家庭で出来るリサイクルとは?自分たちが出来るリサイクル活動を知ろう!

今、日本はゴミ問題が深刻化しています。国土が狭い日本にとって、1日1人が出すゴミの量はとても多いものです。
環境保全のためにも、家庭で出来るリサイクルを心がけていきましょう。
家庭で出来るリサイクル活動は、あなたが思っているよりもたくさんあります。
どのようなリサイクル方法があるのか、私たちが簡単に出来る方法を紹介しましょう。
環境保全に関心のある人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 家庭で出来る3Rとは?
  2. リサイクル活動の取り組み
  3. リサイクルする際の注意点
  4. まとめ

1.家庭で出来る3Rとは?

家庭で出来るリサイクル活動で、「3R」というものがあります。
3Rとは、「Reduce(リデュース)」「Reuse(リユース)」「Recycle(リサイクル)」から成り立っている取り組みです。
それぞれどのような活動になるのか、詳しく説明しましょう。

1-1.廃棄できるものを減らすための「Reduce(リデュース)」

Reduce(リデュース)は、使ったものをできるだけ廃棄しないようにする取り組みです。
ものを製造・加工して、販売することを目的としています。
家庭で出来るReduce(リデュース)をすることで、ゴミの量を減らすことが出来るでしょう。
たとえば、以下のような取り組みが家庭で出来ます。

  • マイボトルやマイはしを利用してゴミを減らす
  • 過剰包装を控えめにする
  • 一時的に必要なものはレンタルする
  • 買い物にはエコバッグを利用する
  • ペットボトルや空き缶はつぶして捨てる
  • 作りすぎず、食べすぎない
  • 生ゴミの水分をきちんと切る
  • シャンプーやリンスは詰め替え用を購入する

以上は、ぜひ押さえておきたいReduceの取り組みです。
心がけしだいでは、誰でも簡単に出来るでしょう。
「どうすればゴミの量が増えるのか」考えることが大切になります。

1-2.再利用を心がける「Reuse(リユース)」

1度使ってしまったからとそのままゴミに出していませんか?
捨てる前に、再利用できないかどうか考えてみてください。
使用済みになったものでも廃棄するのではなく、再利用することをReuse(リユース)といいます。
日本では、新品を購入したい人が多いのが現状です。
しかし、海外では他人が使ったものを自分のものにするReuse(リユース)が当たり前になっています。
たとえば、使わなくなったものはリサイクルショップで売る、故障しても修理サービスを利用するなど、さまざまな方法があるのです。
あなたも、ぜひ再利用を心がけてみてはいかがでしょうか。

1-3.使ったものを再生資源として活用する「Recycle(リサイクル)」

Recycle(リサイクル)は、使ったものを再生資源として活用する取り組みのことです。
身近なものにも、リサイクルマークがついているものがたくさんあります。
アルミ缶やスチール缶、ペットボトル、紙製容器、プラスチック製などさまざまです。
リサイクルマークがついているものは、すべて再生資源に出来るのでRecycle(リサイクル)していきましょう。
家庭で出たゴミは必ず、種類ごとに分別してください。
分別すれば、自治体が適切な方法で再生資源として再利用してくれます。
家庭で出来るリサイクルは、分別することが大切ですよ。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!