廃棄はNG! 冷蔵庫のリサイクル料金を節約するための賢い処分方法

冷蔵庫は、現代の日本人にはかかせない家電です。しかし、引っ越しや買い替えなどで冷蔵庫が不要になったとき、処分方法に困りますね。大きくて重い冷蔵庫は、自力で運ぶことも難しく、また、粗大ゴミとして捨てられません。冷蔵庫は、家電リサイクル法によってリサイクルすることが定められているからです。そこで今回は、冷蔵庫のリサイクル方法や、適切な処分方法などをご紹介します。

  1. 家電リサイクル法について
  2. 冷蔵庫のリサイクル料金について
  3. 冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法
  4. 冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について
  5. 冷蔵庫のリセールについて
  6. 冷蔵庫のリサイクルについてよくある質問
  7. まとめ

また、まだ使える冷蔵庫を買い取りに出して、処分料金を節約する方法もお教えします。この記事を読むことで、冷蔵庫を楽にお得に処分するための知識を得られるはずです。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.家電リサイクル法について

1-1.家電リサイクル法について

冷蔵庫をはじめ、家電には、再利用できる資源が多く含まれています。これらの家電を正しくリサイクルすることによって、資源の有効活用とゴミの廃棄量削減を狙った法律が「家電リサイクル法」です。

1-2.目的・必要性

まだ使える家電を再利用したり、電子部品や金属などを取り出して再加工したりすることで、家電は新たな資源として生まれ変わります。「いらないから・使えないからすぐ廃棄処分」という考え方では、資源はあっという間に枯渇してしまうでしょう。また、ゴミ処理場の処理能力にも限界があるため、ゴミの廃棄量を削減することが重要なのです。

1-3.家電リサイクル法の対象家電は?

家電リサイクル法では、下記の家電が対象品目となっています。

  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機
  • テレビ
  • エアコン

1-4.小型家電リサイクル法との違い

家電のリサイクルを図った法律として、「小型家電リサイクル法」というものがあります。小型家電リサイクル法では、以下の家電が対象品目です。

  • 電気機械器具(電気ポット・電子レンジ・炊飯器・掃除機・ストーブなど)
  • 通信機械器具(電話機・スマートフォン・携帯電話・FAXなど)
  • 電子機械器具(カメラ・ビデオ・ラジオ・オーディオ類)
  • 医療機器(体重計・マッサージ機・血圧計)
  • 他、照明・時計・ゲーム機など

小型家電リサイクル法の対象品目の処分方法は、自治体にゆだねられており、自治体が設置しているリサイクルボックスや、ステーション回収などで処分することが可能です。家電リサイクル法の処分方法については、次項以降でご説明します。

2.冷蔵庫のリサイクル料金について

2-1.なぜリサイクル料金が必要か?

家電をリサイクルするためには、人件費・技術費などがかかります。冷蔵庫を解体してまだ使えるパーツを取り出したり、金属を再加工するための費用などです。そのために、消費者が排出時にリサイクル料金を支払う必要があります。小売店や郵便局に置かれているリサイクル券を使って振り込みを行いますが、詳細については3.でご紹介しますのでご参照ください。

2-2.冷蔵庫のリサイクル料金は?

冷蔵庫は型やメーカーによってリサイクル料金が異なります。

  • 小型(170リットル以下)3,700円程度
  • 大型(171リットル以下)4,700円程度

メーカー別リサイクル料金一覧もあわせてご確認ください。

2-3.対象になる冷蔵庫は?

家電リサイクル法の対象となるものは以下のとおりです。

  • 冷蔵庫(電気を使うもの)
  • 冷凍庫(チェスト型・アップライト型・引き出し型)
  • ワインセラー

下記は対象外となります。

  • 業務用冷蔵庫・冷凍庫
  • ショーケース(店舗用)
  • 業務用保冷庫
  • 冷凍ストッカー(店舗用)
  • 保冷米びつ

3.冷蔵庫のリサイクル料金の支払い方法

3-1.料金の支払い方法について

冷蔵庫をリサイクルに出すには、「家電リサイクル券」が必要です。家電リサイクル券は、郵便局や小売り業者に置いてあります。振り込み用紙のような形をしており、型番やメーカーなどを記入する必要があるので、事前にメモしておきましょう。郵便局でリサイクル料金を振り込むか、小売り業者に料金を支払う流れとなります。

3-2.収集運搬料金について

家電リサイクル料金の他に収集運搬料金が必要です。金額は小売店によって異なりますので、直接確認してみましょう。自分で指定の回収場所まで持って行く場合、収集運搬料金は発生しません。

4.冷蔵庫の処分方法とリサイクル料金について

4-1.処分方法

4-1-1.自治体

基本的には、自治体では冷蔵庫など家電リサイクル法対象品目の回収を行っていません。ですが、市役所やHPなどで冷蔵庫などの処分方法を紹介している地域もありますので、お住まいの自治体に確認してみましょう。

4-1-2.メーカー・販売店

家電量販店では、新しい家電を購入した際に、古い冷蔵庫を下取りしてもらえる場合があります。リサイクル料金や下取り手数料、もしくは収集運搬料金が発生するのです。お得な下取りキャンペーンなどを行っている場合は、利用してみてもいいかもしれません。

4-1-3.回収業者

リサイクル券の購入や収集運搬を依頼する手間が面倒な人向けの方法です。回収料金としてまとめて支払うことで、家にいながらにして冷蔵庫を回収してもらえます。とにかく楽に冷蔵庫をリサイクルに出したい人や、他にも不用品が多い方向けの方法です。

4-2.注意点

冷蔵庫は大変重い家電ですので、回収場所に持って行くどころか、家から出すのも大変でしょう。収集運搬料金を節約しようとして、運搬の際に壁や床を傷つけたり、ケガをしてしまっては本末転倒になってしまいます。無理をせず、料金と手間のバランスを考えましょう。

5.冷蔵庫のリセールについて

5-1.買い取りのメリットとは

まだ使える冷蔵庫や新しいきれいな冷蔵庫は、買い取りに出すことをおすすめします。処分費用が節約できるばかりか、不要な冷蔵庫がちょっとしたお金に替わるのです。冷蔵庫をそのままの形で再利用する、最も効率的なリサイクル方法と言えます。

5-2.買い取り・査定のポイント

冷蔵庫の買い取りには、条件があります。まず、故障していなくて、通常使用ができるのが必須条件です。また、製造から何年以内とか、美品であるなどの条件もあります。また、大手メーカー品や、容量が多いもの、多機能のものは高額買い取りの可能性があるでしょう。

5-3.料金について

買い取り業者は、回収も並行して行っています。回収料金は、買い取り価格と相殺されますので、買い取り金額のほうが高ければ、プラスの精算となり、お金が手に入るのです。回収料金のほうが高い場合は、相殺された回収料金を支払います。また、時間帯指定料金やエレベーターを使えない際の階段使用料など、オプション料金も発生するため、なるべくまとめて依頼したほうがお得になるでしょう。ダスト.net東京では、お得な定額パックプランも用意していますので、ぜひご参照ください。もちろん、冷蔵庫の買い取りや、4,200円からの個別回収もあります(基本料金3,000円が発生します)。

5-4.業者の選び方

買い取り業者を選ぶ際は、以下のポイントをおさえましょう。

  • 買い取り・回収の料金体系が明確であること
  • 無料見積もりを行えること
  • 料金に関する情報は、データや書面での提供があること(口頭だけはNG)
  • 回収にあたってオプション料金などの説明がきちんとあること
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬などの資格を持っていること

5-5.回収の流れ

買い取り・回収業者の、主な回収の流れをご紹介します。

  • 無料見積もり依頼
  • 訪問日の決定
  • 訪問・買い取り査定
  • 精算
  • 回収

5-6.注意点

買い取り・回収業者を利用する際は、悪質な業者にひっかからないように注意してください。「壊れた冷蔵庫を無料回収します」と言って回る廃品回収車のほとんどは、無許可で行っています。家電リサイクル法の対象品目は、正しい手順でリサイクル処分する必要があるのです。必ず回収やリサイクル業の資格を持った業者に依頼しましょう。

6.冷蔵庫のリサイクルについてよくある質問

6-1.店舗や職場の冷蔵庫の処分方法は?

店舗や企業で使っていた冷蔵庫は、産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物取り扱いの資格を持った回収業者に回収を依頼してください。

6-2.冷蔵庫の大きさ・型・容量の見方は?

冷蔵庫の天板や側面、ドアをあけたところに、容量・型番などが記載されたシールがはってあります。リサイクルに出す前に必ず確認しておきましょう。

6-3.冷蔵庫を高く売るには?

なるべくきれいに掃除しておくことがポイントです。表面のホコリや油汚れは重層を溶かした水を使って拭きましょう。また、庫内のにおいは、粉のままの重層をカップなどに入れて置いておくと、数時間~1晩で消臭できます。あまりににおいがひどい場合は、買い取り不可となってしまうので注意してください。

6-4.冷蔵庫の他にも処分したいものがあるのですが。

リサイクル料金や粗大ゴミ料金は、商品1点ごとに発生します。そのため、複数の不用品を処分する際は、まとめて回収業者に依頼したほうがお得になることもあるのです。ダスト.net東京では、下記の個別料金で回収を承っております。

  • 冷蔵庫:4,200円~
  • エアコン:3,150円~
  • テレビ:3,150円~
  • 洗濯機:3,675円~
  • ベッド:3,675円~
  • ソファー:3,150円~
  • パソコン:1,050円~

基本料金3,000円や、階段運び出し(500円~/1階あたり)も発生しますので、1点だけのご依頼よりも、複数点ご依頼いただいたほうがお得になります。12,000円~の定額パックプランもおすすめです。詳しくは、無料見積もりでお問い合わせください。

6-5.冷蔵庫の売り時は?

冷蔵庫の需要は、夏場にアップします。夏場は、冷蔵庫が故障しやすいためです。ですから、本格的な夏になる前、6~7月ごろが売り時としてふさわしいでしょう。ただし、新しいもののほうが高く売れますので、季節を気にしすぎるよりは、なるべく早めに買い取りに出すことをおすすめします。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫のリサイクルや処分方法についてご紹介しました。リサイクル券の購入や、小売り業者への依頼・搬出などは、やや面倒であることがお分かりいただけたかと思います。また、冷蔵庫は重く大きいため、自力で運ぶのもなかなか骨が折れるでしょう。てっとり早く冷蔵庫を処分したい・冷蔵庫を買い取りしてほしい・不用品をまとめてリサイクルに出したい、という方はぜひ回収業者の利用もご検討ください。ただし、悪質な業者にひっかからないよう、業者選びは慎重に行いましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!