スチールラックを捨てたい方必見!3つの処分方法を知っておくと便利

4.スチールラックの回収業者について

回収業者はとても便利です。スチールラックがリサイクルできないなら、処分を考えなければなりません。簡単に処分したいという方におすすめの方法です。

4-1.どんな回収業者を選ぶといい?

回収業者によって費用や方法はさまざまです。需要拡大とともに、回収業者の数が増え続けています。きちんとホームページを持っている回収業者を選ぶようにしてください。

料金・回収方法・リサイクルについてはっきり記載している業者なら安心でしょう。処分したいスチールラックの数が多い場合、コストを抑えられる定額パックを用意している業者を選ぶのもポイントです。

4-2.回収業者を選ぶときに注意すべきことは?

見積もりは、必ずいくつかの回収業者から受け取ってください。見積もりを出したからすぐ契約してくださいという回収業者は止めましょう。ほかと比べる時間を与えないのは、回収費用が高い・作業内容と見合っていないなどの理由があるからです。スチールラックを回収してリサイクルしている回収業者であり、古物商・産業廃棄物処理業の許可を受けていることも確認してください。

5.スチール製品の処分方法よくある質問

スチール製品を処分する際には、迷うことが多いですよね。捨てる前によくある質問をチェックしてみましょう。

Q.スチールラックの運び出しが困難な場合は?
A.回収業者ではいろいろな搬出方法を準備しています。見積時に搬出経路の確認も行い、2階からの吊(つ)り下ろしなどのオプションが必要な場合は、依頼者と相談して決めているので安心です。オプションにかかる料金も確認しておきましょう。

Q.回収後のスチールラックはどう扱われる?
A.回収業者では、スチールラックを再販する場合もあります。分解して資源活用に回すこともあり、きちんと許可を受けている回収業者なら安心です。許可を受けていない回収業者には注意してください。不法投棄が問題になっているのは、無許可の回収業者です。

Q.状態の悪いものでも回収可能か?
A.回収業者では、傷・汚れ・サビがあっても回収可能です。買い取りを希望する場合は、状態が悪いとできません。査定を受けたいという方は、見積もりを出してもらう際に判断してもらいましょう。

Q.スチールラック以外のものも回収できる?
A.スチールラックの処分と同時に、回収を希望するものがある場合は、事前に申し出てください。回収日ではトラックの空(あ)き容量によって、対応しにくい場合があります。

Q.見積もりは無料で出してもらえる?
A.回収業者の見積もりは無料です。実際に自宅に来てもらい、サイズや分量の確認をしてから出します。概算だけを知りたい場合は、自分でだいたいの大きさを測り、回収業者の無料見積もり申し込みフォームから問い合わせてみましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? スチールラックは金属ですから、自治体でも資源として回収する場合もあります。しかし、自分では分解できず、運搬に戸惑うこともあるでしょう。状態がいいものは、リサイクルショップでも売却可能です。スチールラックの搬出と運搬が難しい・数が多い・ほかにも捨てたいものがあるなら、便利な回収業者を利用してみてください。回収後はきちんと資源として扱ってもらえますし、すぐに処分できてすっきりしますよ。無料見積もりで料金や作業内容を比べ、許可を受けていることを確認し、信頼できる回収業者を選んでください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!