【必読】ルーターの処分・廃棄ならお任せ! お得な方法を詳しく解説!

ルーターは、自宅やオフィスなどでインターネットを快適に使うために必要不可欠な存在といえます。ルーターがあることで、複数の通信機器を同時に使うことができるのです。しかし、故障や買い替えなどで不要になったルーターの処分に困っている人もいることでしょう。そこで、今回は、ルーターの処分や廃棄でお得な方法を詳しく解説します。

  1. ルーターとは
  2. ルーターの処分について
  3. ルーターの処分方法:自分で捨てる
  4. ルーターの処分方法:買い替えや交換の場合
  5. ルーターの処分方法:リセールやオークションの利用
  6. ルーターの処分方法:回収業者へ依頼する
  7. ​ルーターの処分や廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、ルーターの処分や廃棄に関する知識が身に付き、適切な方法で行うことができるようになります。お得な方法がわかるので、満足できることでしょう。まずは、記事をじっくり読んでみてくださいね。

1.ルーターとは

最初に、ルーターについての基本を解説します。必要性や目的・普及率や最近の動向についても学びましょう。

1-1.ルーターとはどんなもの?

ルーターは、金属やプラスチックなどの素材でできており、大きさは手のひらサイズからB5版程度となるものまで存在します。ルーターの主な機能は、ひとつのインターネット回線を複数の機器で使用可能にすることです。複数のパソコンやスマートフォンなどを同時に使用できるため、多くの企業や家庭で使われています。

1-2.ルーターの必要性や目的について

インターネット回線を1台の機器で使う分には、ルーターは必要ありません。しかし、今は、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット・プリンター、さらには、テレビなどの家電においてもインターネット回線をつなぐものが出てきています。インターネット回線を最大限活用するためにも、ルーターの必要性は高いのです。また、複数の回線契約をしなくてもひとつの回線を共有できるという意味で、通信費のコストダウンに貢献しているといえます。ルーターには、インターネットの快適性を上げることと通信費のコストダウンという両方の目的があると考えましょう。

1-3.ルーターの普及率や最近の傾向について

ルーターは、インターネット技術の進歩に伴い、電話回線を伴う「ダイヤルアップルーター」からADSL回線や光回線用の「ブロードバンドルーター」へ移行しました。さらに最近は、無線通信用の「Wi-Fiルーター」が主流です。普及率は年々高まっており、50%以上の人が何らかの形で使用しています。最近の傾向としては、気軽に持ち運びできるよう、手のひらサイズの小型ルーターに人気が集まっていることが大きな特徴です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!