チャイルドシートの処分方法・買い取り条件とは? 上手に処分する方法

子供がある程度大きくなれば、今まで使っていた「チャイルドシート」がいらなくなります。使わなくなったチャイルドシートは処分しなければなりません。しかし、どうすれば処分できるのか、方法で悩む人が多いでしょう。

そこで、チャイルドシートの処分方法や買い取り条件、処分・買い取り業者を選ぶ際の注意点について説明します。チャイルドシートの処分方法を知りたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. チャイルドシートの処分方法
  2. チャイルドシートの買い取り条件
  3. 処分・買い取り業者を選ぶ際の注意点
  4. まとめ

1.チャイルドシートの処分方法

役目を終えたチャイルドシートの処分に困っている人は必見です。これから、チャイルドシートの処分方法を3つ紹介します。どうやって処分すれば良いのか、自分の状況や環境に合った方法を選んでいきましょう。

1-1.「粗大ごみ」として自治体に処分してもらう

チャイルドシートは、自治体の「粗大ごみ」として捨てることができます。サイズが大きいので、不燃ごみにはならないでしょう。ほとんどの自治体で「粗大ごみ」になっていると思いますが、自治体によってルールが異なります。必ず処分する前に、自治体のルールを確認しておいてくださいね。粗大ごみの場合は、まず、近くの商店や地元のコンビニで粗大ごみのシールを購入しなければなりません。シールを購入した後、わかりやすいところに貼ります。そして、回収指定場所に持っていってください。

自治体によっては、ホームページなどで申し込みできるところもあります。指定場所に持っていけない場合は、自宅まで回収しにきてくれるところもあるでしょう。悩んだときは、自治体に確認をとってくださいね。

1-2.リサイクルショップや買い取り店に売る

チャイルドシートに傷や汚れがない場合、買い取ってもらう方法がおすすめです。まだ、使えそうなチャイルドシートなら、処分するより買い取ってもらいましょう。安い値段で欲しがっている人に譲ることができ、自分も買い取り価格でお金を得ることができます。一石二鳥な処分方法になるでしょう。

ただし、リサイクルショップや買い取り店によっては、買い取ってもらえない場合もあります。買い取り価格も異なるので、さまざまなお店を比較してくださいね。買い取ってもらえなくても売りたい場合、「オークションに出品する」方法もありますよ。買い手さえ見つかれば、売ることができるでしょう。ぜひチェックしてくださいね。

1-3.不用品回収業者に依頼する

今すぐチャイルドシートを処分したい、自宅まで回収しに来てほしい人は、「不用品回収業者」がおすすめです。不用品回収業者は、電話1本ですぐにかけつけ回収してくれます。チャイルドシートのほかにも処分したい不用品がある場合、まとめて回収してもらいましょう。一気に処分できるので、とても効率的な方法ですよ。

ただし、不用品回収業者によって、回収費用が異なります。できるだけ安い費用で回収してもらいたい人は、いくつかの業者をピックアップしてください。そして、中から最も安い費用の業者に依頼すると良いですよ。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!