廃棄はNG! 冷蔵庫のリサイクル料金を節約するための賢い処分方法

1.家電リサイクル法について

1-1.家電リサイクル法について

冷蔵庫をはじめ、家電には、再利用できる資源が多く含まれています。これらの家電を正しくリサイクルすることによって、資源の有効活用とゴミの廃棄量削減を狙った法律が「家電リサイクル法」です。

1-2.目的・必要性

まだ使える家電を再利用したり、電子部品や金属などを取り出して再加工したりすることで、家電は新たな資源として生まれ変わります。「いらないから・使えないからすぐ廃棄処分」という考え方では、資源はあっという間に枯渇してしまうでしょう。また、ゴミ処理場の処理能力にも限界があるため、ゴミの廃棄量を削減することが重要なのです。

1-3.家電リサイクル法の対象家電は?

家電リサイクル法では、下記の家電が対象品目となっています。

  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機
  • テレビ
  • エアコン

1-4.小型家電リサイクル法との違い

家電のリサイクルを図った法律として、「小型家電リサイクル法」というものがあります。小型家電リサイクル法では、以下の家電が対象品目です。

  • 電気機械器具(電気ポット・電子レンジ・炊飯器・掃除機・ストーブなど)
  • 通信機械器具(電話機・スマートフォン・携帯電話・FAXなど)
  • 電子機械器具(カメラ・ビデオ・ラジオ・オーディオ類)
  • 医療機器(体重計・マッサージ機・血圧計)
  • 他、照明・時計・ゲーム機など

小型家電リサイクル法の対象品目の処分方法は、自治体にゆだねられており、自治体が設置しているリサイクルボックスや、ステーション回収などで処分することが可能です。家電リサイクル法の処分方法については、次項以降でご説明します。

2.冷蔵庫のリサイクル料金について

2-1.なぜリサイクル料金が必要か?

家電をリサイクルするためには、人件費・技術費などがかかります。冷蔵庫を解体してまだ使えるパーツを取り出したり、金属を再加工するための費用などです。そのために、消費者が排出時にリサイクル料金を支払う必要があります。小売店や郵便局に置かれているリサイクル券を使って振り込みを行いますが、詳細については3.でご紹介しますのでご参照ください。

2-2.冷蔵庫のリサイクル料金は?

冷蔵庫は型やメーカーによってリサイクル料金が異なります。

  • 小型(170リットル以下)3,700円程度
  • 大型(171リットル以下)4,700円程度

メーカー別リサイクル料金一覧もあわせてご確認ください。

2-3.対象になる冷蔵庫は?

家電リサイクル法の対象となるものは以下のとおりです。

  • 冷蔵庫(電気を使うもの)
  • 冷凍庫(チェスト型・アップライト型・引き出し型)
  • ワインセラー

下記は対象外となります。

  • 業務用冷蔵庫・冷凍庫
  • ショーケース(店舗用)
  • 業務用保冷庫
  • 冷凍ストッカー(店舗用)
  • 保冷米びつ
みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!