廃棄はNG! 冷蔵庫のリサイクル料金を節約するための賢い処分方法

3.冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法

3-1.料金の支払い方法について

冷蔵庫をリサイクルに出すには、「家電リサイクル券」が必要です。家電リサイクル券は、郵便局や小売り業者に置いてあります。振り込み用紙のような形をしており、型番やメーカーなどを記入する必要があるので、事前にメモしておきましょう。郵便局でリサイクル料金を振り込むか、小売り業者に料金を支払う流れとなります。

3-2.収集運搬料金について

家電リサイクル料金の他に収集運搬料金が必要です。金額は小売店によって異なりますので、直接確認してみましょう。自分で指定の回収場所まで持って行く場合、収集運搬料金は発生しません。

4.冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について

4-1.処分方法

4-1-1.自治体

基本的には、自治体では冷蔵庫など家電リサイクル法対象品目の回収を行っていません。ですが、市役所やHPなどで冷蔵庫などの処分方法を紹介している地域もありますので、お住まいの自治体に確認してみましょう。

4-1-2.メーカー・販売店

家電量販店では、新しい家電を購入した際に、古い冷蔵庫を下取りしてもらえる場合があります。リサイクル料金や下取り手数料、もしくは収集運搬料金が発生するのです。お得な下取りキャンペーンなどを行っている場合は、利用してみてもいいかもしれません。

4-1-3.回収業者

リサイクル券の購入や収集運搬を依頼する手間が面倒な人向けの方法です。回収料金としてまとめて支払うことで、家にいながらにして冷蔵庫を回収してもらえます。とにかく楽に冷蔵庫をリサイクルに出したい人や、他にも不用品が多い方向けの方法です。

4-2.注意点

冷蔵庫は大変重い家電ですので、回収場所に持って行くどころか、家から出すのも大変でしょう。収集運搬料金を節約しようとして、運搬の際に壁や床を傷つけたり、ケガをしてしまっては本末転倒になってしまいます。無理をせず、料金と手間のバランスを考えましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!