オイルヒーターの捨て方とは? デロンギなどは処分せず買い取り可能

5.オイルヒーターをリセールする方法

下取りを利用するのは、買い替え時に限ります。しかし、手持ちのオイルヒーターを、自分なりにリセールする方法もあるのです。リサイクルは重要視されています。捨てずに、リセールしてみてはいかがですか?

5-1.買い取りが可能なオイルヒーターはどんなもの?

デロンギは、オイルヒーターの代表的な存在です。中古でも大変需要があるメーカーで、リセールしやすいでしょう。ほかにもオイルヒーターで評判がいいのは、山善・無印・ユーレックスなどのメーカーです。
いずれも、使用頻度が少なく、製造からの年数が浅いものが好まれます。傷や汚れがないかも、事前に確かめておきましょう。

5-2.オイルヒーターをリサイクルショップに売るには?

リサイクルショップには、持ち込みで買い取ってもらう方法となります。査定を受け、状態をよく確認してもらい、買い取り価格を算出してもらいましょう。だいたい、1,000円に満たないことが多いです。買い取りできない場合は、引き取って処分するか、自分でリセールすることになります。無駄足になってしまう可能性もあるため、あらかじめリサイクルショップにメーカーや型番などを伝え、おおよその査定額を聞いておくと安心です。
インターネットの口コミなどを見て、中古でも売れる製品かをチェックしておき、査定時の参考にしてみてください。

5-3.オークションやフリマアプリを使ってオイルヒーターをリセールする

オークションサイトやフリマアプリでは、不用品の出品が頻繁に行われています。ほしい人と売りたい人のマッチングにより、リセール先が決まる方式です。自分である程度の価格設定ができるため、下取りやリサイクルショップより高値で売れる場合もあります。
しかし、マッチングする人が現れない場合は、リセールは失敗となるでしょう。自分で売る場合、入金がなされない・クレームが来た・発送時に破損したなど、何かとトラブルが多いです。自己責任での出品となるため、トラブルが嫌だという方はほかの方法で処分を考えてください。

5-4.オイルヒーターをなるべく高く売るためのヒントは?

高額買い取りのヒントは、メンテナンスをきちんとしておくことです。付属品や取り扱い説明書なども用意しておきましょう。季節も関連しています。需要が高まる冬になる直前のリセールが、高額買い取りに結びつくコツです。

6.回収業者にオイルヒーターの処分を依頼する

処分に費やす時間や手間を減らしたいというなら、回収業者がとても便利です。どのような業者を選ぶのがベストか、ポイントなどを覚えておきましょう。

6-1.オイルヒーターの回収方法や流れを覚えておこう

回収業者では、自宅までオイルヒーターを引き取りに伺います。まず、無料見積もりフォームで回収料金などの相談をしてください。弊社では、電話でのご相談も受けつけています。
回収希望日を伺い、午前か午後のどちらかでの訪問となり、夜間の訪問も可能です。
回収作業が完了後、現金かクレジットカードにてお支払いください。ただし、クレジットカードの利用は、3万円以上の場合に限ります。

6-2.オイルヒーターの回収料金はいくら?

回収業者では訪問での引き取りとなるため、オイルヒーター1台で数千円となります。ミニオイルヒーターやパネルヒーターなど、小さなものは、さほど高くなりません。
回収業者では、処分するものが多いほどお得になります。定額パックプランがあり、不用品を一気に捨てるチャンスです。ほかにも捨てたいものがあったら、まとめて捨てる方が1つずつ捨てるより安くなります。

6-3.回収業者によるオイルヒーターの処分はメリットがたくさんある

自治体での処分は安いけれど、自分での運搬や廃棄日が指定されるといった制約があります。ところが、回収業者はすぐに処分したいというときに、即日対応も可能です。コード類の分別もいらず、運搬も必要ありません。
オイルヒーター以外にも不用品があるという家庭では、いらないものの一掃処分も実現できます。壊れていても問題なく処分でき、オイル抜きなどの作業も必要ないのが、回収業者による処分のメリットです。

6-4.どんな業者にオイルヒーターの処分を依頼すべきか?

回収業者選びのポイントは、問い合わせの対応がスムーズで丁寧であることです。リーズナブルな価格設定をしていることや、希望日時にスケジュール調整が可能であることも条件にしてください。デロンギなどの有名メーカーは中古ニーズも高いため、状態が良好なものは買い取りも実施している場合もあります。買い取りを利用したい方は、査定が受けられるかも確認しておきましょう。
最も重視したいのは、許可番号が付与されているかどうかです。古物商・産業廃棄物収集運搬業の許可を受け、リサイクルをしっかりしている業者を選んでください。

6-5.オイルヒーターの処分にコストをかけずに済む方法とは?

オイルヒーター1つの処分では、回収費用が高いと感じることがあるでしょう。回収業者に依頼するのをきっかけに、家の中にある不用品を一気に処分してみてはいかがですか? 定額パックプランでまとめて回収となったら、オイルヒーターだけの処分よりリーズナブルに感じられます。人気メーカーや高年式のオイルヒーターなら、買い取りも利用できますし、回収費用から買い取り価格を引いてもらえるでしょう。コストをかけないで処分したいという方は参考にしてください。

6-6.廃品回収者の無料という言葉には危険が潜む

「何でも回収します」「無料で回収」と巡回する車があります。いわゆる、廃品回収車です。不用品の回収には、少なからず車両代金や人件費が発生します。そのため、オイルヒーターの処分には、回収費用が必要です。無料と声をかけて近づき、実際にトラックに積み込んだ後にお金を請求されることや、家に入り込んで貴重品などを探る悪質な例もあります。不愉快な思いをすることになるため、廃品回収車の利用は止めてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!