夫婦で考える! 老前整理が必要な理由と正しいやり方

老前整理とは、どのような意図で行う必要があるのでしょうか。そこで、シニア世代で関心が高まっている「老前整理」について、詳しくご紹介します。また、「生前整理」や「遺品整理」とは、どう違うのかも知っておくと役立つでしょう。老いを迎える前の元気なうちに、老前整理についてきちんと夫婦で話し合っておくことをおすすめします。

  1. 老前整理とは?
  2. 老前整理の必要性
  3. 老前整理のやり方
  4. 老前整理のポイント

1.老前整理とは?

1-1.「遺品整理」と「生前整理」との違い

「老前整理」に似た言葉である「遺品整理」と「生前整理」というのを聞いたことがあるでしょう。この3つの言葉には、違った意味があります。
遺品整理とは、家族や親族が亡くなった人の遺品を始末することです。残された家族などが、責任を持って遺品を処分します。そして、生前整理は本人が死ぬ前に財産や持ちものを整理することです。遺品や財産の内容を明らかにしておくことで、自分の死後に残された家族が相続問題などでもめることのないように行います。どちらも、家族などに迷惑をかけないことを目的としているのが特徴です。
老前整理の場合には、自分の残りの人生を快適に過ごすためという理由も含まれます。老いる前に自分自身のために不用はものを処分して、住まいと心をすっきりとする目的があるのです。

1-2.老前整理の意味

年齢を重ねていくと、どうしても所有するものも増えてきます。しかし、たくさんのものを片付けるのに必要な体力は衰えていく一方です。さらに、片付ける気力もなくなっていくことでしょう。
このような体力や気力の低下が始まる前に、不用なものを捨てて整理しておくのが老前整理です。自分が死んだ後のことを考えて行う生前整理や遺品整理とは少し違います。自分が快適に暮らしていける生活空間を手に入れて、心を軽くする意味があるということを知っておきましょう。

1-3.老後の生活を快適にする

長く生きていると必然的にものは増えていきます。しかし、自分が買ったものばかりではありません。人からいただいたものも、たくさんあるでしょう。そして、それぞれのものに思い出があるという人も多いはず。
しかし、そのままたくさんのものに囲まれて老後の生活を送るのは大変なことです。働き盛りといわれる年齢のうちから、老後の暮らしについて考えてみましょう。少しずつ身の回りを整理しておけば、快適な老後生活を手に入れることができます。

2.老前整理の必要性

2-1.自分が死んだ後に迷惑をかけないために

もちろん、老前整理は自分のためだけに行うわけではありません。自分が死んだ後の残された家族のことを考えてください。たくさんの遺品を整理するのは、本当に大変なことです。時間がかかるだけでなく、体力も必要となります。
そして、自分の大切な人が残していった遺品を処分するという作業はとてもつらいことです。そのような悲しい思いをしてほしくないなら、自分のものは自分で処分しておきましょう。

2-2.残りの人生を快適にするために

老前整理をした人は、その後の人生が快適になったといいます。身の回りのものを整理して余計なものをなくすことで心がすっきりするようです。老後や死後に関する心配事が減るというのも大きな理由でしょう。
老後に備えて自宅をバリアフリーにリフォームすることも、老前整理のひとつと考えてください。リフォームは元気なうちにしておきましょう。そうすることで、思わぬ事故を防ぐこともできます。

2-3.体力があるうちに効率よく片付けるために

少しずつ年齢を重ねていくうちに、体力は徐々に衰えていくものです。若い頃は問題なくできていた片付けも、だんだんスムーズに作業できなくなってきます。
さらに、老いてくるとものを捨てられなくなる傾向もでてくるようです。一つひとつのものに思い出がつまっていると感じるのでしょうか。ものを処分する決断ができなくなるといいます。
そこで、体力や気力が十分な年齢のうちに不用なものを処分して、テキパキと効率よく片付けておくことが大切になるのです。

3.老前整理のやり方

3-1.所有しているものを把握する

自分がどんなものをどのくらい所有しているのか、把握することから始めましょう。たとえば、洋服について考えてください。シャツを何枚、ジャケットやコートを何枚持っているか答えられますか?
持っているものが多すぎる人ほど、所有している数を把握できていません。気づかないうちに、必要以上の数を持っていることもあります。同じようなものをたくさん買ってしまうこともあるでしょう。ですから、所有しているものの数をチェックしてください。今後の衝動買いを防ぐこともできます。

3-2.捨てる基準を決める

余分なものを処分していくためには、捨てる基準が必要です。「1年以上使っていないものは捨てる」「役に立たないものは捨てる」というように自分なりの判断基準を決めておきましょう。思い出がつまっているものなどを無理に捨てる必要はありません。判断に迷うものは、「1年」などと期限を決めておき、その間に使わなかったら捨てるようにするとよいでしょう。

3-3.使わないものは処分する

老前整理は難しく考えないでください。「使わないものを処分しておく」といったシンプルな考えで構いません。家の中には、はっきりと不用だと分かるものが意外と多くあるものです。そのようなものを処分していくだけで十分といえるでしょう。
そして、必要だと判断したものはきちんと収納しておきます。このように少しずつ老前整理を続けていくうちに、部屋の中はすっきりと片付いてくるはずです。

4.老前整理のポイント

4-1.整理する期限を決める

片付けには時間がかかります。まして、処分するかどうか判断するのは精神的にも疲れるでしょう。ですから、一度にすべてを整理しようと考えないでください。
ただし、期限は決めておくとよいでしょう。範囲を細かく決めて、どこをいつまでに片付けるかスケジュールを立てておきます。このように期限を決めておくと、先延ばしにしないですむからです。「まずは冷蔵庫の中から」といった感じで初めてみてはいかがでしょうか。

4-2.家族のものを勝手に捨てない

ものを減らしたくても、家族のものを勝手に捨ててはいけません。独立した子供のものが残されていても、手は出さないようにしましょう。子供が残していったものには、思い出がたくさんつまっている可能性があるからです。自分のものだけを片付けていきましょう。また、家族に残しておきたいものも捨てる必要はありません。

4-3.業者を利用して処分する

老前整理をしていると不用なものがたくさんでてくると思います。そのようなものをゴミとして捨てる場合には、きちんと分別をしなければなりません。ゴミの回収日まで保管しておく必要もあるでしょう。
そのような手間を省きたければ、不用品回収業者を利用すると便利です。基本的にどのようなものでも引き取ってくれるので、一度にまとめて処分できます。ただし、なかには不法投棄をするような悪質な業者もいるので注意が必要です。住宅街を軽トラックで回っているような廃品回収車にも気をつけてください。「一般廃棄物収集運搬」を許可されている業者を選びましょう。

まとめ

老前整理について、お分かりいただけましたか?もう一度ポイントをまとめておきましょう。

  • 自分の残りの人生を快適に過ごすために整理する
  • 自分が死んだ後に迷惑をかけないためにも必要
  • 所有しているものを把握する
  • 捨てる基準を決める
  • 使わないものを処分しておく
  • 整理する期限を決める
  • 家族のものを勝手に捨てない
  • 業者を利用して処分すると手間がかからない

早めに老前整理をして、すっきりとした気持ちで老後に備えておきましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!