廃棄はNG! 冷蔵庫のリサイクル料金を節約するための賢い処分方法

2.冷蔵庫のリサイクル料金について

2-1.なぜリサイクル料金が必要か?

家電をリサイクルするためには、人件費・技術費などがかかります。冷蔵庫を解体してまだ使えるパーツを取り出したり、金属を再加工するための費用などです。そのために、消費者が排出時にリサイクル料金を支払う必要があります。小売店や郵便局に置かれているリサイクル券を使って振り込みを行いますが、詳細については3.でご紹介しますのでご参照ください。

2-2.冷蔵庫のリサイクル料金は?

冷蔵庫は型やメーカーによってリサイクル料金が異なります。

  • 小型(170リットル以下)3,700円程度
  • 大型(171リットル以下)4,700円程度

メーカー別リサイクル料金一覧もあわせてご確認ください。

2-3.対象になる冷蔵庫は?

家電リサイクル法の対象となるものは以下のとおりです。

  • 冷蔵庫(電気を使うもの)
  • 冷凍庫(チェスト型・アップライト型・引き出し型)
  • ワインセラー

下記は対象外となります。

  • 業務用冷蔵庫・冷凍庫
  • ショーケース(店舗用)
  • 業務用保冷庫
  • 冷凍ストッカー(店舗用)
  • 保冷米びつ

3.冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法

3-1.料金の支払い方法について

冷蔵庫をリサイクルに出すには、「家電リサイクル券」が必要です。家電リサイクル券は、郵便局や小売り業者に置いてあります。振り込み用紙のような形をしており、型番やメーカーなどを記入する必要があるので、事前にメモしておきましょう。郵便局でリサイクル料金を振り込むか、小売り業者に料金を支払う流れとなります。

3-2.収集運搬料金について

家電リサイクル料金の他に収集運搬料金が必要です。金額は小売店によって異なりますので、直接確認してみましょう。自分で指定の回収場所まで持って行く場合、収集運搬料金は発生しません。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!