プリンターの買い替え時期はいつ? おすすめの処分方法も徹底解説

パソコンとともに、プリンターを使っている方は多いことでしょう。名刺や写真の印刷にもおすすめで、大変使い勝手がいいと人気がある家電製品です。パソコンとセットで購入することも多いでしょう。
しかし、長く使っていると故障も発生しやすくなるため、買い替え時期を想定しておかなければなりません。また、処分前にすべきことや処分方法も覚えておきましょう。
今回は、プリンターの買い替え時期についてご紹介します。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. プリンターの買い替え・残ったデータに注意
  4. プリンターの処分・回収業者に頼む場合
  5. プリンターの処分や買い替えでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、買い替えのことだけなく、正しい処分もできるようになります。ぜひ読んでみてください。

1.プリンターの買い替えについて

プリンターの買い替え時期・故障・寿命について考えていきましょう。

1-1.プリンターを買い替えるタイミングについて

プリンターは、新機種登場したらすぐに購入するという方もいます。しかし、多くの場合は、不具合が増えて使いにくい・故障などをきっかけに、買い替えを検討するのです。トラブルが多い状態で使うのはストレスになり、パソコン作業にも支障が出ます。そのため、新しいプリンターで快適に使いたいと思うのです。

1-2.故障について

プリンターの故障で多いのは、インクかすれや印字されないといったものです。正常な動作がなされず、まれにパソコンでプリンターが認識されなくなったというトラブルもあります。プリンターのヘッドクリーニングで解消する場合もありますが、中には部品の摩耗などが原因になっている場合もあるのです。

1-3.寿命について

メーカーで想定しているプリンターの寿命は、3〜5年が目安です。部品保有期間は製造から5年とされています。5年以上経過したプリンターは、部品交換もできなくなるのです。また、プリンターの使用頻度が高いほど、部品の摩耗も激しくなり、劣化が早まります。寿命と使用頻度は比例すると捉(とら)えておきましょう。

1-4.修理する場合

前述にて、部品保有期間についてお伝えしました。修理を希望する場合は、製造から5年以内かどうかがポイントになります。部品保有期間を過ぎたものは、メーカーでも修理対応ができません。修理できない場合は、廃棄を考える必要があるでしょう。修理が可能でも、修理費用と新規購入費用を比較し、どちらがお得かで決める方法もおすすめです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!