家具や壁にはられたシールの簡単な剥がし方。身近なものが使えます。

子どもがシールを家具や家電にベタベタとはってしまい、困っている。
そんな悩みを抱えているご家庭は少なくないでしょう。
シールは、無理に剥がすと跡が残り汚らしくなります。
そこで、今回はシールのきれいな剥がし方をご紹介しましょう。
「シールを簡単に剥がせる方法」というのはたくさんありますが、家具や家電の種類によっては避けた方がよい方法もあるのです。
今回は剥がし方の使い分けについてもご紹介しましょう。
小さいお子様がいらっしゃる方は必見ですよ。

  1. シールのベタベタの正体とは?
  2. シールの上手な剥がし方とは?
  3. 素材別、シールの剥がし方の選び方
  4. シールをはってよい場所を作ろう
  5. おわりに

1.シールのベタベタの正体とは?

シールのベタベタは、石油由来のノリです。
紙製のシールにくっついているノリはそれほど強力なものではありません。
しかし、平面にぴったりとはられてしまうとなかなか落ちにくいもの。
さらに、紙製のシールは粘着力の方が製品自体の強度よりも強いのです。
ですから、無理に剥がそうとすれば途中でちぎれてしまったり、ベタベタが残ったりするでしょう。
また、シールの周囲に爪を立てて剥がそうとすると家具や家電が傷ついてしまうこともあるのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!