「部屋がごちゃごちゃ!」の悩みを解決してすっきり片付けるには?

「部屋がごちゃごちゃしているのですっきり片付けたい」という人は多いでしょう。部屋がごちゃごちゃしていると「使いたいものがすぐ見つからない」「生活感があって落ち着かない」などの悩みが出てきます。誰でも、すっきりと片付いた部屋でくつろぎたいものですよね。しかし、実際には収納スペースにも限りがあり、理想どおりに部屋を片付けるのは難しいでしょう。そこで、ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付けるためのポイントやアイデアをご紹介したいと思います。ぜひこの記事を参考にして実践してみてください。

  1. 部屋がごちゃごちゃになる原因
  2. ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付けるポイント
  3. ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付けるための実践方法
  4. ごちゃごちゃの部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、ごちゃごちゃの部屋を何とかするにはどうしたらよいのかが分かるはずです。

1.部屋がごちゃごちゃになる原因

まずは、部屋がごちゃごちゃになる原因について考えてみましょう。

1-1.細かいものや大量にあるものはごちゃごちゃになりやすい

部屋の中にあるものの中で特にごちゃごちゃになりやすいのは、文房具や雑貨・子どものおもちゃなど細かいものや、衣類など大量にあるものです。使ったものや着たものを元に戻さず放置していると、部屋中があっという間にごちゃごちゃした状態になってしまうでしょう。また、調理道具や食材などが大量にあるキッチンも、すぐごちゃごちゃしてしまう場所の一つです。

1-2.部屋がごちゃごちゃになる原因はたくさんある

なぜ部屋がごちゃごちゃになってしまうのか、その原因はいろいろあります。まず、収納スペースが足りない、収納スペースに入りきらない量のものがあるなど、基本的な問題はもちろんです。そのほかにも、以下のような原因が考えられます。

  • 効率的に収納できていない
  • 部屋に統一感がない
  • 使ったものを元に戻さない
  • ものの定位置が決まっていない
  • ものごとを先延ばしにしてしまう

2.ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付けるポイント

ごちゃごちゃの部屋を片付けてすっきりさせるためのポイントをご紹介します。

2-1.色数を減らす

使っている色の数が多いほど、部屋はごちゃごちゃして見えるものです.天井や床・壁などの色味に合わせて、家具や収納グッズの色もできるだけそろえるようにしましょう。特にすっきりして見えるのは、白やベージュ・グレーなど薄い色です。家電や雑貨なども、新しく買う際はできるだけ同じ系統の色を選ぶようにしてください。

2-2.入れものの形を統一する

収納に使っているケースや洗剤の入れものなどは、形を統一するのがポイントです。せっかく収納していてもケースの形がさまざまだと、そのせいで部屋がごちゃごちゃして見えてしまいます。洗剤やシャンプーのボトルなども、中身を同じ入れものに詰め替えて並べるとすっきりするでしょう。ラベルがあると生活感が出てしまうため、取り外すことをおすすめします。

2-3.見た目の悪いものを取り除く

部屋の中に見た目が悪いものがある場合は、処分するかほかの部屋に移動しましょう。たとえば、アイロン台や掃除機など、生活感のある目立つものです。一つあるだけで部屋がすっきりして見えない原因になります。

3.ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付けるための実践方法

ごちゃごちゃの部屋を片付けるための具体的な方法やアイデアをまとめました。

3-1.すき間を活用して収納スペースを増やす

少しでも収納スペースを増やすために、すき間の空間を活用しましょう。部屋の中を見渡してみれば、思わぬデッドスペースが必ずあるはずです。たとえば、冷蔵庫と食器棚の間や階段下の空きスペース、タンスの上の空間など、収納スペースとして使える場所を見つけてください。つっぱり棒やメッシュラックなどを使えば、細かいものの収納場所になるはずです。

3-2.かごを使って「見せながら隠す収納」を

かごを収納ケースにすることで、見せながら隠す収納が可能になります。そのまま棚や床に置いてもインテリアとしておしゃれなため、大活躍すること間違いなしでしょう。いろいろなサイズや形のかごを使って、ナチュラルな雰囲気でまとまった部屋にしてください。

3-3.目隠しでごちゃごちゃを見えなくする

ごちゃごちゃして見えがちな部分に目隠しをして見えなくする方法もおすすめです。かごやケースに収納した上からお気に入りの布をかける方法や、つっぱり棒と布でカーテンにしてしまう方法もあります。部屋の雰囲気に合った布を使えば、すっきりした部屋をおしゃれに作り出すことができるでしょう。

3-4.「とりあえず入れ」を作る

「使ったらしまう」が片付けの基本ですが、使うたびに毎回片付けるのが面倒という人には、「とりあえず入れ」を作ることをおすすめします。脱いだ服や子どものおもちゃなど、が一時的に入れておく場所を作ることで、部屋がごちゃごちゃしてしまうのを防ぐことができるでしょう。

3-5.家具の高さを合わせる

すっきりした部屋にするためには、家具の配置にも注意が必要です。家具の高さがバラバラだとまとまった感じがしないため、高さをできるだけ合わせるようにしましょう。高さが合わない場合は、アートや小物を乗せてそろえる方法もあります。

4.ごちゃごちゃの部屋の片付けに関するよくある質問

「ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付けたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.部屋がごちゃごちゃしているとどのようなデメリットがありますか?
A.何がどこにあるか分からなくなる、持ちものを把握できず似たようなものを買ってしまうなど、ムダが生じることになるでしょう。そのほかにも、部屋がごちゃごちゃしていると落ち着かず、集中力も低下してしまいます。

Q.ものが増えないようにするポイントを教えてください。
A.持っているものの数を正確に把握し、似たようなものを買わないように注意しましょう。ものを買うときには、本当に必要かどうかを冷静に考える時間を作るようにしてください。また、「一つ買ったら一つ捨てる」というように、自分なりのルールを作ることもおすすめです。

Q.ものの定位置を決める基準は何でしょうか?
A.取り出しやすく、しまいやすい場所にすることが大切です。また、種類が同じものは同じ場所に定位置を決めましょう。

Q.ものを減らしたいのですが、どのような基準で判断して捨てればよいですか?
A.長期間使っていないもの・持っていることも忘れていたもの・ほかのもので代用できるものは処分することをおすすめします。思い出の品は写真に撮って残す方法もあるため、検討してみてください。

Q.すっきりした部屋にするために、一気に不用品を処分したいと思います。まとめて処分するためにはどのような方法があるでしょうか?
A.さまざまな種類の不用品をまとめて処分するのであれば、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。「ダストネット東京」では、不用品の格安回収を行っています。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか? ごちゃごちゃの部屋をすっきり片付ける方法について詳しくご紹介しました。部屋がごちゃごちゃだと気持ちもすっきりしないものです。自分にとってリラックスできる部屋・いつでも人を呼べる部屋を作り出すために、ぜひこの記事を参考にして片付けのポイントや具体的な方法を把握してください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!