夫婦で考える! 老前整理が必要な理由と正しいやり方

老前整理とは、どのような意図で行う必要があるのでしょうか。そこで、シニア世代で関心が高まっている「老前整理」について、詳しくご紹介します。また、「生前整理」や「遺品整理」とは、どう違うのかも知っておくと役立つでしょう。老いを迎える前の元気なうちに、老前整理についてきちんと夫婦で話し合っておくことをおすすめします。

  1. 老前整理とは?
  2. 老前整理の必要性
  3. 老前整理のやり方
  4. 老前整理のポイント

1.老前整理とは?

1-1.「遺品整理」と「生前整理」との違い

「老前整理」に似た言葉である「遺品整理」と「生前整理」というのを聞いたことがあるでしょう。この3つの言葉には、違った意味があります。
遺品整理とは、家族や親族が亡くなった人の遺品を始末することです。残された家族などが、責任を持って遺品を処分します。そして、生前整理は本人が死ぬ前に財産や持ちものを整理することです。遺品や財産の内容を明らかにしておくことで、自分の死後に残された家族が相続問題などでもめることのないように行います。どちらも、家族などに迷惑をかけないことを目的としているのが特徴です。
老前整理の場合には、自分の残りの人生を快適に過ごすためという理由も含まれます。老いる前に自分自身のために不用はものを処分して、住まいと心をすっきりとする目的があるのです。

1-2.老前整理の意味

年齢を重ねていくと、どうしても所有するものも増えてきます。しかし、たくさんのものを片付けるのに必要な体力は衰えていく一方です。さらに、片付ける気力もなくなっていくことでしょう。
このような体力や気力の低下が始まる前に、不用なものを捨てて整理しておくのが老前整理です。自分が死んだ後のことを考えて行う生前整理や遺品整理とは少し違います。自分が快適に暮らしていける生活空間を手に入れて、心を軽くする意味があるということを知っておきましょう。

1-3.老後の生活を快適にする

長く生きていると必然的にものは増えていきます。しかし、自分が買ったものばかりではありません。人からいただいたものも、たくさんあるでしょう。そして、それぞれのものに思い出があるという人も多いはず。
しかし、そのままたくさんのものに囲まれて老後の生活を送るのは大変なことです。働き盛りといわれる年齢のうちから、老後の暮らしについて考えてみましょう。少しずつ身の回りを整理しておけば、快適な老後生活を手に入れることができます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!