狭いからと言ってあきらめない! 狭小住宅の収納を工夫しよう

「ものを収納したい。だけど、部屋の中にスペースがない!」
このような悩みを持っている方も多いかと思います。また、自分の家が狭小住宅であれば収納にも一苦労しているはず。しかし、収納も工夫1つで簡単になります!
この記事では、狭小住宅における収納の工夫についてまとめました。

目次

  1. 狭小住宅の収納を工夫しよう
  2. 整理・収納するときのコツ
  3. ものを捨てる判断基準
  4. まとめ

1.狭小住宅の収納を工夫しよう

狭小住宅では「ものを収納できない」と諦めないでください。狭い空間のデッドスペースに工夫を加えることで可能性が生まれます。
この項目でちょっとした収納の工夫をご紹介するので参考にしてくださいね。

1-1.ドア裏のスペースを活用する

狭い部屋だとドア裏のスペースも収納スペースとして活用しましょう。
ドア裏にネットやハシゴなどものを掛けられるものを置きます。マフラーや傘、小物などを収納するのに使いましょう。また、自分が常備持って出掛けるものを収納すると便利です。

1-2.ベッドの側面も利用する

ベッドを置くだけでスペースを取られて困る方も多いかと思います。ベッドの撤去を考える前に収納できる場所がないか探しましょう。
ベッドの下側は収納スペースとして活用できます。また、最近ではベッド下が収納ボックスになっているものがあるので活用しましょう。さらに、ベッド側面にネットなどを付ければ小物を収納できます。

1-3.すのこを利用する

100均などに売ってあるすのこを利用してみましょう。
すのこは布団を湿気から守るだけでなく簡易ラックとして活用できます。家電を置いたスペースの下側を収納スペースとして活用しましょう。

1-4.壁を利用した収納場所

狭小住宅では高さを利用した収納スペースを作ることがポイント。壁などに棚を増設すると見せるインテリアとして活用できます。
棚には本や鍵などの小物を収納しましょう。また、実用的なものを棚に入れるとインテリアとして映えません。人の目に触れる収納であることを意識しましょう。

1-5.つるす収納も考える

タオルバーなどを使えば壁を収納スペースとして活用できます。タオルバーは簡単に取り付けられて手に入れるのも簡単です。キッチンなどで使えばお玉や鍋のフタを収納できます。
また、S字フックを活用することで手帳・書類を釣りかけることができるでしょう。紙類も散らばらないように収納するのがポイントです。

1-6.収納スペースを兼用した家具を使う

部屋に家具を置きたいけどスペースを殺したくない。そのような方は、スペースを殺さない家具を選びましょう。
ベッドは収納機能があるものを選びます。ベッド下だけでなく側面にも収納スペースがあるものがおすすめです。
また、最近では収納機能の付いたデスクもあるので検討してみましょう。

2.整理・収納するときのコツ

収納・整理をするときは工夫だけでなくコツも知っておきたいもの。この項目でしっかりと確認しておきましょう。

2-1.ものを減らす

ものをどれだけ整理・収納しようと思っても絶対数が減らない限りは不可能です。部屋の収納機能に合わせてものの数をコントロールしましょう。
また、ものを買ったら部屋にあるものを減らすよう心がけます。不用品など使わないものがあれば積極的に捨てる・売ることを考えるようにしましょう。

2-2.小さめの家具を使う

狭小住宅では小さめの家具を使うようにします。大きな家具は部屋にあるだけで狭くなってしまうので注意しましょう。
また、部屋に対して大きすぎる家具は圧迫感を与えます。精神的にも落ち着かない部屋となるので小さめの家具を選ぶようにしましょう。
視線よりも低い場所に家具を置くと部屋を広く感じることができます。

2-3.鏡を活用する

ベッドルーム・リビングなどは大きな鏡を使うことで大きく見せることができるでしょう。このとき、景色が見えるように飾るのがポイント。外側の景色を映すことで部屋の中を大きく見せることができます。
また、鏡が衣装棚とセットならば部屋のスペースを殺さずに済むでしょう。

2-4.収納できる家具を使う

リビングなどで使うイス・テーブルは収納機能があるものを使います。少ないスペースを活用できる家具は便利です。
また、テーブルの下に家具などを収納できるものがあります。部屋のスペースを殺したくない人は検討してみましょう。

2-5.インテリアの色を整える

インテリアの色は派手目のものを避けるようにします。派手な色は部屋に圧迫感を生むため控えるようにしましょう。白など明るい色を選ぶのがポイントとなります。
また、部屋の中に取り入れる色も少なめにするのがポイント。色が多いと部屋の中を狭く感じてしまいます。取り入れる場合は2~3色程度に留(とど)めるのがおすすめです。
ベースとなる落ち着いた色を決めてアクセントになる小物を入れるとまとまります。

3.ものを捨てる判断基準

部屋の中を整理するときはものを減らすのが鉄則。そこで、知っておきたい判断基準があります。部屋をきれいにする判断基準なのでしっかりチェックしておきましょう。

3-1.不用品が売れないかチェックする

自分の持っている不用品の中にお金となるものがないか調べてみましょう。不用品の中に売れるものがあると片付けるスイッチも入ります。
まだ使えるものや真新しいものであれば買い取り価格もアップするでしょう。価格が下がる前にお金へ替えるのが得策です。

3-2.1日1個ものを減らす

何かものを買ったとき、部屋にあるものを1個捨てることをおすすめします。捨てないと部屋の中にものが溜(た)まり続けるのです。
特に、日用品などは気を付けましょう。冷蔵庫や棚にある日用品は気を付けないと溜(た)まる一方です。まだ使えるものはいいですが賞味期限が切れているものは捨てましょう。

3-3.「明日から」を止める

部屋の中で「邪魔だ」と思ってつかんだもの。それはごみです。
「また今度使おう」と思って収納スペースに入れる人もいるかと思います。しかし、収納スペースに入れたとしても次に使うことはありません。
ごみと思ったものはすぐ捨てましょう。部屋の中からごみが減れば収納も簡単になります。

3-4.ものを収納している場所から片付ける

クローゼット・押し入れにものを詰め込んでいる人は、その場所から整理するようにしましょう。収納する場所がごちゃごちゃしていると片付けができません。
まず、片付けるときは収納している場所からものを広げます。その後、同じようなものをグループ化して分けていきましょう。このとき、同じようなバッグやシャツがあれば数を減らしていくのがポイントです。
さらに、必要なものと不必要なものに分けていきます。わからない場合は、段ボールなどへ保管しましょう。分けた後は、後日考え直したので大丈夫です。
ものを整理した後は、クローゼットに収納していきましょう。このとき、ものの絶対数を減らすことを意識します。意識すればものが減っていくでしょう。

4.まとめ

いかがでしたか?
この記事では狭小住宅における収納の工夫を紹介しました。さいごに、収納における大事なポイントをまとめておきましょう。

  • 狭い部屋ではあらゆるスペースを活用する。
  • 家具も収納機能が付いたものにする。
  • 色の工夫で部屋を広く見せることができる。
  • ものを減らして収納していく。

部屋の中にある収納スペース。狭い部屋でもスペースに対する工夫1つでものを置ける量がグッと増えます。この記事で紹介した工夫をぜひ実践してみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!