質の良い家具の選び方は? 古い家具の処分方法とともにご紹介します。

ここ30年ほどの間に、家具の種類は驚くほど豊富になりました。「この値段で家具が買えるの」と思うような安価な品もあれば、高価な家具もあります。しかし、良い家具はやはり質や使い心地が違うのです。

そこで、今回は質の良い家具の選び方をご紹介します。今は技術の進歩により、高級品のように見える安価な家具もあるでしょう。しかし、質の悪い家具と良い家具は注意してみれば、違いがわかります。良い家具を買いたいという方や家具の買い替えを検討している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 質の悪い家具と良い家具の違いとは?
  2. 質の良い家具の選び方とは?
  3. 質の良い家具を買う前に、家の中を片付けよう
  4. 不要になった家具の処分方法とは?
  5. おわりに

1.質の悪い家具と良い家具の違いとは?

まず始めに、質の悪い家具と質の良い家具の違いをご紹介します。見た目以外には何が違うのでしょうか?

1-1.耐久性

質の悪い家具は、質の良いものに比べて寿命が短いです。たとえ本革などの良い材料を使っていても、作りが悪ければすぐに破けたりはがれたりするでしょう。また、組み立て方もいいかげんな場合は、接合部から壊れてきます。良い家具の場合は手入れさえ怠らなければ何十年でも持つのです。

1-2.使い心地

良い家具は、使い心地が良いです。ごく普通のいすでも、長時間座っていても疲れにくいでしょう。逆に、質の悪い家具は使い心地も良くありません。タンスの引き出しが明けにくかったり、扉を開けるたびにきしんだりすればストレスもたまるでしょう。

1-3.高級感

今は印刷技術が進んでいますから、天然木の木目をきれいに再現したプリント合板もあります。しかし、比べて見ればわかりますがやはりどことなく安っぽいです。「あの高級家具そっくり」という宣伝文句をつけられているものもありますが、期待のし過ぎは禁物でしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!