去1枚3,000円~

3-5.事故物件を掃除するときの流れ

  • 業者に見積もりを依頼する
  • 業者が現場を視察。汚れや臭気の度合いを観察し、見積もりを提示
  • 作業日を決定する
  • 業者が現場にて作業
  • 遺品整理が必要な場合は遺品整理を行う
  • 作業完了後、依頼者と業者で確認

3-6.注意点

事故物件の掃除で除去すべき汚れは、血液や体液など、人体に由来するものです。これらは一般的な汚れとは違うため、特殊な薬剤や機材、技術・経験が必要になります。業者を選ぶときに金額の安さで選ぶと、表面的な掃除しかできずに消臭が不十分な場合があるので、見積もりのときに作業内容をよく確認しましょう。また、特殊清掃の場合は、一般的に作業中に依頼人が立ち会うことはないので、貴重品の持ち出しなどがないように、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

4.事故物件の掃除に関するよくある質問

事故物件の掃除や特殊清掃に関する質問をピックアップしました。参考にしてください。

Q.見積もりを複数の業者から取ることはできますか?
A.はい。候補を2~3社に絞って見積もりを取りましょう。見積もりでは金額だけでなく、内容もよく確認してください。極端に安い見積もりを出す業者は避けたほうがいいでしょう。

Q.遺体の発見が早かったので、それほどきつい臭気を感じません。自分で掃除できるでしょうか?
A.事故物件の掃除は技術面だけでなく遺族にとっては心理的にも厳しいものです。この点に問題がなければ、自分のできる範囲で掃除してもいいでしょう。ただし、死臭は汚染のある場所だけでなく、壁紙や床・家具など部屋中にしみついています。遺体のあった場所だけを掃除・消臭して、その場ではきれいになったと思っても、あとからにおいやシミが浮き出てくることがあるので、後日点検が必要です。

Q.身内が自殺し、家主から原状回復を求められていますが、掃除のほかに何が必要でしょうか?
A.掃除により汚れとにおいの除去ができたら、状況に応じて床や壁紙の貼り替えが必要な場合があります。内容はケースバイケースなので、どちらがどこまで負担するかは家主とよく話し合いましょう。弁護士を交えて相談すると安心です。

Q.特殊清掃はどのくらい時間がかかるでしょうか?
A.通常は1日で完了します。ただし、清掃の範囲や部屋数により、2日以上かかる場合もあるため、見積もりのときに確認してください。

Q.特殊清掃が終わりましたが、まだにおいが取れません。どうしたらいいでしょう?
A.においの元がどこにあるのかを特定し、原因を除去する必要があります。たとえば、フローリングの下にある床の土台部分にまで体液がしみてしまっている場合、土台から張り替えることになるでしょう。

まとめ

事故物件の掃除は、現場を放置する時間が長くなるほど、においや汚れがしみついて落としにくくなります。その結果として、近隣にも害虫や悪臭で迷惑をかけることになりかねません。そうならないためにも、なるべく早く特殊清掃に取り掛かることが大切です。信頼できる業者に依頼し、最善をつくせば、次の入居者が気持ちよく住める状態にできるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!