パソコンの情報が漏洩する原因とは? 流出を防ぐポイントをご紹介!

パソコンには、名前・住所・電話番号などの個人情報から写真・ファイルなどたくさんの大切なデータが含まれています。これらのデータをきちんと消去して処分しなければ、情報漏洩(ろうえい)のおそれがあるのです。大切なデータが外部に流出することで、多大な悪影響を受けることになります。データが流出した後は対処のしようがないため、きちんと消去することが大切です。そこで、本記事では、パソコンの情報漏洩対策や処分時の注意点などを説明します。

  1. パソコンの情報漏洩について
  2. パソコンの情報漏洩の原因について
  3. パソコンの情報漏洩対策について
  4. パソコン処分における情報漏洩対策とは
  5. パソコンの情報漏洩に関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコンの情報漏洩を防ぐための方法と対策ポイントが分かります。気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

1.パソコンの情報漏洩について

まずは、パソコンの情報漏洩がどういうものか基礎知識を深めていきましょう。

1-1.どういうものか

内部の機密情報などが外部に漏れてしまうことを「情報漏洩」といいます。パソコンが普及してからは、情報も保存・管理しやすくなりました。しかし、きちんとセキュリティー対策を行っていないと、パソコン内部に含まれているデータが外部に流出してしまいます。

1-2.企業の場合~実例・パターン~

企業が顧客情報を流出してしまったというニュースを耳にしたことがあるでしょう。某メーカーは、外部からの不正アクセスによって、取引先や顧客情報が流出してしまいました。また、ある企業は、立ち寄った店でパソコンを紛失した結果、情報漏洩という大事件に発展したのです。情報漏洩が起きるパターンはさまざまですが、いずれにせよ対策がきちんとなされていなかったのが原因といえます。

1-3.個人の場合~実例・パターン~

個人のケースで多いのが、処分時にパソコン内のデータをきちんと消去していなかったことです。要らなくなったパソコンをそのまま処分すると、含まれているデータが悪用される可能性があります。そのことを知らずに処分してしまい、情報漏洩につながりました。

1-4.危険性

事例を見て分かるように、情報漏洩は自分の個人情報だけでなく、周囲の情報まで流出するおそれがあります。特に、企業・会社で使っているパソコンには、内部の機密情報・顧客の個人情報・取引先の情報まで含まれているでしょう。自分たちだけの問題だけでなく、会社の信用問題につながります。
また、個人の場合は、インターネットを使用してネットショッピングをすることもあるでしょう。その際に使用したクレジットカード情報も流出してしまいます。

1-5.現状・問題点

国が注意を呼びかけていても、パソコンの情報漏洩は増え続けています。特に、近年は、コンピューターウイルス、ウェブ・ネット経由での情報漏洩が増加中です。インターネットの使用率が上昇するたびに、それらを利用して情報を抜き出そうとする悪質者も増えています。今まで以上に、セキュリティー対策を強化する必要があるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!