引っ越しは、移転するまでにいくつもの壁にぶつかります。まず、ゴミや荷物の多さにうんざりすることでしょう。引っ越しというのは、思いきって荷物を減らす断捨離に適したタイミングなのです。荷物を減らす方法がわからない。片付けのコツが知りたい。おすすめの引っ越し業者って?さまざまな疑問が浮かぶ気持ち、とてもよくわかります。

今回は、引っ越しにおける片付けのコツや断捨離のポイントについてです。

  1. 引っ越しの片付けについて
  2. 引っ越しによる不用品について
  3. 不用品回収業者について
  4. 引っ越しの片付けでよくある質問
  5. まとめ

引っ越しの片付けでうんざりしている方やコツがわからずに立ち止まっている方は、この記事を参考にして効率よく処分してみてください。ゴミのリサイクルについての知識も身につけることができるでしょう。新たなる暮らしを快適で身軽にするためにも、引っ越しで断捨離を実行することはとても意味がありますよ。

続きを読む


長年使った液晶ディスプレイやブラウン管ディスプレイ。買い換えるにあたって、廃棄しようと考えている方も非常に多いことでしょう。

しかし、パソコンディスプレイは形がテレビと似ていますよね。そのため、テレビと同じように処分すれば良いのか、それとも違う処分方法があるのか、と悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回はパソコンディスプレイの廃棄方法について中心にご紹介します。

  1. 液晶ディスプレイはゴミとして廃棄できない?
  2. 液晶ディスプレイの廃棄方法
  3. 液晶ディスプレイの廃棄をリサイクル業者に依頼する
  4. 液晶ディスプレイの廃棄にまつわる質問

液晶ディスプレイってどう処分するの?

これらの記事を読めば、ディスプレイの処分方法を学ぶことができます。ぜひ、最後までおつきあいください。

続きを読む


粗大ごみ断捨離・片付けブームで、部屋をスッキリさせたい!とお思いの方は少なくないと思います。家電って大きいし重いし、ゴミの分別もわかりにくくて、処分が厄介ですよね。

リサイクルしたい家電や、処分したい家電がある方のために、家電リサイクル法や、家電ごとの処分方法をまとめました。

やり方さえわかってしまえば、家電の処分はあっという間です。処分料金を節約しつつ、うまくいけば収入になる方法もご紹介しますよ。

  1. 家電の種類について
  2. 家電を粗大ゴミとして自治体に回収してもらう
  3. 家電リサイクル法対象品目の処分方法
  4. 家電をリサイクルショップに買い取ってもらう
  5. 家電処分を不用品回収業者に依頼する
  6. 家電の処分・リサイクルについて よくある質問
  7. まとめ

家電を楽に安く処分するために、ぜひぜひこの記事を参考にしてみてください。

続きを読む


間もなく引越しを控えているあなた、ごみの処分や不用品の片付けは、考えていますか?引越しでは、ごみと、ごみではないけど不用の品が、大量に出るはずです。処分の方法は考えていますか?ごみや不用品と一緒に引越すのは、悲劇というより喜劇。周囲から笑われないように、窮地のときこそ頼りになる極上のパートナーを紹介します。

  1. 引越し時に出るごみの種類
  2. 引越しごみの捨て方(自治体編)
  3. 引越し業者による回収
  4. 引越しで注意すべき「家電4品目」
  5. リサイクルショップは引越しの友
  6. 最後の砦(とりで)は不用品回収業者
  7. 引越しごみの処理でよくある質問

5つの処理を実践したら、引越しごみの処理は、完璧になることまちがいなし。新居での快適な暮らしへ展望が広がります。

続きを読む


和室に欠かせない畳。
オールフローリングの家も増えてきましたがやはり畳の部屋が欲しいと思っている方も多いでしょう。
ではこの畳が不要になった場合はどうやって処分すればよいのでしょうか。
そこで今回は古畳の処分方法や廃棄の仕方をご紹介します。
畳が不要になる場合とは、どんな時なのでしょうか?
また、自治体は畳を回収してくれるのでしょうか?
不要になった畳の始末に困っているという方や畳の処分方法を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 畳はエコロジーなマット?
  2. 畳を処分する方法とは?
  3. 畳は消耗品である
  4. 気をつけたほうが良いこととは?

続きを読む


最近では、パソコンとセットでプリンターを持ってらっしゃる方がほとんどだと思います。写真や年賀状の印刷など、家庭用プリンターの役割はご家庭それぞれです。プリンターの寿命はインクヘッドの消耗(印刷枚数)によって決まるため、平均寿命は何年と一概には言えません。しかし、デザイン製や部品供給などを考慮してプリンターの使用期間は約5年として設計されることがほとんどです。今は安いプリンターがたくさん販売されているので、修理に出すよりも新しいプリンターを買ったほうが安いということもありますよね。

ですが、新しいプリンターを買ったときに困ってしまうのが、古いプリンターの処分です。今まで使っていたプリンターはどのように処分すればよいのでしょうか。今回は、プリンターを楽に処分できる方法や、回収方法をご紹介します。

  1. プリンターは一般ゴミ?粗大ゴミ?リサイクル品?
  2. プリンターの内部データは大丈夫?
  3. ゴミとしてプリンターを廃棄処分するには?
  4. プリンターの処分~家電量販店の下取り編
  5. プリンターの処分 ~リサイクル・買い取り編
  6. プリンターの処分~回収業者編
  7. プリンターの処分に関するよくある質問
  8. まとめ

プリンターってどうやって処分するの?

ぜひ、記事の中からプリンターの処分についての解決策を見つけてください。

続きを読む


最近、「身辺整理」や「生前整理」などがテレビなどのメディアで紹介されることも多くなってきたので興味を持った方も多いでしょう。今、日本は本格的な高齢化社会を迎え、ひとり暮らしの高齢者も増えています。そのために「もし、自分に何かがあったときのために身辺整理や生前整理をしておきたい」「他人に迷惑をかけない死に方をしたい」と考える人は多くなってきたのです。けれども、身辺整理や生前整理は普通の片付けとは異なります。具体的に、何から手を付けてどのように進めていいのかわからない人も多いでしょう。そこで、ここでは、生前整理や身辺整理のポイントなどをご紹介します。

  1. 身辺整理・生前整理とは
  2. 身辺整理・生前整理で行うべきこととは
  3. 身辺整理・生前整理用のノートを作ろう
  4. 身辺整理・生前整理で出た不用品はどう片付けたらいいのか
  5. 忘れちゃならない!デジタル身辺整理・生前整理とは
  6. 身辺整理・生前整理のプロ業者選び
  7. 身辺整理・生前整理によくある質問

このような記事を読むことによって、身辺整理・生前整理の方法や重要なポイントなどがわかるでしょう。ご自身の身辺整理・生前整理にぜひお役立てください。

続きを読む


古くなった布団・使わなくなった布団・汚れた布団はありませんか?布団は家の収納を占領してしまいますよね。不用になった布団を処分して、すっきりした収納を取り戻したい。でも、布団はサイズが大きいだけに、捨てにくいと思うこともあるでしょう。
捨て方がわからないからそのまま放置しているけれど、何とかしたい。あなたの悩み、とてもよくわかります。
布団を通常のゴミとして扱えるのか、特別な処理が必要なのか、知っておかないと家の布団はいつまでも置くことになるでしょう。捨てる以外にも、リサイクルなど布団を再利用する動きも出ています。今回は、気になる布団の廃棄についてです。

  1. 布団を自分で捨てるには?
  2. 布団の処分を引っ越し業者に依頼する方法
  3. 販売業者に布団引き取りを依頼する方法
  4. 布団をリサイクルする方法
  5. 回収業者に布団引き取りを頼む方法
  6. 布団の処分でよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、布団をすっきり処分して、快適な環境を取り戻すことができますよ。ご自宅に溜(た)まった 布団を正しく捨てる知識を持つためにも、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む


「整理整頓しなさい」って、叱(しか)られた経験はありませんか?
「実は今でも苦手」と思っている方に、整理整頓のコツをお教えします。といっても、コツに複雑な手順や作業があるわけではありません。いたって単純明快です。でも、難しいのは身につけること。記事では、習慣化に向けた整理整頓の方法やコツを紹介します。

  1. 整理整頓の基礎知識
  2. 整理整頓のコツ
  3. 整理整頓して「捨てる」
  4. 整理整頓しても、捨てられないものは・・・
  5. 片付けのお役立ち情報
  6. 整理整頓でよくある質問

整理整頓された環境は、やる気と集中力が高まります。整理整頓をして、仕事でもプライベートでも、充実した日々を送ってください。

続きを読む


家電製品の寿命は、一般的に10〜15年といわれています。エアコンも家電製品の1つで、寿命はほかの家電製品と同様です。
古いエアコンを処分したいけれど取り外しができない・処分方法がわからない・粗大ごみに出すことができる?その悩み、とてもよくわかります。
エアコンは簡単に捨てられるごみではないため、正しい知識を持って処分することが大切です。今回は、エアコンの処分方法やエアコンの取り外しについてご紹介します。

  1. エアコンを粗大ごみで出すことができない理由
  2. 家電リサイクル料金について
  3. 買い替えと同時にエアコンを処分する場合
  4. エアコンをリサイクルで売却したい場合
  5. エアコン処分を不用品回収業者に頼む場合
  6. エアコンの取り付け・取り外しについて
  7. エアコン廃棄でよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、エアコンを正しく処分でき、地球環境保護にもつながるでしょう。

続きを読む