粗大ごみの処分方法とは?不用品回収・買取のポイントやコツについて

3.粗大ゴミのリサイクルやリセール

壊れていない、再利用できる粗大ゴミは「リサイクル」「リセール」にまわしてください。粗大ゴミ=処分と決めつけてはいけません。粗大ゴミでも使えるものならば買取できます。そこで、粗大ゴミのリサイクルやリセールについて詳しく説明しましょう。

3‐1.家電リサイクル法と対象品目

ほとんどの家庭でテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機の4品目を利用しているでしょう。これら4品目は家電リサイクル法の対象品目です。地方自治体で勝手に捨てることはできません。粗大ゴミ置き場に持っていっても回収してくれないでしょう。逆に、法律違反になってしまいます。家電メーカーに連絡して郵送で送るか、それとも業者に依頼するかのどちらかになるでしょう。自分の状況に合った方法で処分してくださいね。

3‐2.リサイクルショップでのリセール

リセールとは「再販」のことです。次から次へと新しい家電が出てきています。新しい家電を購入するたびに古い家電を捨てていては、廃品の数が多くなるだけです。不用品を増やさないためにも、使えるものはリサイクルショップに売ってください。リサイクルショップでのリセールは立派なエコ活動です。また、リセールをすれば処分費用も節約できるでしょう。まさに、一石二鳥と言える方法です。

3‐3.オークションで売る方法

粗大ゴミのリセールはリサイクルショップだけではありません。最近では「オークション」を利用する人が増加しています。スマートフォンアプリでも気軽に利用できることから、とても便利な方法です。オークションでは買い手が見つかればすぐに売ることができます。ただし、取り引きをする相手の顔が見えないぶん、注意事項をきちんと確認してから利用しなければなりません。

4.粗大ゴミ処理のさまざまな方法

自分でできる場合、粗大ゴミ処理に必要な道具、業者に頼んだほうがいい場合など、人の状況によって捨て方が選択できます。一体、どんな処理方法があるのでしょうか。

4‐1.自分でできる場合

自分で粗大ゴミの処理ができる場合、まずは地方自治体の捨て方をチェックしましょう。ルールに沿ったうえで、粗大ごみ受付センターに申込をします。そして、回収指定場所まで粗大ゴミを運び出す流れです。また、粗大ゴミの大きさをオーバーしている場合は自分で解体作業をしましょう。解体作業は破片が飛び散ることもあるため、軍手・ゴーグルをつけ安全を確保したうえで実行してください。

4‐2.粗大ゴミ処理に必要な道具

粗大ゴミ処理に必要な道具は、解体作業に使うものです。解体するにはのこぎりやカッター、ペンチなどが必要になるでしょう。けれども、解体しなくていい粗大ゴミは「粗大ゴミ処理シール」の準備だけでOKです。粗大ゴミ処理シールは地元の商店・スーパーなどで購入できるでしょう。粗大ゴミにシールを貼らなければ回収してもらえません。シールには申込時の番号の記載が必要です。必要事項を記入しているかどうか、きちんとわかりやすい場所に貼っているかどうか確認しましょう。

4‐3.業者に頼んだほうがいい場合

不用品・粗大ゴミの量が多い、持ち運びが難しい、回収してもらえない場合、専門の業者に依頼したほうがいいでしょう。大型家具や家電は1人で運び出すのが難しいです。無理に運び出そうとしてケガをした人はたくさんいます。ケガをしないためにも無理はしないでください。また、業者なら一気に不用品を回収してくれますよ。

4‐4.業者に頼むメリット

粗大ゴミの回収を業者に頼むメリットは、「すぐに処分できること」です。地方自治体での処分は申し込みから運び出しと時間がかかります。しかし、業者に連絡すればすぐに回収しにきてくれるでしょう。即日対応可能な業者は電話1本でかけつけてくれます。さらに、処分だけでなく、買取も可能です。売れないと思っていたものでも、業者の判断によって買取してくれる可能性もあります。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!