「物を増やさない」は数と量では解決しない! 暮らし・生き方的方法論

物を増やさないためにはどうすればいいか。答えは簡単。入る物を断てばいいのです。今ある物を出せば、よりスッキリします。究極の物を増やさない方法です。とはいっても、人は生きているのですから、そう単純にはいきません。
物を増やさずに自分なりのライフスタイルを確立できる方法があったら・・・。やっぱり知りたいですよね?
物を増やさない生活のためには、「入れる」「入れない」とか「捨てる」「捨てない」の二元論で考えても、問題は解決しません。むしろ、どんな生活をしていくのか、生き方の問題としてとらえるべきです。こんな視点で見ると、二元的な問題も、解決法が見えてくると思います。

  1. 物を増やさない考え方
  2. 物を増やさない方法
  3. 「残す」「捨てる」の判断基準
  4. 不要な物の処分は?
  5. まとめ

1.物を増やさない考え方

物を増やさないことを数量的に考えるならば、入ってくる物よりも出ていく物の量を大きくする。本当にシンプルな考え方で済むでしょう。でも、生活していく中では、微妙で複雑な事情が絡んできます。入れたい物が本当に必要か、衝動からではないか。あるいは、出すべきなのか残すべきか。さらには、使う物か使いたいのか。悩ましいところです。
数量の話はちょっと脇に置いて、暮らし方や生き方という視点で見つめ直してはどうでしょうか。
一時期、話題になった言葉に、「断捨離(だんしゃり)」があります。不要な物を断ち、捨て、執着から離れることをめざす考え方です。物を増やさない、きちんと片付ける整理法というよりも、身軽で快適な暮らしをするための生き方を説いたものだと思います。
とても参考になる1つの考え方です。自分なりの暮らし方、生き方を考えてみませんか?暮らし方や生き方が決まれば、数量の問題も解決の道筋が開けると思います。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!