パソコンの音がうるさい。理由を知れば、初心者でも対処はできる!

パソコンの音が急にうるさくなることがあります。あなたのパソコンは、大丈夫ですか?音がうるさくなったのには、理由があります。すぐに突き止めて対処しすることが必要です。でないと、故障の原因になってしまいます。理由を知れば、初心者でも対処は可能。さっそくパソコンのコンディションを元に戻してあげましょう。

  1. パソコンがうるさくなる理由
  2. うるさくなる3つの原因
  3. うるさくなったときの対処法
  4. 不用なパソコンの処分
  5. まとめ

1.パソコンがうるさくなる理由

パソコンは正直です。音がうるさくなったときは、ちゃんとした理由があります。どこで、どんな音がしているのかを確かめましょう。音の種類にも、いろいろあります。

1-1.冷却ファンの回転音

音がうるさくなる理由で一番多いのは、パソコンが熱を帯びたときの冷却ファンの回転音です。ウィーンといった唸(うな)るような音なのでわかるでしょう。
パソコンは、熱を帯びやすい機器なので、熱を放出して温度の上昇を抑える装置がついています。ファンが回転し、内部にたまった熱を放出するのが一般的です。ファンがついている冷却装置には、CPUクーラー(ファン)、ケースファン、グラフィックボードなどがあります。
熱を放出できず、温度が上昇すると、高熱になりやがて故障してしまうことに。そのため、パソコンには温度センサーがついています。高熱になると、センサーが感知し、ファンが高回転して温度を下げようとしてくれているのです。ですから、パソコンが故障しないように、ファンが頑張っているときの音ということができます。
回転音は、頑張ってくれている証明ともいえますが、パソコンにとっては大きな負担。故障しないように、できるだけ早く負担を軽くしたあげる対処が必要です。

1-2.うるさい音にも種類がある

それほど多くありませんが、まれにガラガラ、カタカタという音がすることもあります。冷却ファンの軸がブレてしまったときに起きる症状です。長時間使用や使用期間が長くなると音がしてきます。
パソコンを使っていて、うるさい音や聞きなれない音がしたら、冷却ファンの不具合を始め、どこかの部品が壊れている可能性が高いと考えるべきです。できるだけ早く対処しましょう。

1-3.ハードディスクに問題も

カチカチというような音がすることもあります。うるさいというほどではありませんが、ちょっと気になる音です。パソコンの起動時などによく発生します。ハードディスクのアクセスランプと同調している場合は、読み書きのときにヘッドが動くときの音(シーク音)です。多くは、古いパソコンに見ることができる症状。いい状態とはいえません。
ハードディスクが壊れかけている場合の音もありますから、注意が必要です。なかなかうまく表現できませんが、カクンカクンといった感じの音がします。ハードディスクが壊れてしまうと致命的です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!