プリンタの寿命は何年?買い替えの目安を知ろう

仕事関係の書類や家族の写真、年賀状などを自宅のプリンタで印刷する人は多いでしょう。
突然プリンタが壊れると困りますよね。
「最近きれいに印刷できなくなってきた…」というときは、そろそろ買い替えが必要な可能性もあるでしょう。

  • プリンタを買い替えるべきか迷っている
  • プリンタの寿命は何年なのか?
  • どうやって処分するのか?

そんな人たちのために、プリンタの寿命や寿命のサイン、処分方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. プリンタの寿命は何年?
  2. プリンタの寿命が近いサイン
  3. プリンタの処分方法
  4. まとめ

1.プリンタの寿命は何年?

家電には必ず寿命があります。
プリンタの寿命はどのくらいなのでしょうか。
買い替えの目安を知るためにも、把握しておいてください。

1-1.寿命は3~5年

家庭用のインクジェットプリンタの場合、メーカーが想定している寿命は3~5年と言われています。
各メーカーでは、製造から5年を「サポート期間」としているのです。
つまり、製造から5年以内のものであれば、プリンタの修理は可能ということになります。
もちろん、使い方や使用頻度によって寿命は異なるでしょう。
最近のプリンタは比較的安価で購入することができるようになってきているため、5年以上たってから調子が悪くなった場合は、買い替えを検討する人が多くなっています。

1-2.プリンタの寿命をのばすポイント

プリンタは高い買い物ではないとは言え、できるだけ長く使い続けたいですよね。
プリンタの寿命をのばすためにはどうしたらよいのでしょうか。
ポイントとしては、まず、定期的に電源を入れて目詰まりを取り除くことです。
インクジェットプリンタに起こり得るトラブルの1つに「目詰まり」があります。
目詰まりが起こる原因は、プリンタ内部で噴射したインクが乾燥によって詰まってしまうことです。
長時間電源を入れずにプリンタを放置することで、目詰まりが起こりやすくなります。
対策としては、定期的にプリンタの電源を入れること。
印刷ヘッドに新たなインクが付着することで、乾燥を防ぐことができるのです。
また、プリンタ内部のほこりやゴミを取り除くことも、プリンタの寿命をのばすことにつながります。
週に1回のペースで、水でぬらして強く絞ったタオルを使って本体を拭いておきましょう。
最後にもう1つ。
プリンタの寿命をのばすために「できるだけ使用を控える」という人も多いでしょう。
しかし、数か月にわたって1度も使用しない場合は、劣化がすすんでしまう可能性があります。
たとえ使用しなくても、1か月に1~2回はプリンタの電源を入れるようにしましょう。

2.プリンタの寿命が近いサイン

プリンタの調子が悪くなると「修理するべきか、買い替えるべきか」を悩む人は多いはずです。
寿命が近いことを知らせるサインには、どのようなものがあるのでしょうか。

2-1.インクが出ない

「1年に1度、年賀状を印刷するときにしかプリンタを使わない」という家庭も多いでしょう。
久しぶりにプリンタを使ってみて、インクが出ない場合は、ヘッドクリーニングの必要があります。
何度かヘッドクリーニングを行ってもインクが出ないときは、インクをすべて取り除いて電源を切り、時間を置いてから試してみてください。
プリンタ内部の目詰まりしていたインクがなじみ、出なかったインクが出るようになる可能性があります。
この方法を試しても改善しない場合は、買い替えを検討すべきでしょう。

2-2.ヘッドが動かない

インクがなくなると、プリンタのヘッドホルダーが交換位置に移動します。
何らかの要因でヘッドが動かなくなったときは、以下のことを確認し、再度試してみてください。

  • 電源ランプが点灯しているか
  • エラーメッセージが出ていないか
  • フロントカバーを1分以上開けたままにしていないか
  • 本体内に紙片や異物が残っていないか

改善しないようであれば、修理か買い替えを検討する必要があるでしょう。
ヘッドのベルトが外れただけであれば、簡単に修理が可能です。
そのほかに原因がある場合は、買い替えを検討すべきでしょう。

2-3.電源が入らない

プリンタの電源が入らなくなってしまった場合、寿命がきたと考えて間違いないでしょう。
電源プラグが抜けていないかを確認し、抜き差しを行ってみてください。
この方法で改善しない場合は、買い替えが必要になるでしょう。

3.プリンタの処分方法

プリンタを買い替える場合は、不要になったプリンタの処分方法についても考えなければなりません。
プリンタの処分方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

3-1.プリンタは家電リサイクル法の適用外

パソコンは家電リサイクル法により、メーカーに引き取ってもらうことができます。
しかし、プリンタは家電リサイクル法の適用外。
自治体が回収するゴミの日に捨てることが可能なのです。
ただし、自治体によって何ゴミに分類するかは異なります。
事前に問い合わせをして確認しておきましょう。
粗大ゴミとして捨てる場合は、あらかじめ粗大ゴミシールを購入する必要があります。
料金についても確認しておいてください。

3-2.家電量販店やメーカーに引き取ってもらう

リサイクル費用を支払うことで、古いプリンタをメーカーに引き取ってもらうことができます。
ただし、各メーカーによって扱いは異なるため、注意が必要です。
また、新しいプリンタを購入する家電量販店で、古いものを回収してもらえる場合もあります。
リサイクル費用と別に手数料が必要になるため、料金を確認しておきましょう。

3-3.不用品回収業者に依頼する

家庭から生じる不用品を回収してくれる業者に依頼すると、スピーディーにプリンタを処分することができます。
即日対応も可能なため、時間がかかることもないでしょう。
買い取りも同時に行っている業者であれば、状態のよいものは買い取ってもらうことができます。
まずは、無料見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

プリンタの寿命についてご紹介しました。

  • プリンタの寿命は何年?
  • プリンタの寿命が近いサイン
  • プリンタの処分方法

「最近プリンタの調子が悪く、買い替えを検討している」「プリンタの寿命は何年なのか」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!