冷蔵庫はいつ買い替えるのがベスト? 後悔しないで新調するためのコツ

冷蔵庫の買い替え時期を知っていますか?冷蔵庫は私たちの生活に欠かすことができないものですから、買い替えるタイミングや新しい冷蔵庫の選び方などは考えておきたいものです。何も考えずに使い続けていると、故障したときに困ってしまうでしょう。ここでは、冷蔵庫の買い替えるタイミングから新しい冷蔵庫の選び方、古い冷蔵庫の処分方法まで幅広くお伝えします。

目次

  1. 冷蔵庫を買い替える準備としてチェックしておきたいこと
  2. 冷蔵庫を買い替えるベストなタイミングとは?
  3. 冷蔵庫の選び方
  4. 古い冷蔵庫の処分方法

1.冷蔵庫を買い替える準備としてチェックしておきたいこと

1-1.最新式の冷蔵庫は省エネで大容量

冷蔵庫は、消費電力の大きい家電です。休みなく稼働していることもあり、家庭全体の消費電力の16%ほどを占めると言われています。しかし、この消費電力は冷蔵庫の種類によって大きな差があることをご存じでしょうか。たとえば、省エネタイプの最新式の冷蔵庫を使用すると、およそ10年前の冷蔵庫に比べて約50%もの省エネになるのです。
また、最新式の冷蔵庫は容量が大きいのも特徴と言えるでしょう。たくさんの食品も余裕をもって収納できるので冷気も行き届きやすく、結果として省エネにつながります。このような最新式の冷蔵庫の特徴を知るためにも、家電量販店に下調べに行っておくとよいでしょう。

1-2.冷蔵庫の設置スペースを把握しておく

冷蔵庫を買い替えるときに注意したいのが、設置場所です。冷蔵庫を置く場所は変えない人がほとんどだと思います。しかし、冷蔵庫の大きさはタイプによってさまざまです。「新しく買った冷蔵庫が置けない」という事態を避けるためにも設置場所をしっかりと把握しておいてください。
冷蔵庫を置く際には、放熱スペースを考えなくてはいけません。冷蔵庫の上面は5cm以上、側面は0.5cm以上の隙間を確保できるようにします。この放熱スペースがないと電力が余分に必要になるだけでなく、故障や事故の原因にもなるので注意しましょう。また、コンセントの位置もチェックしておきます。
そして、忘れがちなのが冷蔵庫のドアのタイプ。設置場所によって、適しているドアの開閉方向が異なることを理解しておきましょう。右開きであれば右側に、左開きであれば左側に壁がくるようにすると使いやすくなります。ドアの開閉スペースが十分に確保できない場所であれば、フレンチドアと呼ばれる両開きタイプがおすすめです。

1-3.冷蔵庫の搬出・搬入経路を確認

冷蔵庫を買い替えるためには、搬出と搬入の両方を行わなければなりません。問題となりがちなのが、新しい冷蔵庫の搬入です。容量の大きな最新型のものはサイズも大きくなるので注意してください。
搬入可能な冷蔵庫のサイズを知っておくために、ドアや廊下、階段、エレベーターの寸法を測っておきましょう。幅・奥行き・高さのそれぞれに10cm以上の余裕が必要となります。

2.冷蔵庫を買い替えるベストなタイミングとは?

2-1.冷蔵庫の寿命を考えて

冷蔵庫は5年ほどで壊れてしまう場合や20年以上も問題なく使える場合もあるほど、ものによって寿命が異なるようです。ですから、冷蔵庫の寿命に関しては一概に何年とは言えません。
しかし、冷蔵庫の「補修用性能部品の最低保有期間」は9年となっています。この期間が過ぎてしまうと修理用の部品が手に入りにくくなるということです。10年を過ぎたあたりから修理が難しくなると考えておいたほうがよいでしょう。

2-2.電気代を節約したいとき

最初にお伝えしたとおり、最新型の冷蔵庫は省エネ効果にすぐれています。常に電力を消費する冷蔵庫を省エネ仕様の冷蔵庫に替えれば節電できるのです。場合によっては、1年で1万円もの電気代が節約できることもあります。

2-3.大きさや機能に不足を感じるとき

家族構成や生活スタイルが変わると、冷蔵庫の使い方にも変化が生じるでしょう。以前はあまり使わなかった冷凍庫がいっぱいになってしまったり、買いだめをするようになって入りきらなくなったりすることもあると思います。また、製氷機能が必要になることもあるでしょう。現在使っている冷蔵庫を購入したときと比べると、冷蔵庫の容量や機能は大きく進化しているはずです。
この3つの点に当てはまるようでしたら、冷蔵庫の買い替え時期であると考えてもよいでしょう。

3.冷蔵庫の選び方

3-1.冷蔵庫の容量は家族の人数に合うものを選ぶ

冷蔵庫の容量を決めるときには、家族の人数を目安にすると失敗しません。一人暮らしであれば、199リットル以下で十分です。2人暮らしには、200~500リットルがちょうどいいでしょう。3人以上になると、最低でも400リットルは必要になります。

3-2.機能(メーカー)で選ぶ

冷蔵庫の機能はメーカーが独自に開発したものが多いので、必要な機能からメーカーを絞って探すとスムーズに決められるでしょう。効率よく省エネできる機能や除菌・脱臭機能、野菜の鮮度を保つ機能など、各メーカーでさまざまな工夫がされています。

3-3.消費電力で選ぶ

意外なことに、小型よりも大型の冷蔵庫のほうが年間の電気代がかかりません。設置するためのスペースは必要ですが、電気代の節約を考えたら5~6ドアの大型冷蔵庫がおすすめです。

4.古い冷蔵庫の処分方法

冷蔵庫はほかの家具や家電と違って、粗大ごみとして捨てることができません。それでは、どのように処分したらよいのでしょうか?古い冷蔵庫の処分方法をご紹介します。

4-1.家電量販店に回収してもらう

新しく冷蔵庫を買う際に、家電量販店に古い冷蔵庫の回収をお願いすることもできます。ただし、リサイクル料金と収集運搬料がかかるので注意してください。リサイクル料金はメーカーや冷蔵庫の容量によって異なりますが、三千円から五千円程度が相場です。収集運搬料は、冷蔵庫1台につき数百円でしょう。

4-2.リサイクル券を利用する

郵便局などで購入できるリサイクル券を利用する方法もあります。リサイクル券を購入することで、リサイクル料金を支払うというわけです。自分で処分場まで運べるならば、収集運搬料をかける必要がないので安く処分できるでしょう。ただし、業務用など対象外の冷蔵庫もあるので事前に確認してください。

4-3.不用品回収業者に依頼する

家電を取り扱っている不用品回収業者に依頼すれば、手間をかけずに処分できます。費用は業者によって異なるので、必ず無料の見積もりをお願いしましょう。なかには悪質な業者がいるので注意してください。見積もりをしてくれないところには依頼しないほうがよいでしょう。
不用品回収業者はさまざまな不用品を処分する際に利用できます。冷蔵庫だけでなく、家に置いたままになっているあらゆる不用品をまとめて回収してもらえるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫を買い替える際には、事前に確認しておくべきポイントがいくつもあります。

  • 冷蔵庫の設置スペースを把握しておく
  • 放熱スペースを考える
  • 冷蔵庫の搬出・搬入経路を確認
  • 10年を過ぎたあたりから修理が難しくなる
  • 最新型の冷蔵庫は省エネにおすすめ
  • 冷蔵庫の容量は家族の人数に合うものを選ぶ
  • 冷蔵庫の機能はメーカーが独自に開発したものが多い
  • 小型よりも大型の冷蔵庫のほうが年間の電気代がかからない

このように、事前のリサーチなどをしっかりしてから新しい冷蔵庫に買い替えることが大切です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!