スプレー缶の安全な捨て方とは?処分前の対処法と注意点について

使い終わったスプレー缶は、どのように廃棄処分されていますか?スプレー缶は有害ゴミに該当するため、適正な方法で処理をしてから捨てないと、回収したゴミ収集車の中で大事故を起こす恐れもあるのです。
では、中身が残っているスプレー缶の処分はどうでしょうか?スプレー缶は使いきってから捨てるのが基本です。ヘアスプレーなどは使いきってから新しいものを購入するケースがほとんど。DIYで使ったカラースプレーなどは、たくさん中身が残った状態で保管していることもあるでしょう。
捨て方に悩むスプレー缶。安全に捨てる方法を覚えて、適切な処理を行ってください。

  1. スプレー缶の捨て方
  2. ガスの抜き方と注意点
  3. まとめ

1.スプレー缶の捨て方

日常生活の中では、さまざまなスプレーを使っています。消臭剤・整髪料・殺虫剤など、範囲も広く多種多様です。スプレー缶の中身が出なくなったからと、そのまま可燃ゴミに混ぜて捨ててしまうのは危険。楽して処分しようと考える方もいます。しかし、ゴミ収集の清掃員が思わぬケガを負う事例も数多く報告されているのです。
安全な処分を行えるよう、正しい知識を身につけるようにしてください。

1-1.中身は使いきる

スプレー缶を捨てるときは、必ず中身を使いきってください。残っている状態だと、ゴミ収集の際に爆発や火災に発展する恐れが高まります。ひどいケースだと清掃員やゴミ収集者の周辺を通過した人が爆発に巻き込まれ、死亡してしまう事故も起こっているのです。回収後のゴミ処理場でも事故が多発しています。
残っている量が少ないからと軽視せず、中に入っているのは可燃性ガスであることを認識しましょう。商品に記載されている注意事項を見てみると、使いきって捨てるように指示があるはずです。メーカーが指示しているとおりに処分してください。

1-2.穴を開ける

昔から伝えられてきているスプレー缶の捨て方は、使いきってからスプレー缶本体に穴を開ける方法です。釘(くぎ)を打って穴を開ける方もいます。しかし、火花が発生することもあるため専用器具を使用するようにしてください。
100円ショップにも穴を開ける器具が販売されていますし、ホームセンターではより安全に簡単な穴開けができるパンチング器具も入手できます。
穴を開ける目的は、使いきったと思っていてもわずかに残っている中身を開けた穴から放出することにあるのです。穴を開けてから数日放置して捨てることが望ましいという意見もあります。
しかし、スプレー缶の穴開けは自治体によって指示が異なるのです。穴開けを行う際に引火して火災や事故が起こるケースも指摘されています。お住まいの自治体のルールをよく確認してみてください。

1-3.未使用のスプレーはどうする?

残量が少なければ、使いきることもそう難しい問題ではありません。しかし、まれに未使用のスプレー缶を捨てなければならないこともありますよね。
いつ購入したかわからないスプレー缶が出てきて、処分に困っているという方も多いのです。未使用のスプレー缶でも、中身を出しきって捨ててください。ただ、使用期限が過ぎているものは中のガスが劣化して、変質している可能性もあります。一気にガス抜きせずに、少しずつ換気しながら行いましょう。

2.ガスの抜き方と注意点

残量が少ないものも未使用でも、必ずガス抜きしてから処分することが大切です。大量に残っているガスを空気中に放出するのは環境汚染にならないか心配だと考える方もいるでしょう。
ガス抜きのポイントと注意すべきことを守り、安全な処理を心がけてください。

2-1.換気の良い場所を選んで行う

可燃性ガスを抜くのですから、必ず換気の良い場所を選んで行ってください。また、引火しないように、火気にも注意すべきです。
スプレー缶によっては、キャップを逆さまに取り付けるとガス抜きできるタイプもあります。商品に記載されている内容をしっかり確認してみてください。

2-2.新聞紙とゴミ袋でガス抜き

ガス抜きをする前に、新聞紙とゴミ袋を用意しましょう。新聞紙がなくても、ボロ布やトイレットペーパーで代用できます。最初にゴミの中に新聞紙を丸めてから入れてください。ふんわり入れるのがポイントです。
新聞紙に向かって、スプレーを少しずつ噴射していきましょう。離れた場所から噴射すると周囲に漏(も)れてしまい、近すぎると跳ね返って飛び散る恐れがあります。噴射する距離にも配慮し、目や鼻に入らないようにしてください。マスクと手袋も必ず着用しましょう。
噴射したものを入れたゴミ袋は数時間開けたまま放置し、自然に可燃性ガスが抜けるのを待ってから、可燃ゴミとして処分してください。

2-3.ガス抜きは音が消えるまで続ける

ガス抜きのポイントは、シューと噴射音がしなくなるまで続けてください。長い時間噴射していると、スプレー缶本体が冷たくなることもあります。手袋を着用していれば安心です。
臭いで気分が悪くなる方もいますので、換気の良い場所を選んで一気に行わないようにしてください。

2-4.噴射口が詰まっている場合

使用期限が過ぎてしまったスプレー缶は、劣化して噴射口が詰まっているケースもあります。中身を取り出すことが難しい場合は自己判断せず、自治体のゴミ処理担当へ連絡して相談しましょう。
中身が大量に残っていて出しきれないなど、自分では処理できないものも同じです。中身が多い状態で穴を開けてしまうと、一気に噴出して事故を引き起こすことがあります。
大変危険ですので、処理に迷ったら相談してから処分方法を決めてください。

3.まとめ

スプレー缶の処分についてご紹介しました。

  • スプレー缶の捨て方
  • ガスの抜き方と注意点

中身が残っている・未使用のものが出てきた・噴射口が詰まっているなど、スプレー缶の処理には何かと頭が痛くなりますよね。スプレー缶に中身が残ってたまま捨ててしまうと、可燃性ガスによる引火や爆発の恐れもあり、大変危険です。
自分1人くらいなら問題ないと軽視せず、必ず適正な処理を行うように徹底すべきでしょう。爆発によるケガ人や死亡事故も増えています。
ガス抜きは換気の良い場所を選び、ゴミ袋に新聞紙やトイレットペーパーをふんわりと敷いて噴射すること。ガス抜きを行ってから、専用器具を使ってスプレー缶本体に穴開けを行います。穴開け時には火花が出ることもあるため、自治体によっては必要ないケースもあるので確認してみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!