廃棄はNG! 冷蔵庫のリサイクル料金を節約するための賢い処分方法

冷蔵庫は、現代の日本人にはかかせない家電です。しかし、引っ越しや買い替えなどで冷蔵庫が不要になったとき、処分方法に困りますね。大きくて重い冷蔵庫は、自力で運ぶことも難しく、また、粗大ゴミとして捨てられません。冷蔵庫は、家電リサイクル法によってリサイクルすることが定められているからです。そこで今回は、冷蔵庫のリサイクル方法や、適切な処分方法などをご紹介します。

  1. 家電リサイクル法について
  2. 冷蔵庫のリサイクル料金について
  3. 冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法
  4. 冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について
  5. 冷蔵庫のリセールについて
  6. 冷蔵庫のリサイクルについてよくある質問
  7. まとめ

また、まだ使える冷蔵庫を買い取りに出して、処分料金を節約する方法もお教えします。この記事を読むことで、冷蔵庫を楽にお得に処分するための知識を得られるはずです。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.家電リサイクル法について

1-1.家電リサイクル法について

冷蔵庫をはじめ、家電には、再利用できる資源が多く含まれています。これらの家電を正しくリサイクルすることによって、資源の有効活用とゴミの廃棄量削減を狙った法律が「家電リサイクル法」です。

1-2.目的・必要性

まだ使える家電を再利用したり、電子部品や金属などを取り出して再加工したりすることで、家電は新たな資源として生まれ変わります。「いらないから・使えないからすぐ廃棄処分」という考え方では、資源はあっという間に枯渇してしまうでしょう。また、ゴミ処理場の処理能力にも限界があるため、ゴミの廃棄量を削減することが重要なのです。

1-3.家電リサイクル法の対象家電は?

家電リサイクル法では、下記の家電が対象品目となっています。

  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機
  • テレビ
  • エアコン

1-4.小型家電リサイクル法との違い

家電のリサイクルを図った法律として、「小型家電リサイクル法」というものがあります。小型家電リサイクル法では、以下の家電が対象品目です。

  • 電気機械器具(電気ポット・電子レンジ・炊飯器・掃除機・ストーブなど)
  • 通信機械器具(電話機・スマートフォン・携帯電話・FAXなど)
  • 電子機械器具(カメラ・ビデオ・ラジオ・オーディオ類)
  • 医療機器(体重計・マッサージ機・血圧計)
  • 他、照明・時計・ゲーム機など

小型家電リサイクル法の対象品目の処分方法は、自治体にゆだねられており、自治体が設置しているリサイクルボックスや、ステーション回収などで処分することが可能です。家電リサイクル法の処分方法については、次項以降でご説明します。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!