ルーターの処分・廃棄ならお任せ! お得な方法を詳しく解説!

ルーターは、自宅やオフィスなどでインターネットを快適に使うために必要不可欠な存在といえます。ルーターがあることで、複数の通信機器を同時に使うことができるのです。しかし、故障や買い替えなどで不要になったルーターの処分に困っている人もいることでしょう。そこで、今回は、ルーターの処分や廃棄でお得な方法を詳しく解説します。

  1. ルーターとは
  2. ルーターの処分について
  3. ルーターの処分方法:自分で捨てる
  4. ルーターの処分方法:買い替えや交換の場合
  5. ルーターの処分方法:リセールやオークションの利用
  6. ルーターの処分方法:回収業者へ依頼する
  7. ​ルーターの処分や廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、ルーターの処分や廃棄に関する知識が身に付き、適切な方法で行うことができるようになります。お得な方法がわかるので、満足できることでしょう。まずは、記事をじっくり読んでみてくださいね。

1.ルーターとは

最初に、ルーターについての基本を解説します。必要性や目的・普及率や最近の動向についても学びましょう。

1-1.ルーターとはどんなもの?

ルーターは、金属やプラスチックなどの素材でできており、大きさは手のひらサイズからB5版程度となるものまで存在します。ルーターの主な機能は、ひとつのインターネット回線を複数の機器で使用可能にすることです。複数のパソコンやスマートフォンなどを同時に使用できるため、多くの企業や家庭で使われています。

1-2.ルーターの必要性や目的について

インターネット回線を1台の機器で使う分には、ルーターは必要ありません。しかし、今は、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット・プリンター、さらには、テレビなどの家電においてもインターネット回線をつなぐものが出てきています。インターネット回線を最大限活用するためにも、ルーターの必要性は高いのです。また、複数の回線契約をしなくてもひとつの回線を共有できるという意味で、通信費のコストダウンに貢献しているといえます。ルーターには、インターネットの快適性を上げることと通信費のコストダウンという両方の目的があると考えましょう。

1-3.ルーターの普及率や最近の傾向について

ルーターは、インターネット技術の進歩に伴い、電話回線を伴う「ダイヤルアップルーター」からADSL回線や光回線用の「ブロードバンドルーター」へ移行しました。さらに最近は、無線通信用の「Wi-Fiルーター」が主流です。普及率は年々高まっており、50%以上の人が何らかの形で使用しています。最近の傾向としては、気軽に持ち運びできるよう、手のひらサイズの小型ルーターに人気が集まっていることが大きな特徴です。

2.ルーターの処分について

ルーターの処分について、タイミングや主な困りごと・レンタルルーターの場合や処分前の注意点について解説します。

2-1.ルーターを処分するときはどんなタイミング?

ルーターを処分するタイミングとしては、主に以下のようなときとなります。

  • ルーターが故障したとき
  • ルーターを買い替えるとき
  • ルーターの機種変更をするとき(レンタルの場合など)
  • ルーターを使用する必要がなくなったとき

2-2.ルーターを処分するときの困りごと

ルーターを処分するときには、以下のような困りごとが発生します。

  • ゴミの種類がわからない
  • ゴミとして処分するべきか迷う(リサイクル可能かどうかわからない)
  • 故障のため内部データの初期化やリセットができない
  • 自分で処分していいかわからない(レンタル品だったものなど)

2-3.レンタルルーターの場合の注意点

レンタルルーターの場合は、契約内容によって利用者が勝手に処分できない場合があります。レンタル業者が処分してもいいと認めた場合に限り、自分で処分をすることができるのです。まずは、契約書をよく読んでください。契約終了と共にルーターを返却する義務がある業者が多いものです。勝手に処分をして、後日賠償責任が発生しないように注意しましょう。

2-4.ルーターの処分前にしておくこと

ルーターを処分する前には、初期化やリセットを忘れないようにしましょう。ルーターには、設定情報や通信の記録が残っているものです。悪意の第三者に手に渡れば、個人情報を読み取られるリスクがあります。また、ルーターの設定で個人名を使っているケースも多いでしょう。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、初期化やリセットは確実に行ってください。

3.ルーターの処分方法:自分で捨てる

ルーターを自分で捨てる場合の方法や流れ・費用・メリットやデメリットなど、詳しく解説します。

3-1.ルーターのゴミの種類は?

ルーターは、自治体によって小型家電リサイクル法の対象品目となっている場合があります。小型家電リサイクル法は、小型家電に含まれる希少金属などを有効活用するための法律です。対処品目になっている場合は、役所などに併設している回収ボックスに入れてください。なお、対処品目外の場合は、主に不燃ゴミとして処分することになるでしょう。ゴミの日に自治体のルールに従って出してください。

3-2.自分で捨てる方法・流れ・費用について

ルーターを自分で捨てる場合は、不燃ゴミ・小型家電リサイクル法対象品目いずれにしても無料です。不燃ゴミは指定の回収日に回収場所に出してください。小型家電リサイクル法に沿って処分する場合は、回収ボックスに入れましょう。回収後、自治体が処分してくれます。

3-3.ルーターを自分で処分するメリット・デメリット

ルーターを自分で処分するメリット・デメリットを学びましょう。

3-3-1.メリット

  • 回収費用が無料
  • 依頼先が自治体なので安心
  • 小型家電リサイクル法に沿って処分した場合はリサイクルしてもらえる

3-3-2.デメリット

  • 自分で回収場所まで持っていく手間がかかる
  • 不燃ゴミの収集日・時間で指定があり、好きなタイミングで処分できない
  • 小型家電リサイクル法に基づく回収ボックスが少ない(現時点では主に役所に併設)

4.ルーターの処分方法:買い替えや交換の場合

ルーターの処分方法として、買い替えや交換の場合について解説します。

4-1.販売店によるルーターの下取りや引き取りについて

販売店では、古いルーターの下取りや引き取りを行ってくることがあります。特に、新規購入のキャンペーンで不要になったものを回収している業者が多いので調べてみるといいでしょう。業者で不要になったものを処分すれば、買い替えが促進できるからです。なお、新規購入者向けのサービスとして行っている業者の場合は、ルーターの回収だけの依頼はできないこともあるので注意しましょう。

4-2.販売店によるルーターの下取りや引き取りの方法や料金

販売店に処分を希望する場合は、業者の店頭に持ち込むだけで済みます。サービス受付窓口で、ルーターを手渡してください。処分費用は無料であることが多く、業者によっては数百~千円程度の金券をもらえることがあります。実質的に新規購入時の費用が値引きとなるのでお得といえるでしょう。

4-3.ルーターの下取りや引き取りに関するメリット・デメリット

販売店によるルーターの下取りや引き取りにかんして、メリットとデメリットをご覧ください。

4-3-1.メリット

  • 新規買い替えと同時に処分ができる
  • 販売店に持ち込むだけなので簡単
  • 処分費用がかからない場合が多い(販促サービスのため)

4-3-2.デメリット

  • 引き取り単体では処分できない販売店が多い
  • 回収対象メーカー・機種の指定があることもある

5.ルーターの処分方法:リセールやオークションの利用

ルーターの処分方法で、リセールやオークションを利用する方法もあります。具体的な条件や利用方法などを学びましょう。

5-1.ルーターの中古市場について

ルーターは、いろいろなものを安価に試したい人が多く、中古市場で盛んに取り引きがあるものです。そのため、条件がいいもの・人気のブランド・機種のものは、新品に近い価格となることもあります。自分には不要なルーターでも、ほかの人にとっては探していたものとなる可能性が高いのです。

5-2.買い取り可能なルーターの条件・価格が付くルーターについて

買い取り可能なルーターの条件としては、主に以下となります。

  • 人気のメーカー・機種である
  • 汚れ・傷・ひどいにおいがない
  • ルーターとしての機能に問題がない
  • 使用説明書・箱・付属品がそろっている
  • 製造年月が新しく、使用感が少ない

上記の条件を満たすルーターほど、高額買い取りを期待できるでしょう。なお、新しくてキレイなルーターであっても、海外製の粗悪品・盗品の疑いがあるものなどは買い取りできない可能性があります。

5-3.リセールやオークションなどの利用方法

リセールやオークションの利用方法で主なものについて、それぞれ利用方法などを解説します。

5-3-1.リサイクルショップ

リサイクルショップは、不用品を幅広く買い取り、中古品として再販しています。ルーターも、買い取りしてくれる場合が多いので持ち込み、査定を受けてみましょう。買い取り可能との判断が下れば、価格の提示があります。買い取り価格に不満がなければ取り引き成立です。なお、ルーターの買い取り価格は1台につき百~数百円程度が目安となるでしょう。

5-3-2.通信機器の中古買い取りショップ

ルーターや無線機など、通信機器の中古買い取りショップに買い取り依頼をする方法もあります。店頭に持ち込んだり宅配便で送付したりして、査定を受けましょう。一般的なリサイクルショップよりも、査定を丁寧に行ってくれる傾向があり、高額査定も期待できます。ただし、業者の数が多くないことがデメリットです。

5-3-3.ネットオークション

インターネットでは、不用品の取り引きがネットオークションで盛んに行われています。専門サイトに登録し、出品手続きをして落札を待ちましょう。落札者が現れて取り引きが成立した後は、入金を待ち、ルーターの発送手続きをしてください。なお、ルーターの状態(傷などのマイナス面も)を正確に伝え、画像と共にアップすることで落札率を上げることができます。

5-4.リセールやオークションの利用に関するメリット・デメリット

リセールやオークションの利用にかんして、メリット・デメリットの両方を知っておきましょう。

5-4-1.メリット

  • 取り引きが成立すればお金が手に入る
  • 中古品として再利用してもらえる
  • ゴミとして処分するより環境にやさしい

5-4-2.デメリット

  • 手間がかかる(店頭持ち込み・オークションサイト登録や、やり取りなど)
  • 必ず取り引きが成立するとは限らない
  • ネットオークションでは個人間トラブルになる可能性がある(入金トラブル・商品クレームなど)

6.ルーターの処分方法:回収業者へ依頼する

ルーターの処分は、信頼できる回収業者に任せることがおすすめです。回収方をはじめ、料金・メリットやデメリット・おすすめの業者の選び方など詳しく解説します。

6-1.業者によるルーターの回収方法

業者によるルーターの回収方法は、主に以下の3つとなります。業者によっては、店頭持ち込みや宅配便送付を選べない場合もあるので気を付けましょう。

  • 店頭持ち込み:依頼者が業者の営業店舗に直接持ち込む
  • 宅配便送付:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:依頼者の指示を受けて業者が出張し、回収する

6-2.回収料金について

回収料金は、どんな方法で回収するかによって異なります。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 店頭持ち込み:業者によって無料の場合と数百円程度の手数料がかかる場合に分かれる
  • 宅配便送付:宅配便送料として数百から千数百円程度
  • 直接回収:ルーター1代に付き数千円程度(軽トラックなど車両手配が必要なため)

なお、直接回収を利用する場合は、ルーターのほかに処分したいものがないか探してみましょう。それぞれ単体で依頼するよりも割安になることがあります。

6-3.回収業者にルーターの処分を依頼するメリット・デメリット

回収業者にルーターの処分を依頼することにも、メリットとデメリットの両方あるものです。どちらも理解しておくことで無用なトラブルを防ぐことができます。

6-3-1.メリット

  • 日時・場所指定で回収してもらえる
  • 自分で持ち運びする手間がかからない
  • 状態のいいものは買い取りしてもらえることもある
  • 再販・リサイクルしてもらえるので環境にやさしい

6-3-2.デメリット

  • ルーター単体だと料金が割高になる
  • 業者の営業担当外だと利用できない

6-4.回収業者選びのポイントを伝授

ルーターの処分は、信頼度の高い業者に依頼すると安心です。たとえば、以下のポイントを満たしていると安心でしょう。

  • ルーターをはじめ豊富な回収実績がある
  • ルーターをできるだけ高額買い取りしている
  • 担当者の感じがよくて親切
  • 顧客からの評判がいい
  • 回収見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 回収日時や場所の指定が可能
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を持っている

なお、当ダストnet.東京でも、不要になったルーターの処分をお受けしています。まずは、お見積もりからご依頼ください。

7.ルーターの処分や廃棄に関するよくある質問

最後に、ルーターの処分や廃棄に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、参考にしてください。

7-1.複数のルーターを処分するときに最もお得な方法は?

複数のルーターの処分は、回収業者に依頼すると楽で便利です。さらに、ほかの不用品を合わせて処分することで料金がお得になることがあります。たとえば、使わなくなった家電や家具・パソコン・スマートフォンなど、買い取り可能なものがあれば、ルーターの処分費用と相殺できてお得です。

7-2.ルーターの査定金額に納得できない場合はどうすればいいですか?

業者の査定金額に満足できないこともあります。まずは、査定理由を説明してもらい、どこが減額ポイントなのか理解することが大切です。自分では見落としていた欠点が見つかることもあります。査定理由を聞いても納得できない場合は、ほかの業者に改めて査定を依頼することもできるので、検討してみてください。ただし、ほかの店に移動する手間と査定にかかる時間を考えて、どちらがいいか考えてからにしましょう。

7-3.ルーターの人気メーカーにはどんなところがあるのですか?

ルーターの人気メーカーには、以下のようなところがあります。人気メーカーで製造年月が新しい機種は、特に需要が高くて高額査定が期待できるでしょう。

  • バッファロー
  • NEC
  • エレコム
  • IO DATA

7-4.ルーターの付属品を紛失しても買い取りしてもらえますか?

付属品が過不足なくそろっていることは、高額買い取りのための条件となります。しかし、中には付属品を紛失してしまったケースもあるものです。業者にもよりますが、付属品の欠品を減額査定の対象とするものの買い取り不可とはなりません。まずは、査定依頼をするときに業者に申告し、減額となる金額を聞いてみるといいでしょう。

7-5.業者で回収したルーターは本当に資源リサイクルしているのでしょうか?

信頼できる業者なら、回収後ルーターを分解して素材ごとに分け、きちんと資源リサイクルしているので安心してください。信頼できる業者に依頼することで、確実に資源リサイクルしてもらいましょう。業者の中には回収したルーターをそのまま山林などに不法廃棄するところもあります。電話勧誘や訪問営業を主体としている業者は、悪徳なところが多いので注意してください。

まとめ

今回は、ルーターの処分や破棄について詳しく解説しました。不要になったルーターを処分する方法にはいくつかあるものの、リサイクル可能でお得になるものとしては、不用品回収業者への依頼が最もおすすめです。不用品回収業者では、再販可能なものは買い取り・不可でも資源リサイクルに回してくれます。ゴミとして処分するよりも、環境にやさしい方法でもあるのでぜひ検討してください。なお、いい機会なのでルーターのほかに処分するべきものがあるか探してみましょう。部屋がスッキリと片付くだけでなく、処分費用も割安になるなど、大きなメリットがありますよ。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!