冷蔵庫の正しい処分・廃棄方法とは?3つの処分方法と料金について

3.冷蔵庫の処分:買い替えの場合

冷蔵庫の廃棄は自分の状況に合った方法を選択するのがベストです。では、買い替えの場合どう処分すればいいのでしょうか。買い替えにおける冷蔵庫の処分について説明します。

3-1.販売店による下取り

冷蔵庫を購入した販売店で下取りをしてもらう方法があります。新しい洗濯機の販売価格から差し引いてもらえるでしょう。また、なじみのあるお店で回収してもらえる安心感があります。販売店による下取りではリサイクル料金+収集運搬料金が必要になるでしょう。

3-2.メーカーによる引き取り

冷蔵庫のメーカーに連絡して引き取りを依頼する方法も1つの選択です。家電メーカーは家電の引き取りをおこなっています。ただし、メーカーに依頼する際は、料金をきちんと確認しなければなりません。メーカーによって料金が異なるでしょう。

3-3.それぞれのメリット・デメリット

販売店・メーカーとそれぞれ家電の下取り・引き取りをおこなっています。冷蔵庫を完全に処分したい場合はメーカーに依頼してください。新しいものを購入するときは販売店で下取りをしてもらいましょう。購入金額が安くなる、完全に処分できるメリットはありますが、それぞれ手間がかかります。メーカーに依頼する際は指定場所まで運ばなければなりません。

4.冷蔵庫の処分:自治体などの回収方法

冷蔵庫は法律によって自治体の粗大ごみとしての処分はできません。しかし、自治体に相談して小売店や業者を紹介してもらうことはできます。そこで、自治体などの回収方法について詳しく説明しましょう。

4-1.郵便局の利用・持ち込み

自治体をとおして冷蔵庫を処分する際、郵便局の利用が一般的です。郵便局で家電リサイクル券を購入した後、紹介してもらった小売店へ直接持ち込みます。直接持ち込みができない場合は、リサイクル料金+業者や小売店の車を利用した運搬費用が追加されるでしょう。家電リサイクルの持ち込みは料金に気をつけてくださいね。

4-2.手数料や手間

料金郵便局振込方式を利用する際、振込手数料が必要になります。振込手数料は窓口とATMそれぞれ異なるのでしっかり確認しておきましょう。窓口の場合、振込額が5万円以内は130円、ATMの場合は80円になります。できるだけ手数料を抑えたい人はATMでの振込がおすすめです。振込の手続きにかんしては家電リサイクルセンターのサイトで紹介されています。

4-3.自治体で処分するメリット・デメリット

自治体で処分する際、郵便局で手続きをすれば、後は回収指定場所まで運ぶだけです。自家用車で運べない場合は指定の業者が回収してくれるでしょう。ただし、収集運搬料金が発生します。回収指定場所まで運ばなければならないため時間と手間がかかるのは確かです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!