実家の片付けに頭を悩ませている人必見、実家の片付け方法決定版

実家の片付けが必要になり、どこから手を付ければいいのか悩む人が増えています。たとえば、親が亡くなった場合の遺品整理などです。親が大切に使っていたものを不用品として処分するのは心が痛みます。しかし、使わないものをいつまでとっていても意味がありません。そこで、今回は実家の片付けをするにあたり、その方法について具体的に解説します。

  1. 実家の片付け問題とは
  2. 実家の片付けの必要性
  3. 実家の片付け方
  4. 実家の片付けの業者選び
  5. よくある質問

この記事を読むことで、どこから手を付けようかと悩まずに、スムーズに作業を進めることができ、実家がスッキリします。まずは、記事を読み、必要な知識を身につけてください。また、騙(だま)されない業者選びの方法やメリットなども参考にすることで、楽に作業を進めることができるでしょう。

1.実家の片付け問題とは

この項では、実家の片付けの問題点を紹介します。なぜ、実家の片付けが必要なのでしょうか。問題点の背景をしりましょう。

1-1.実家の片付け問題の現状

進学や就職、結婚を機に実家から離れて一人暮らしを始め、そのまま親と疎遠になってしまうケースが増えています。実家が近くにあれば、実家の片付けは特別問題になりにくいでしょう。しかし、遠方だと年老いた親に何かあってからはじめて、実家の片付けという問題に直面することになります。たとえば、親が亡くなってから実家を片付けようとしても、時間や人手が足らず、片付けが進みにくいという問題に直面することでしょう。

1-2.なぜ片付け問題が発生するのか?

なぜ片付け問題が発生するのか、その主な理由は下記のものがあります。

  • 核家族の増加
  • 高齢者の一人暮らしの増加
  • 生前整理をする間もなく亡くなってしまう
  • 遺産相続に伴い資産調査が必要になる

1-3.片付けられない親について

同じ場所に住んでいればものは増えていきます。親が若ければ増えていくものをうまく処分することができたでしょう。しかし、高齢になってしまうと身体的にゴミを処分するのが難しくなります。また、不用品か必要なものかの判断能力が鈍ってくるというのも考えられるでしょう。 ゴミを捨てず掃除をしなくても命にかかわることはありません。そのため、ゴミを捨てずに放置してしまい、いつの間にか片付けるのが困難な量のものやゴミに囲まれてしまいます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!