パソコンの動作が遅いと感じたら「パソコンの買い替え時期」を考える

「パソコンを操作していると反応が悪く、ストレスを感じている」そんな方はいないでしょうか。「パソコンの動作が遅い」という現象は、買い替え時期を教えてくれるシグナルのひとつです。今回は、いつ買い替えるべきか判断が難しい「パソコンの買い替え時期」についてご紹介しましょう。

  1. パソコンを買い替えるべき時期はどのくらいか
  2. パソコンの買い替えを検討したい症状
  3. パソコンを買い替えるときの注意点

1.パソコンを買い替えるべき時期はどのくらいか

パソコンは、車と同じように「壊れるより早く買い替えた方がいい」製品です。買い替え時期を決めるための条件はいくつかあります。順番にご紹介していきましょう。

1-1.ハードディスクの寿命が尽きる前に買い替える

パソコンの内部にはさまざまなパーツがあります。中でも、特に最初に故障することが多いパーツが「ハードディスク」です。ハードディスクとは、パソコン内部にデータを保存するためのパーツ。円盤状の「磁気ディスク」に磁力を加え、磁気の「ある部分」と「ない部分」を無数に造り出すことで情報を保存する役割を果たしています。

ハードディスクが機能するためには精密な動作が必要です。しかし、時間が計画するに従って徐々に徐々に安定した動作を保つことができなくなってしまいます。ハードディスクが壊れると保存していたデータが失われてしまうため、壊れる前にパソコンを買い替える必要があるのです。

ハードディスクの寿命は、使用頻度によって異なりますが「およそ5年」といわれています。この5年という期間がパソコン買い替え時期のひとつの目安といえるでしょう。

1-2.技術の進歩に追いつけなくなる

パソコンは、本体が故障するよりも「技術の進歩についていけなくなるほうが早い」とされています。優れた新しいサービスやソフトウェアが次々に登場する上に、その変化に伴ってパソコンに求められる性能も高くなっていくからです。

この「技術革新においていかれる時期」も4~5年程度とされています。ハードディスクの寿命ともだいたい重なる期間なので、よく覚えておきましょう。

1-3.OSやパソコン本体のサポート終了をきっかけに買い替える

パソコンを購入する際、販売店やメーカーから無料保証のサポートを受けられる場合があります。一般的な保証期間としては1~3年程度。その期間内であれば故障が起きた場合も修理や交換に応じてくれます。

また、パソコンのOS(オペレーティングシステム)のサポート期間にも要注意。パソコンの基本ソフトであるOSは、毎年のようにバージョンアップを繰り返しています。古いバージョンは一定の期間が経過するとサポートが終了してしまうため、サポート期間終了をきっかけにパソコンを買い替えるという方法も。OSのサポート期間はソフトにより異なりますが4~5年程度と考えておきましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!