プリンター廃棄で損しない!リサイクル・引き取りなど賢い処分方法

最近では、パソコンとセットでプリンターを持ってらっしゃる方がほとんどだと思います。写真や年賀状の印刷など、家庭用プリンターの役割はご家庭それぞれです。プリンターの寿命はインクヘッドの消耗(印刷枚数)によって決まるため、平均寿命は何年!と一概には言えません。しかし、デザイン製や部品供給などを考慮してプリンターの使用期間は約5年として設計されることがほとんどです。今は安いプリンターがたくさん販売されているので、修理に出すよりも新しいプリンターを買ったほうが安いということもありますよね。

ですが、新しいプリンターを買ったときに困ってしまうのが、古いプリンターの処分です。今まで使っていたプリンターはどのように処分すればよいのでしょうか。今回は、プリンターを楽に処分できる方法や、回収方法をご紹介します。

  1. プリンターは一般ゴミ?粗大ゴミ?リサイクル品?
  2. ゴミとしてプリンターを廃棄処分するには
  3. プリンターの内部データ 大丈夫?
  4. プリンターの処分 ~家電量販店 下取り編
  5. プリンターの処分 ~リサイクル・買い取り編
  6. プリンターの処分 ~回収業者編
  7. プリンターの処分について よくある質問
  8. まとめ

ぜひ、記事の中からプリンターの処分についての解決策を見つけてください。

1.プリンターは一般ゴミ?粗大ゴミ?リサイクル品?

プリンターって、ゴミ袋に入れて一般ゴミとして捨てるには大きいような気がするし…かといって粗大ゴミというには小さいような…。などなど、プリンターの処分方法ってちょっと悩んでしまいがち。そこで、プリンターの処分方法の取り扱いについてご説明します。

※以下の法律は2016年7月現在のものです。

1-1.プリンターとパソコンの処分方法の違い

  • 家電リサイクル法
  • 小型家電リサイクル法
  • 資源有効利用促進法

により、リサイクルすることが法律で義務付けられている家電があります。

1-1-1.家電リサイクル法

【対象品目】

  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • 洗濯機/衣類乾燥機
  • エアコン

【処分方法】

郵便局や家電量販店を利用し、リサイクル料金を支払い、回収してもらう必要がある。

1-1-2.小型家電リサイクル法

【対象品目】

  • プリンター
  • パソコン
  • 携帯電話
  • デジタルカメラ
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • 電子辞書
  • ゲーム機
  • 電源アダプター
  • 他多数

【処分方法】

家電量販店のリサイクルボックスや、粗大ゴミとして出せるが、パソコンやディスプレイは資源有効利用促進法によりゴミとして出せない。

1-1-3.資源有効利用促進法

【対象品目】

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • パソコン用ディスプレイ
  • ※プリンター・スキャナーは対象外

【処分方法】

メーカーのサイトより手続きをおこなった後、リサイクル料金を支払い、郵送する必要がある。(PCリサイクルマークがある場合は料金不要。)

1-1-4.つまり、プリンターはゴミとして捨てることができる

パソコンとプリンターは、同じ小型家電リサイクル法の対象品目ではありながら、パソコンは資源有効利用促進法によりゴミとして処分することができません。一方、プリンターは小型家電リサイクル法だけが適応されるため、ゴミとして処分することができるのです。

1-2.事業用プリンターの処分方法

家庭用プリンターがゴミとして処分できるのに対し、事業用プリンターは産業廃棄物として扱われるため、ゴミとして処分することができません。事業者は、プリンターを産業廃棄物として責任を持って処分するか、産業廃棄物処分を認可された業者に委託をして処分してもらう必要があるのです。ほとんどの企業が自社で産業廃棄物処理などできませんので、多くは後者の委託処分を手配することになります。

1-3.プリンターのゴミの分別は?

プリンターは可燃物・不燃物・粗大ゴミのいずれかで処分されます。自治体によって分別が異なりますので、市や区のHPにゴミの分別項目を必ず確認してください。

プリンターは珍しい品目ではないのでHPに載っているはずですが、万が一わからなければ自治体のゴミ処分担当に電話をするとすんなり教えてもらえます。プリンターを粗大ゴミとして取り扱っている自治体が多いです。

1-4.インクカートリッジはリサイクルボックスへ

プリンターを処分する際は、インクカートリッジやトナーカートリッジを家電量販店やスーパーマーケットなどのリサイクルボックスに入れましょう。キヤノンやエプソンなどメーカーごとにリサイクルボックスが用意されていることが多いです。純正品以外のインクカートリッジはリサイクルボックスに入れてはいけません。自治体のルールにのっとって、可燃ごみや不燃ごみとして処分しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!