プリンターの買い替え時期はいつ? おすすめの処分方法も徹底解説

パソコンとともに、プリンターを使っている方は多いことでしょう。名刺や写真の印刷にもおすすめで、大変使い勝手がいいと人気がある家電製品です。パソコンとセットで購入することも多いでしょう。
しかし、長く使っていると故障も発生しやすくなるため、買い替え時期を想定しておかなければなりません。また、処分前にすべきことや処分方法も覚えておきましょう。
今回は、プリンターの買い替え時期についてご紹介します。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. プリンターの買い替え・残ったデータに注意
  4. プリンターの処分・回収業者に頼む場合
  5. プリンターの処分や買い替えでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、買い替えのことだけなく、正しい処分もできるようになります。ぜひ読んでみてください。

1.プリンターの買い替えについて

プリンターの買い替え時期・故障・寿命について考えていきましょう。

1-1.プリンターを買い替えるタイミングについて

プリンターは、新機種登場したらすぐに購入するという方もいます。しかし、多くの場合は、不具合が増えて使いにくい・故障などをきっかけに、買い替えを検討するのです。トラブルが多い状態で使うのはストレスになり、パソコン作業にも支障が出ます。そのため、新しいプリンターで快適に使いたいと思うのです。

1-2.故障について

プリンターの故障で多いのは、インクかすれや印字されないといったものです。正常な動作がなされず、まれにパソコンでプリンターが認識されなくなったというトラブルもあります。プリンターのヘッドクリーニングで解消する場合もありますが、中には部品の摩耗などが原因になっている場合もあるのです。

1-3.寿命について

メーカーで想定しているプリンターの寿命は、3〜5年が目安です。部品保有期間は製造から5年とされています。5年以上経過したプリンターは、部品交換もできなくなるのです。また、プリンターの使用頻度が高いほど、部品の摩耗も激しくなり、劣化が早まります。寿命と使用頻度は比例すると捉(とら)えておきましょう。

1-4.修理する場合

前述にて、部品保有期間についてお伝えしました。修理を希望する場合は、製造から5年以内かどうかがポイントになります。部品保有期間を過ぎたものは、メーカーでも修理対応ができません。修理できない場合は、廃棄を考える必要があるでしょう。修理が可能でも、修理費用と新規購入費用を比較し、どちらがお得かで決める方法もおすすめです。

2.プリンターの買い替え方法

プリンターの買い替えや処分についてご紹介します。

2-1.買い替えの流れ

プリンターを買い替えるときは、さまざまなメーカーを比較して選ぶといいでしょう。無線で使えるタイプもあるため、設置場所なども考慮して選ぶことが重要です。また、人気のあるメーカーや製品の評価を確認して購入する方法もあります。家電量販店に足を運び、実際に使いやすさをチェックしましょう。

2-2.プリンターの処分について

新しいプリンターを購入した場合、古いプリンターの処分をしなければなりません。

2-2-1.自治体の回収

プリンターの処分は、自治体の回収でも可能です。ただし、ゴミの分別は各自治体で異なり、燃えないゴミや粗大ゴミなどの区別はあらかじめ確認しておく必要があります。

2-2-2.家電量販店

買い替え時のサービスとして、古いプリンターの引き取りを実施している店舗もあります。ただし、引き取り料金が発生する場合もあるため、購入予定先に確認しておきましょう。

2-2-3.メーカー

原則として、メーカーでの回収は実施していません。法人の場合に限り、メーカーによる引き取りを行うケースもありますが、個人の場合は自治体の回収などを利用し、正しく廃棄してください。

2-2-4.不用品回収業者

不用品回収業者では、プリンター以外にもさまざまなものを回収しています。たくさんのものを1回で処分したい場合に大変お得です。宅配回収をしている業者もあり、自宅にいながら処分ができます。

2-3.リサイクルについて

プリンターのインクカートリッジは、リサイクル回収を実施しています。環境保護を目的に、再利用を推進しているためです。家電量販店や公共施設などにインクカートリッジ回収ボックスが設置されています。誰でも気軽に利用できるようになっているため、プリンター処分時はインクカートリッジをリサイクル回収に出しましょう。

3.プリンターの買い替え・残ったデータに注意

プリンターの種類により、データ消去を必要とする機種もあります。処分時は、残っているデータの取り扱いにも注意しましょう。

3-1.データが残るプリンターもある

一般的な家庭用プリンターでは、データが残るタイプはほとんどないでしょう。しかし、ハードディスクを搭載したタイプは、データが保存される仕組みとなっているため、情報漏洩(ろうえい)には注意しなければなりません。メモリーカードなどの抜き忘れも危険です。プリンターの処分時は必ず抜いてください。

3-2.チェック方法

ハードディスク搭載タイプのプリンターは、メモリーにデータが残っているかどうかを確認してください。プリンターの表示に、「データが残っています」とあった場合は削除しましょう。印刷データが印字されずに残っている場合も同様です。

3-3.削除の必要性

プリンターのデータに限らず、個人情報の漏洩(ろうえい)問題は社会問題となっています。犯罪者の手に情報が渡ってしまい、悪用される事件が多発しているのです。流出した情報は、取り戻すことができません。二次被害・三次被害を招く恐れもあります。被害を受けないためにも、データをきちんと削除することが必要です。

3-4.そのほかの印刷物・インクなどもチェック

印刷物がプリンター内部に残っていないか、インクに印字記録がないかなども確認しましょう。印刷物を送り出すローラーが故障している場合、内部で紙詰まりが起こっている可能性もあります。細かな部分まできちんと確認してください。

4.プリンターの処分・回収業者に頼む場合

プリンターの回収は、分別などが必要ない回収業者の利用がおすすめです。回収業者を利用するメリットや料金などをご紹介します。

4-1.業者選びのポイント

回収業者を選ぶときは、プリンターなど家電製品を豊富に取り扱っている業者が安心です。環境保護などに重点を置き、リサイクル回収を強化していることも大切でしょう。スケジュール調整がしやすい業者なら、忙しい方にも利便性が高いものです。丁寧な対応と迅速さにも着目してください。

4-2.メリット・デメリット

自治体の粗大ゴミは捨てるまでに時間がかかります。ところが、回収業者なら即日対応も可能で、急いで処分したい方にとってメリットが多い方法です。プリンター以外のものも一緒に処分したい場合も対応してもらえます。
デメリットは、回収業者によって料金体系が異なることです。回収品目1つあたりいくらといった費用が発生する場合もあります。自治体の処分より高くなる傾向にあり、処分費用が負担になることもあるでしょう。

4-3.料金

回収業者にプリンターの回収を依頼した場合、数千円かかると想定しておきましょう。不用品の処分をまとめてしたほうが、お得なパックプランなども利用可能です。定額制で1つあたりの処分費用が安くなります。回収業者によっては、宅配回収利用時に特定品目を同梱(どうこん)すれば、送料無料で回収してくれるところもあるでしょう。業者はいくつかを比較して決める方法がおすすめです。

4-4.回収方法

回収業者の回収方法は、宅配回収・持ち込み回収・出張回収となります。業者ごとに方法が異なるため、利便性のいい方法を採用している業者を選ぶことも重要です。時間がない方は、自分の都合で発送できる宅配回収が便利でしょう。

4-5.回収業者についての注意点

回収業者がリサイクルを行うときは、古物商の許可を得なければなりません。無許可営業をする回収業者は、悪質な行為を繰り返す傾向にあります。不法投棄や法外な料金を請求するなど、トラブルも多いものです。許可を得ていない業者は利用しないでください。

5.プリンターの処分や買い替えでよくある質問

プリンターの処分時によくある疑問をまとめました。参考にしてください。

Q.パソコンの買い替えと同時にプリンターも買い替えるべきか?
A.パソコンのシステムにより、古いパソコンがマッチングしない場合もあります。新しいパソコンに買い替えるのをきっかけに、プリンターを見直す方法もおすすめです。

Q.事業用プリンターの処分方法は?
A.事業用プリンターの場合、産業廃棄物として取り扱わなければなりません。産業廃棄物処理を請け負う業者へ委託して処理してください。

Q.自治体のゴミ分別ルールはどうやって確認できるのか?
A.自治体のホームページで、ゴミの分別ルールが記載されています。粗大ゴミ受付センターなどでも確認できるでしょう。プリンターは家庭でよく使われる製品であるため、多くの自治体が分別ルールを掲載しています。分からない場合は、電話で問い合わせをしてください。

Q.どのような形式でインクにデータが残るのか?
A.インクリボンや熱転写を用いるプリンターは、データを残してしまいます。印字後に書類の内容がそのまま残っているため、ハサミで切り刻むなどして処分してください。

Q.プリンターはリセールできないのか?
A.製造から3年以内の新しいプリンターなら、中古需要が見込める可能性が残っています。リサイクルショップなどの査定を受け、買い取り価格を確認してから処分を検討する方法もおすすめです。回収業者でも買い取りを実施している場合があります。買い取り可能か、見積もりを依頼するときに確認してみましょう。

6.まとめ

いかがでしたか? プリンターは3〜5年で寿命を迎えるとされており、部品保有期間は5年です。古いプリンターに故障の症状が出ても、部品保有期間を経過したものは修理ができません。修理費用が高額になる場合も、買い替え時期を迎えたと捉(とら)えたほうがいいでしょう。インクカートリッジは再利用できるため、取り外してリサイクルを行ってください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!