危険!パソコンデータを完全消去するには? 処分前に知っておきたいポイント

2.パソコンの初期化・フォーマットでは消去できない?

2-1.初期化・フォーマットとは?

パソコンの初期化・フォーマットは、以下のように定義することができます。

2-1-1.初期化

パソコン内に何も入っていないことを初期化といいます。OSやデータなどが一切入っていない状態のことです。ただし、一部ではOSが入っていてデータが入っていない状態を「初期化」という場合もあります。

2-1-2.フォーマット

フォーマットは「型」という意味があります。パソコンのフォーマットとは、CドライブやDドライブにパーティーションを作成し、保存できるエリア分けをおこなうことを示す言葉です。フォーマットをおこなうと自動的にデータも消去されます。

2-2.データ削除について

普段パソコンを使用しているときに、ファイルやデータを削除することは多いと思います。しかし、ファイルにアクセスができなくなっただけでデータ自体はHDD上に残っていることもあるのです。

2-3.データ復元の危険性

初期化やフォーマットに消去されたデータは、基本的には復元できません。しかし、知識や技術のある者が専用のソフトを使うとデータが復元されてしまうこともあります。

3.パソコンのデータ消去方法

3-1.完全に消去する方法

パソコンのデータを完全に消去するためには、初期化やフォーマットとは別に、専用のデータ抹消ソフトを使うのがおすすめです。ネット通販などで、4,000円程度で購入することができます。ソフトの消去作業を3回ほど繰り返して実行するとより安心でしょう。

3-2.壊れてしまったパソコンの場合は?

パソコンが壊れて起動しない場合は、ソフトなどを使ってデータを消去することができません。しかし、自分でパソコンをハンマーでたたき壊すなどして物理的に破壊する方法は大変危険なのでやめましょう。また、パーツが壊れてしまうと、パソコンをリサイクルできなくなってしまいます。

3-3.プロにデータ消去を頼んだほうがいいケース

データ消去を自分でおこなうのが不安な方、パソコン操作があまり得意でない方、データが完全に壊れたかどうか証書が欲しいという方は、業者やプロに依頼しましょう。パソコン処分業者の中には、データ処分サービスをおこなっているところもあります。データ消去証明書の発行サービスがあるところならさらに安心です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!