「分類力」を身につける!小物を収納するコツはコレだった!

「部屋をきれいにしたいけれど、整理整頓が苦手…」という人は多いでしょう。
整理整頓が苦手な人にとって、部屋の片付けは苦痛なはず。
しかし、いつでも人を呼ぶことができるスッキリとした部屋を手に入れたいと思いますよね。
整理整頓は、コツさえ分かれば簡単にできるのです。
最近は「分類力」という言葉をよく耳にするようになりました。
ものを分類する力を身につけることで、上手に整理整頓ができるようになるでしょう。
今回は、小物を分類して収納するときのコツをご紹介します。

  • 小物が多すぎて部屋が散らかる
  • 小物を分類して収納したい
  • 分類するときのポイントとは?

そんな人たちのために、分類して収納することのメリットやコツをまとめてみたいと思います。

目次

  1. 分類して収納するメリット
  2. 小物を分類して収納するときのポイント
  3. 分類ついでに物を減らす
  4. まとめ

1.分類して収納するメリット

いつの間にか増えてしまったアクセサリーや文房具など。
小物を分類して収納することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

1-1.物を見つけやすくなる

たくさんの小物を適当に収納しておくとどうなるでしょう。
「どこに何があるのか分からない」という事態が起こります。
欲しいときに見つけることができないため、また同じようなものを購入してしまいがちです。
そして、その結果、どんどんものが増えていってしまうでしょう。
ものが増えた部屋は、余計に散らかりやすくなります。
整理整頓どころではなくなってしまうでしょう。
小物を分類して収納しておくことで、そのような事態は起こらなくなります。
何がどこにしまってあるか分かっているため「使いたいときに見つからない」ということがなくなるのです。

1-2.収納スペースを増やすことができる

小物は増えると場所をとります。
あちこちに小物が散らかっていると、部屋は雑然として見えてしまうでしょう。
そして、ほかのものを収納するスペースまでなくなってしまいます。
小物を分類して収納するということは、決まった場所に小物の置き場所ができるということ。
今まで散らかっていた小物がなくなる分、ほかのものを収納するスペースを増やすことができるでしょう。

1-3.部屋が散らかりにくくなる

小物に限らず、物の定位置が決まるということは、部屋が散らかりにくくなるということです。
「使った後はここにしまう」というルールが決まっていれば部屋は散らかりません。
しまう場所が決まっていないから、部屋は散らかるのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!