ミシンの処分を考えている方必見!工業用やロックミシンは買取依頼できる

ハンドメイドが好きな方は、ミシンを愛用していることでしょう。ミシンにはたくさんの種類があることをご存じでしたか? 性能の高い工業用ミシン、かがり縫いができるロックミシンといった、より精度の高いハンドメイド作品を作るために、中古でもミシンがほしいというニーズがあります。

「自宅では使わないから処分したい」など、事情があって処分を余儀なくされる方は、処分方法をどうすべきか、誰でも迷うはずです。ミシンは大変高価な品で、これからハンドメイドを始めようと思っている方も、あまりの値段にためらうこともあります。捨てるよりリサイクルすることを念頭に置き、手放す方法を考えていきましょう。

  1. ミシンについて
  2. ミシンの処分について
  3. ミシンをリサイクルする
  4. ミシンの買取を利用する場合
  5. ミシンの処分や買取でよくある質問
  6. まとめ

家庭にミシンが1つあると、手芸品や入学グッズの製作など、あっという間にできて本当に便利ですよね。ごみにしてしまうのは惜しいですから、リサイクルや買取を利用して生かす方法を模索しましょう。この記事を読むことで、中古ミシンの需要なども理解できます。

1.ミシンについて

ミシンを処分する前に、種類を知っておきましょう。

1-1.家庭用ミシンが広く普及している

家庭用ミシンは、最も普及している一般的なタイプです。ひと昔前は、足踏みミシンが主流でした。今は電子ミシンやコンピューターミシンになり、初心者にも扱いやすくなってきています。コンピューターで針の動きを制御し、刺繍(ししゅう)も可能です。さまざまな機能も搭載され、難しい操作が必要なくなりました。足踏み部分はフットコントローラーに変化し、縫い方が自在に操れるようになっています。踏み込み具合で、縫い目やスピード調整なども可能です。

1-2.業務用ミシンは厚手のものも縫える

ハンドメイド歴が長い人だと、家庭用ミシンよりもっと細かな操作ができる、業務用ミシンがほしくなることがあるでしょう。業務用ミシンは厚手の生地も簡単に縫うことができ、効率良く裁縫が楽しめます。ただし、業務用ミシンは大変重量があり、持ち運びが難しいのがデメリットです。パワフルな操作ができ、たくさん縫いたいというニーズがあるなら、手応えを感じることができるでしょう。

1-3.工業用ミシン

家庭用ミシンと業務用ミシンとはまったく異なり、大量の製品を作り出すためにあるのが工業用ミシンです。デニム生地を簡単に縫うことができるため、ジーンズ専門店でも導入されています。業務用ミシンの2倍以上速度があり、慣れた人でない限り、操るのが難しいタイプです。台が付属されているタイプが多く、廃棄にあたっては大がかりな作業が伴います。機能も多彩です。厚手の生地はもちろん、シルクなどの繊細な生地を縫うこともできます。

1-4.アンティークミシン

アンティークミシンは、とてもデザインがおしゃれで、インテリアとしても最適です。機能も優れており、年月を重ねても縫製技術はしっかりしています。実用性とデザインを兼ね備えたタイプです。台と一体型になっているものもあり、手回しで縫うタイプもあります。

2.ミシンの処分について

ミシンは大型なものもあり、処分方法がわかりにくいですよね。捨てるなら、2つの方法があります。

2-1.自治体でミシンを処分する

ミシンは、ほとんどの地域で粗大ごみとして扱われます。ただし、電動ミシンやコンピューターミシンなどは家電製品と分類する地域もあり、事前に処分方法を確認するべきでしょう。

粗大ごみはお住まいの地域に申し込みが必要です。地域が定める料金の粗大ごみ処理券を購入し、回収日にミシンへ貼り付けて出してください。

卓上タイプだと300円前後、大型タイプだと500円前後かかります。自分で持ち込みも可能です。回収依頼をするより、費用負担が軽減される地域もあるでしょう。

ただし、1回にたくさん出すことはできない場合もあり、重量がある大型ミシンは回収場所まで運搬するのも大変です。

2-2.ミシン回収業者による廃棄

使えなくなったミシンは、ミシン回収業者を利用すると便利です。ミシンの種類や年式に関係なく、どのメーカーでも回収してもらえます。自宅まで引き取り対応してくれますから、重量のあるミシンでも簡単に処分可能です。即日処分したいというニーズにも、できる限り応えています。

回収にかかる費用は、1つのミシンに対していくらといった料金プランと、まとめて処分したい方に便利な積み込み放題プランがあり、捨てる量とサイズに合わせて選ぶことができて便利です。処分費用は自治体の粗大ごみより高い分、柔軟な対応をしてもらえる大きなメリットがあります。

3.ミシンをリサイクルする

どんなに高級ミシンでも、捨ててしまえば単なるごみの1つです。しかし、高性能なミシンや現在入手困難なモデルは、リサイクルすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか? 中古でもニーズはあり、リサイクルは捨てるより有益な処分方法といえます。

3-1.ほしい人に譲る

ハンドメイドが好きな人は、中古でもミシンがほしいと思うものです。身近にほしい人がいたら、譲るのもリサイクルの1つとなるでしょう。たとえ古くても、喜んでもらえるなら嬉(うれ)しいと感じますよね。アンティークミシンなら、家具と同じようにインテリアとして楽しむ方もいるでしょう。なかなか手に入らないものは、大変喜ばれます。処分にお金をかけずに手放すことができるメリットがあるものの、譲るためにメンテナンスをしておくのがマナーです。

3-2.リサイクルショップに売る

お住まいの近くにリサイクルショップがあるなら、持ち込んで売る方法もあります。リサイクルショップの場合、リセールできる良質なものだけに買取基準を定めており、年代ものだと買い取ってもらえない可能性が高いでしょう。

多くのリサイクルショップでは、家庭用ミシンが対象です。一般的に需要があるかどうかで判断されますから、市場ニーズが査定額に影響します。納得できる金額のところへ売りましょう。基本的に、リサイクルショップの査定は持ち込みです。重たいものでも持ち込まなければならず、運搬の負担を考えておかなければなりません。

3-3.ミシン販売専門店に売る

ミシン販売専門店では、ミシンの修理を手がけるとともに、中古ミシンの買取も行っています。新たに買い替える場合、下取りをしているところもあり、処分費用を軽減する手段として利用したい方法です。

ミシン販売専門店を利用するメリットは、家庭用ミシンに限らず、業務用ミシン・ロックミシン・工業用ミシンなど幅広く買取ができることでしょう。故障があっても、修理してリセールしており、大切な資源として活用してもらえます。ただし、出張対応の場合、別途料金が発生する場合があるため、事前に確認が必要です。

3-4.ミシン・不用品回収業者でも買取できる?

動作不良がないミシン、アンティークミシン、人気機種などは、ミシン回収業者でも買取対応しています。ミシン回収業者では無料見積もりを行っており、買取可能か査定を受けてみてはいかがですか? インターネットの申し込みフォームから依頼するか、電話での申し込みを受けつけています。希望する日時にきてもらえ、その場で査定してもらえて便利です。持ち込む手間がなく、時間がない方にとって利益の多い手段でしょう。

3-5.オークションでリセールする

自分で出品する時間があるなら、オークションも便利です。オークションは状態がいいものが好まれる傾向があるものの、今は入手できないモデルや、希少価値のあるミシンならほしい人がいます。

オークションは落札されるまで時間がかかり、写真撮影の手間や商品の状態を細かく掲載するなど、面倒がつきまとうのがデメリットです。しかし、希望価格を設定できるなど、自由な部分もあります。

3-6.ミシンをリサイクルするときの注意点

ミシンを売る前は、必ず動作確認をしてください。動作不良品は買取できませんといわれます。査定時に動作確認をし、動かないと高額査定も狙えません。事前に正常に作動するかチェックしておきましょう。

また、ミシンは高級品ですから、査定額に納得できない場合は無理に売る必要はありません。安く売って後悔することもあり、納得できる金額に辿(たど)りつくまで、売るのをやめておきましょう。

4.ミシンの買取を利用する場合

愛用してきたミシンの価値を、しっかり見極めて値段をつけてもらいたいですよね。ミシンの買取についてご紹介します。

4-1.ミシン買取のポイント

ミシンを売りたいといっても、買取対象となるかどうかも大切なポイントです。正常に動作することが前提になり、加えてインテリアとしても愛用できるものは買取対象となりやすいでしょう。アンティークミシンは、インテリアとして十分楽しめる品ですから、買取需要も高いです。

ただし、動かないミシンでも、修理してリセールできる場合はわずかながら値段がつく場合もあります。電子ミシンやコンピューターミシンといった最近主流になっているものは、製造年から浅いものがベストです。電動タイプは、経年劣化で電子部品が摩耗する可能性が高く、古い機種は修理部品が手に入らなくなることが予想されます。早めに売るのがポイントです。

4-2.高額査定になるミシンとは?

アンティークミシンが、インテリアとして楽しまれていることをお伝えしました。特に、20世紀前半までの古美術品として価値があるものは、高額買取になるでしょう。美しさと機能を併せ持ち、見ても使っても楽しめ、何より独特の美しさが魅力です。

電子ミシンやコンピューターミシンなら、製造から3年以内と新しいものが高額買取となります。

4-3.人気のあるメーカーとは?

人気のあるミシンメーカーは、ブラザー・ジャノメミシン・JUKIなどです。ブラザーは家庭用ミシンから業務用まで幅広く販売されており、刺繍(ししゅう)ミシンもあります。高機能なミシンとして人気です。

ジャノメミシンも家庭用ミシンとして普及しており、ロックミシンも出ています。タッチパネル操作ができるタイプもあり、初心者でも扱いやすい機種がそろっているのが特徴でしょう。

JUKIは、業務用ミシンと工業用ミシンの代表メーカーです。

4-4.年式も重要?

先にも述べたように、電子ミシンやコンピューターミシンは家電製品と同じ分類になり、製造から5年以内が理想です。ただし、業務用ミシンや工業用ミシンは特殊で、古くても値段がつきやすいでしょう。捨てる前に査定を受けてみてください。

4-5.状態によって査定額は上下する

きれいで状態のいいものが好まれますから、査定前は細かな部分までメンテナンスをしておきましょう。糸や繊維がミシンの内部に残っている場合は取り除き、注油が必要な部分には油を塗っておきます。サビがある部分も丁寧に拭き取ってください。

本体や台の傷が多い場合、査定額から差し引かれることがあります。

4-6.付属品は必ず添えること

購入時の付属品はそろっていますか? 取り扱い説明書・電源コード・外箱といったものはすべて用意しておきましょう。リセールする際に、付属品があるかどうかで売値も変動します。なるべくそろっているものがほしいという方は圧倒的に多いため、同じミシンでも買い手に選ばれる確率は高いです。

4-7.ミシン回収業者選びについて

ミシン回収業者によって、買取価格もさまざまです。業者選びに迷っているなら、次のポイントを意識してください。

4-7-1.ミシン買取強化をしている業者がおすすめ

リサイクルショップと同じように捉(とら)えられている場合が多いものの、ミシン回収業者の方が買取の幅が広いといえるでしょう。ミシン買取実績が豊富で、自社でリサイクルや廃棄にかんする独自のルートを持っている業者なら、安心して依頼できます。

ミシン買取に際しては、古物商の許可を受けているかを確認してください。リサイクルを正しく行っている証拠です。

4-7-2.ミシン回収にかかる手数料

ダスト.net東京では、基本料金3,150円とリーズナブルな料金設定をしています。手放したいミシンがたくさんある場合やほかのものと一緒に処分したい場合は、定額パックプランも用意しており、基本料金を含めたお得な料金で回収が可能です。
ダスト.net東京(料金システム)

4-7-3.ミシンの回収方法

ダスト.net東京では、自宅まで回収に伺っています。無料見積もりを実施後、回収料金に納得していただいてから契約です。回収日時は希望に添うようにしており、即日でも対応しています。休日や夜間でも問題ありません。
特別な梱包(こんぽう)も必要なく、設置したままお待ちいただいています。

4-7-4.回収業者にまつわるトラブルや注意点

ミシン回収業者に依頼するときは、必ず見積もりを出してもらうようにしてください。というのも、口約束だけで契約し、とんでもない金額を請求されるトラブルが増えているからです。見積もりに納得し、契約書を交わすことでトラブルは回避できます。追加請求がないか、積み込み代金などが発生しないかなど、不明点は契約前に必ず確認してください。

5.ミシンの処分や買取でよくある質問

ミシンはとても重宝される品です。自分にとって必要がなくなっても、中古ニーズがあることを覚えておいてください。リサイクルや処分にまつわる疑問は、質問集を参考に解消していきましょう。

Q.ミシンの買取を依頼するときに必要なものは?
A.買取に際し、身分証明書の提示をお願いしています。免許証や健康保険証など、住所がわかるものをご用意ください。

Q.ボビンも添えた方がいい?
A.購入時に付属していたボビンもつけましょう。純正品が付属されている方が高額査定に結びつきます。専用ドライバーがある場合も一緒に査定に出してください。

Q.アンティークミシンで人気があるのは?
A.シンガーというメーカーは、アンティークミシンで大変人気があります。足踏み部分が大きく、インテリアとして十分楽しめるデザインです。ミシン販売専門店とともに、アンティーク家具専門店でも買取ニーズがあります。

Q.オークションでミシンを出品するときの注意点は?
A.オークションは誰でも気軽に出品できる反面、落札者とのトラブルも多いです。写真や紹介文と実際の品が違う、届いてみたら予想より古かったなど、認識の違いといった問題が発生しやすいでしょう。出品にする際は、中古であることを強調し、「ノークレーム・ノーリターン」と添えるだけでもトラブル防止策になります。

Q.無料見積もりを利用したら契約は義務?
A.無料見積もりは、他社と比較してもらい、作業内容と金額に納得してもらうためにあります。必ず契約しなくてはいけないと思う方もいるでしょう。しかし、キャンセルしても大丈夫です。十分に比較してから決めてください。

6.まとめ

いかがでしたか? ミシンは、家庭用・業務用・工業用とあります。新しく性能のいいものは高いため、ハンドメイドをする人にとって中古ミシンはとてもありがたい存在です。ロックミシンや刺繍(ししゅう)ミシンなど、特殊なものも重宝されます。捨てずに買取を利用し、リサイクルするとわずかでもお金に変えることができるでしょう。

アンティークミシンはインテリアとして楽しむことができ、価値ある品として高額査定になることもあります。自分にとっていらないものでも、リサイクルで再び活用されるのは嬉(うれ)しいですよね。ミシンの処分を考えるなら、まずは査定を受けてみてください。今ままで使ってきたミシンに、思いがけぬ価値があることを知るきっかけになるでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!