粗大ごみの処分方法とは?不用品回収・買取のポイントやコツについて

引越しや片付けで出てきた不用品、どこで処分すればいいのか困っているのはあなただけではありません。多くの人が不用品の処分に悩んでいます。間違ったゴミの処分方法はトラブルのもとです。そこで、今回の記事では粗大ごみの悩みや捨て方、リサイクルやリセールなど不用品回収について詳しく説明します。粗大ごみの正しい捨て方を身につけましょう。

  1. 粗大ゴミの悩み
  2. 粗大ゴミの捨て方
  3. 粗大ゴミのリサイクルやリセール
  4. 粗大ゴミ処理のさまざまな方法
  5. 粗大ゴミ・不用品回収のトラブル
  6. 粗大ゴミ処理の業者選びのポイント
  7. 粗大ゴミにかんしてよくある質問

この記事を読むことで粗大ごみの正しい処分方法や不用品回収・買取のポイントがわかります。

1.粗大ゴミの悩み

冷蔵庫・洗濯機・テレビなどの粗大ゴミは処分方法が決まっています。悩みを解決するためにも、粗大ゴミについて詳しく把握することが大切です。これから、粗大ゴミと法律の関係や捨て方のルールなど詳しく説明していきましょう。

1‐1.粗大ゴミと法律

粗大ゴミは「廃棄物の処理および清掃に関する法律」で決まっています。廃棄物の排出抑制や適正な分別・保管・収集・運搬・再生・処分が目的です。正しく廃棄することで生活環境が清潔、向上できます。法律によって、粗大ゴミは廃棄物の1つになりました。粗大ゴミのほかにも燃えがらや汚物、廃油、動物の死体も廃棄物の1つです。間違った処分法は法律違反になるので、きちんと正しい方法で処分しなければなりませんね。

1‐2.無料か有料か

「粗大ゴミの処分は無料か、それとも有料なのか」気になる人は多いでしょう。地方自治体、不用品回収業者どちらとも有料です。ただし、買取をおこなっている業者では無料になる可能性があります。不用品でも壊れていなければ、買取してもらえるでしょう。費用をかけずに処分できるのはありがたいですね。処分費用を抑えるコツは、売れるものを売ることになります。

1‐3.捨て方のルールあれこれ

粗大ゴミの捨て方は地方によって異なります。きちんとルールが決まっているため、処分前に自治体のホームページやチラシでチェックしてください。たとえば、粗大ゴミを捨てる前に申し込みをしなければならない、地元のスーパーやコンビニでシールを購入しなければならないなどです。きちんと申し込みをして、シールを貼らなければ回収してもらえません。2度手間にならないよう、ルール確認は必要です。

1‐4.簡単には捨てられない粗大ゴミ

地方自治体で粗大ゴミを捨てるには、手順をふまなければなりません。燃えるゴミや燃えないゴミのように袋で簡単には捨てられないでしょう。申し込みをして粗大ゴミシールを貼る、そして、回収指定場所まで運び出すのが基本になります。燃えるゴミのような捨て方はNGです。また、自治体によって回収できない粗大ゴミがあります。回収対象となっていないものは不用品回収業者に依頼したほうが効率的でしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!