質の良い家具の選び方は? 古い家具の処分方法とともにご紹介します。

2.質の良い家具の選び方とは?

では、質の良い家具はどうやって選べば良いのでしょうか? この項では、質の良い家具を買える店や選ぶ際の注意点をご紹介します。

2-1.組み立て家具は避ける

組み立て家具は自分で組み立てる分、値段が安いです。オシャレな組み立て家具をたくさん扱っている大型店舗も人気を集めています。しかし、やはり素人が組み立てた家具は、耐久性がありません。

また、素人でも簡単に組み立てられるようにビスやねじが多用されています。ビスやねじは家具を使用しているうちにゆるみやすく、ある日突然壊れることもあるでしょう。質の良い家具を探している場合は、組み立て家具は避けてください。

2-2.家具店で購入する

現在、家具を扱っているお店はたくさんあります。ホームセンターで家具を買ったことはあるが、家具店に入ったことがないという方もいるかもしれません。ホームセンターの家具も悪くはないでしょう。しかし、「質の良い家具が欲しい」という場合は、家具店や百貨店の家具売り場で購入した方が良いのです。高級な家具はそれなりの値段がします。ホームセンターで売れ筋の家具よりも、ずっと高価でしょう。

また、組み立て式ではありませんので、保管場所も取ります。ですから、質の良い家具をホームセンターで見つけるのは、とても難しいです。また、最近は通販サイトを開設している家具店もありますが、一度は自分の目で現物を確かめてから、購入したほうが良いでしょう。

2-3.信頼できるメーカーのものを選ぶ

家具メーカーは食器や洋服のメーカーと比べると、あまり知名度はありません。しかし、良い家具を長年作り続けてきたメーカーの品は、信頼できるでしょう。デザイナーズ家具やヨーロッパの有名ブランドの家具は高価ですが、メーカー品の家具ならば驚くほど高値ということもありません。

2-4.アンティーク家具には注意が必要

アンティーク家具は、戦前に作られたものが大半です。長い時間、壊れもせずに使い続けられているというだけで、質の良さは証明されているでしょう。しかし、アンティーク家具は新品の質の良い家具に比べれば、やはり壊れやすいです。

また、ニスや塗料などが製造当時のままのものは、管理が大変になります。ですから、普段使いにできるものというのは、限られてくるでしょう。アンティーク調の家具が欲しい場合は、復刻版なども販売されています。

3.質の良い家具を買う前に、家の中を片付けよう

質の良い家具は、安価な家具よりも若干大き目でどっしりとしています。ですから、今まで使っていた安価な家具と質の良い家具を交換したいという場合は、寸法が合うかどうかをしっかりと測っておきましょう。

また、質の良い家具は定期的なお手入れが必要です。汚れを放置しておくとシミになってしまいます。ですから、こまめに掃除ができるように、整理整頓を心がけてください。

4.不要になった家具の処分方法とは?

では最後に、不要になった家具の処分方法をご紹介します。重くて持ち運べない家具は、どうすれば良いのでしょうか?

4-1.自治体に回収を依頼する

家具は、自治体が粗大ゴミとして回収してくれます。タンスなどの大型家具でも問題ありません。ただし、自分でゴミ捨て場に運ばないと回収してもらえないのです。

また、自治体によっては粗大ゴミの回収が有料という場合もあります。この場合は、定められた方法で料金を払い、証明シールなどを貼っておきましょう。重い家具をゴミ捨て場まで運べないという場合は、引き出しを抜いてみると重量が軽くなり運びやすくなります。

4-2.不用品回収業者に依頼する

複数の大型家具を一度に処分したいという場合や、事情があってすぐに家具を処分したいという場合は、不用品回収業者を利用しましょう。有料ですが、家まで回収に来てくれます。

また、早ければ依頼をしたその日に回収に来てくれることもあるでしょう。回収料は家具の量や状態、さらに回収業者によって異なりますが、事前に見積もりを作成してもらえれば値段がわかります。家具のほかにも家電なども一緒に回収してくれますので、不用品がたくさんあって処分に困っているという方にもおすすめです。

不用品回収業者はインターネットを検索すれば、お近くの業者がヒットします。まずは、見積もりを作成してもらってください。ただし、不用品回収業者は引っ越しシーズンの春と秋は忙しいところが多いです。ですから、時期によっては時間に余裕を持って頼みましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、質の良い家具の選び方をご紹介しました。
まとめると

  • 質の良い家具は、家具屋や百貨店の家具売り場で購入した方が良い。
  • 組み立て家具は避ける・メーカー品を選んだ方が良い。
  • 不要になった家具をすぐに処分したい場合は、不用品回収業者を利用しよう。

ということです。
日本には、家具で有名な地方がいくつかあります。そのような地方の名前をつけた「民芸家具」も、質が良く長く使えるでしょう。今は、デザイナーズ家具の人気が高いですが、日本の民芸家具もすてきです。しかも、和室や洋室のどちらでもしっくりくるデザインのものが多いでしょう。ですから、質の良い家具が欲しいという場合は、民芸家具も候補に入れておいてください。

また、アウトレット家具や中古家具も質の良い家具ならば問題ありません。アンティーク家具も中古家具の一種なのです。今は、中古家具専門のリサイクルショップなどもありますから、のぞいてみるのも良いでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!