ごみの分別・処分ならお任せ! リサイクルの方法も解説!

生活を営めば必ずごみが出ます。ごみは、自治体ごとのルールに従って正しく分別し、指定の方法で出すことが必要です。しかし、どんなごみがどんな種類に当てはまるのか、よくわからないことも多いでしょう。分別に迷うと、どんどんごみが溜(た)まって困ってしまいますよね。そこで、今回は、ごみの分別について詳しく解説しましょう。ごみとして出すのではなく、リサイクルする方法もご紹介するので必見ですよ。

  1. ごみの分別について
  2. ごみの分別の仕方を学ぼう
  3. ごみの処分とリサイクルについて
  4. ごみのリサイクルの仕方を解説
  5. ごみの分別や処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ごみの分別の方法を理解し、正しく処分できるようになります。また、ごみをリサイクルする方法もわかるのでとても有益です。環境保全のためにも、ごみを減らすことは重要な問題ですからぜひ参考にしてください。

1.ごみの分別について

最初に、ごみの分別の基本を学びます。必要性や目的を理解し、現状や今後についても考えてみましょう。

1-1.ごみの分別の必要性や目的とは

ごみを出すときには、きちんと分別することが必要です。ごみにはあらゆる種類があり、焼却処分できるものとできないもの、資源リサイクルすべきものなどさまざまなものがあります。そのため、効率よく処分するためにも、資源を有効活用するためにも、分別が大きな意味を持つのです。いい加減な分別をしているとごみが増えるだけでなく、処分に手間や費用がかかるのでやめましょう。

1-2.ごみの分別の現状と今後について

ごみの分別は、自治体によって種類が異なるものの、全体としてはより細分化する傾向があります。また、現状では一般ごみは自治体が無料で回収しているものの、今後は有料化する可能性もあるでしょう。ごみの処分問題は、自治体にとっても大きな負担であり悩みどころなのです。ごみの処分に関する負担を少なくするためにも、また、環境汚染を防ぐためにも、分別を細かくすることがひとつの対策となっています。

2.ごみの分別の仕方を学ぼう

ごみの分別について、仕方や出し方について詳しく解説します。自治体ごとの違いや注意点についても確認してください。

2-1.ごみの種類を確認しよう

ごみの種類は、大きく分けて以下のようなものがあります。

  • 燃えるごみ:紙など焼却処分が可能なごみ
  • 不燃ごみ:燃やすと有毒物質が出る可能性があるごみ
  • 粗大ごみ:自治体の規定以上のごみ(1辺が60センチ以上のものなど)
  • 資源ごみ:プラスチック・ガラスびん・スチールなどの資源リサイクル可能なごみ

なお、このほかにも自治体が独自に区分を設けていることがあるので調べてみてください。

2-2.ごみの処分方法や出し方について

ごみの処分方法や出し方については、自治体のルールに従ってください。たとえば、自治体によってごみ袋の指定が異なります。また、ごみの集荷場所や集荷日の指定も守りましょう。ひとりひとりが適切な処分方法や出し方を守ることで集荷作業がスムーズに運びます。自分だけならルール違反をしても構わないと考えてはいけません。

2-3.自治体による違いを理解しよう

ごみの種類や回収方法は、自治体によってルールが異なります。まずは、居住区域の自治体のルールを確認しましょう。自治体のホームページなどに載っているので調べてみてください。たとえば、Aという自治体では燃えるごみ扱いになっていた品目が、Bという自治体では燃えないごみ扱いになる例もあります。また、不燃ごみと粗大ごみの考えも大きく異なるものです。自治体による違いを理解して、正しく出しましょう。

2-4.ごみの分別の仕方に関する注意点

ごみの分別の仕方で迷ったときは、必ず調べるくせを付けましょう。自己判断でごみの種類を決めてはいけません。また、普段からごみの種類を確認できるように、一覧表を作っておくと便利です。家庭でも、種類ごとにごみ箱・ごみ袋を用意しておけば出すときにも楽でしょう。ごみの分別を正しく楽に行うためには、普段からの心がけが大切です。

3.ごみの処分とリサイクルについて

ごみの処分は、できるだけリサイクルを考えた方法で行いましょう。リサイクルの必要性やメリットなど、詳しく解説します。

3-1.ごみのリサイクルの必要性やメリット

ごみは、無意識のうちにどんどん増えるものです。そのため、リサイクルを考えないことには、処理場での許容量を超してしまう・ごみの埋め立て地がいっぱいになってしまうなど、さまざまな問題が発生します。まだ使えるものや、資源価値のあるものは、積極的にリサイクルしましょう。ごみをリサイクルすることで、ごみの量が減る・環境汚染を防ぐ・資源を有効活用できるなど、多くのメリットがあります。

3-2.リサイクルできるものとできないものの違い

ごみの中でも、リサイクルできるものとできないものがあります。リサイクルできるものの特徴は、以下を参考にしてください。

  • クリーニングや簡単な修理で中古品として再使用できる
  • 中古市場で重要がある
  • 資源価値の高い素材を使用している

3-3.ごみのリサイクルに関する最近の傾向

最近は、ごみのリサイクルでも、携帯電話やパソコンなどに含まれるレアメタル(希少金属)が大きな注目を集めています。壊れたものであっても、資源価値は変わらないため、回収業者でも積極的に処分を引き受け、リサイクルしているのです。レアメタル以外の素材も、できるだけリサイクルして資源を再利用する動きが広がっています。

4.ごみのリサイクルの仕方を解説

ごみのリサイクルの仕方を解説します。きちんとリサイクルするために、業者の選び方についても理解しておきましょう。

4-1.リサイクルのために自分でできること

まずは、リサイクルへの意識を強く持ちましょう。安易にごみとして出すことをやめるのです。素材や種類ごとに分別することで、リサイクルしやすくなります。また、ごみをリサイクルするためには、どんなごみがリサイクルできるか知りましょう。金属類(アルミ・スチール・レアメタルなど)は、特に資源価値の高いものです。そのほかにも、段ボールや雑誌などの紙製品なども積極的にリサイクルに回すようにしましょう。子ども服やおもちゃも、中古品として需要が高いものです。

4-2.ごみのリサイクルの仕方について

ごみをリサイクルするために知っておくべきことを解説します。リサイクル業者をうまく利用するためのポイントを理解してください。

4-2-1.ごみのリサイクルは業者に依頼しよう

ごみのリサイクルは、業者に依頼すると何かと便利です。自分たちだけで行うよりも、時間や手間をかけることなく、効率よく進めることができるでしょう。業者では、処分依頼を受けたごみを以下の3区分に分別してリサイクルします。

  • 中古品として再販するもの:まだ使用できる家電・パソコン・家具・ブランド品のバッグなど
  • 資源リサイクルに回すもの:故障した家電やパソコン・スマホや貴金属類など
  • ごみとして処分:資源リサイクルや中古品としての再販ができないもの

4-2-2.信頼できる業者の選び方について

ごみのリサイクルを依頼するときは、信頼できる業者を選びましょう。以下は、選ぶときの参考にしてください。

  • ごみのリサイクルを積極的に行っている
  • 再販価値の高いものは買い取りもしている
  • 見積もりだけなら無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 指定日時・場所での回収が可能
  • 社員教育が徹底していて受け答えが親切・丁寧
  • 請負賠償保険に加入済み
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を受けている

なお、当ダストネット東京でも、ごみの処分をお受けしています。豊富な実績と経験から、お客様に最適なプランを提案していますのでぜひご相談ください。

4-2-3.こんな業者には注意しよう

リサイクル業者の中には、いわゆる「悪徳業者」も含まれています。悪徳業者の特徴は、無理やり契約を進めてくる・処分依頼していないものまで持っていく(不当に安い料金で買いたたく)だけではありません。回収後にきちんとリサイクルしないなど、何かと問題が多いものです。リサイクル目的で回収依頼をしたにもかかわらず、不法廃棄してしまうのでは意味がありません。業者選びは、慎重に行ってください。

4-3.ごみのリサイクルの流れを理解しよう

業者では、回収したごみの中からリサイクル価値があるものを分別します。中古品としての価値があるものは、クリーニングや簡単な修理を施して再販するのです。また、資源価値のあるものは、素材ごとに細かく分別し、リサイクル工場で再生します。業者が独自にリサイクル工場を持っている場合もあれば、ほかの業者に売却することもあるでしょう。いずれにしても、信頼できる業者であればきちんとリサイクルするので安心してください。

5.ごみの分別や処分に関するよくある質問

最後に、ごみの分別や処分に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

5-1.ごみの分別を間違えた場合の問題点は?

たとえば、燃えるごみに不燃ごみを混ぜてしまった場合、焼却することができない・有毒ガスが発生するなどの問題が出ます。中には、爆発する危険があるものもあるでしょう。きちんと分別することは、ごみの処分作業中の危険を避ける意味もあるのです。燃えないごみ・不燃ごみの分別は特に注意してください。また、誤集荷を避けるためにも、ごみの種類別の集荷日を間違えないようにしましょう。

5-2.ごみの分別も業者にやってもらえますか?

たとえば、ごみ屋敷のような状態でも、業者に分別を依頼することができます。回収業者はあらゆるケースを目にしてきているので、安心してください。ただし、作業見積もりを行うために、現場を見てもらう必要があります。業者に見積もり依頼をするときに、ごみ屋敷であることを伝えてください。

5-3.回収費用を安くするためのアイデアは?

できるだけ自分たちで処分できるものは処分をし、ごみの総量を減らすことです。また、ごみ以外に、ブランド品や貴金属類で使わなくなったものなどを、買い取り依頼に出す方法もあります。買い取り可能になれば、ごみの処分費用と相殺できるので検討してみてください。

5-4.業者でごみからリサイクルした資源はどんな使い道があるのですか?

業者では、ごみを分別してリサイクル価値の高い資源を取り出します。たとえば、レアメタル類・鉄や銅などの一般金属類は、資源リサイクルに回し新たな製品に生まれ変わることになるでしょう。紙ごみは、再生紙となって雑誌やトイレットペーパー・段ボール紙となるのです。プラスチックごみは、再生プラスチックとなりさまざまな商品に利用します。リサイクルした資源は、私たちの身の回りに多く使われていることを知っておきましょう。

5-5.一般ごみとして処分できないものはありますか?

たとえば、家電リサイクル法に指定のある4品目(テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコン)は、不燃ごみや粗大ごみとして出すことができません。同じくパソコンも、パソコンリサイクル法があるためごみとしての扱いはできないのです。法律で規制されているものの処分は、メーカー・販売店などのほか、回収業者に処分を依頼するようにしましょう。また、店舗などで出る事業ごみにかんしては、一般ごみとして自治体に出すことはできません。事業ごみは専門業者と契約して処分してもらいもらいましょう。

まとめ

今回は、ごみの分別について詳しく解説しました。毎日大量に出るごみは、正しく分別・処分することが大切です。いい加減に分別すると、さまざまな問題が出るので注意しましょう。ごみは、自治体のルールに従って正しく出してください。なお、大量のごみがあって分別や処分に悩んでいる場合は、業者に依頼すると何かと便利です。信頼できる業者なら、リサイクルできるものはきちんと対応してくれます。環境への配慮や資源リサイクルのことも含め、業者への処分依頼を積極的に考えてみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!