賃貸物件の原状回復で起こるトラブルとは?原状回復について知ろう!

引っ越しは新居に向けての準備だけではありません。
今まで生活してきた賃貸物件への感謝も大切なポイントになります。感謝の気持ちをこめてキレイにすることが大切です。
そこで、原状回復のガイドラインや原状回復でよくあるトラブル、引っ越しをする際の注意点について説明します。
引っ越しの準備をすすめている人は、ぜひ参考にしてください。
トラブルを未然に防ぐためにも、原状回復にかんする知識は大切です。

  1. 原状回復のガイドライン
  2. 原状回復でよくあるトラブル
  3. 引っ越しをする際の注意点
  4. まとめ

1.原状回復のガイドライン

年々、原状回復のトラブルが増加しています。
そこで、少しずつ国が原状回復のガイドラインを改訂し始めました。入居者の義務として把握しなければなりません。
これから、原状回復とは何なのか、ガイドラインについて詳しく説明しましょう。

1-1.原状回復とは

私たちは物件を借りるとき、契約書を交わします。
契約書には必ず“原状回復について”の内容が記載しているものです。
あらかじめ、契約書に記載している原状回復を確認しなければなりません。
そもそも原状回復とは、明け渡しまで借りた状態に戻すことを指しています。賃貸を借りている人はしっかり借りたときの状態で返さなければなりません。
あくまで賃貸は家主から一定期間部屋を借りていることになります。借りているのなら、きちんとした状態で返すのが義務なのです。
ただ、生活していた状態のまま明け渡していいわけではありません。原状回復の意味をしっかり把握しておいてくださいね。

1-2.原状回復ガイドラインの定義

原状回復のガイドラインでは、原状回復の範囲が明確になっています。
定義によると、「賃借人の居住、発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意や過失。善管注意義務違反、そのほか通常を超えるような使用による損耗・き損を復旧すること」と記載しています。
つまり、故意に傷や汚れをつけた場合だけ、原状回復が必要になるのです。
普通に生活している中でつく汚れは原状回復の中に入りません。
原状回復において悩みがちなところですが、日常や退去時の清掃は賃借人の義務になります。
基本的に、家主がキレイにする清掃費用は敷金・礼金の中に含んでいるものです。
自分で傷や汚れをつけた場合は、賃借人の自己負担になるでしょう。

1-3.借りている人がしなければならない清掃内容

借りている人(賃借人)がしなければならない清掃内容は、「手入れをおこたったもの」「用法違反」「不注意によるもの」「通常の使用とは言えないもの」の4点です。
たとえば、飲み物や食べ物をこぼしたときについたシミ、引っかき傷、不注意によるフローリングの色落ちなどが当てはまります。
日常の清掃をしていなかったせいでつく汚れも原状回復の1つです。
特に、台所や水まわりはすぐにカビや油汚れがついてしまいます。すぐに掃除をしなければ、やっかいな汚れになるでしょう。
また、子どもによる壁の落書きやペットによる傷も借りている私たちが原状回復しなければなりません。
つまり、毎日普通の掃除をしていけば、原状回復をする必要がなくなるのです。
通常の住まいで発生する汚れや傷は、家主である賃貸人がしなければならない清掃になります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!