狭いからと言ってあきらめない! 狭小住宅の収納を工夫しよう

「ものを収納したい。だけど、部屋の中にスペースがない!」
このような悩みを持っている方も多いかと思います。また、自分の家が狭小住宅であれば収納にも一苦労しているはず。しかし、収納も工夫1つで簡単になります!
この記事では、狭小住宅における収納の工夫についてまとめました。

目次

  1. 狭小住宅の収納を工夫しよう
  2. 整理・収納するときのコツ
  3. ものを捨てる判断基準
  4. まとめ

1.狭小住宅の収納を工夫しよう

狭小住宅では「ものを収納できない」と諦めないでください。狭い空間のデッドスペースに工夫を加えることで可能性が生まれます。
この項目でちょっとした収納の工夫をご紹介するので参考にしてくださいね。

1-1.ドア裏のスペースを活用する

狭い部屋だとドア裏のスペースも収納スペースとして活用しましょう。
ドア裏にネットやハシゴなどものを掛けられるものを置きます。マフラーや傘、小物などを収納するのに使いましょう。また、自分が常備持って出掛けるものを収納すると便利です。

1-2.ベッドの側面も利用する

ベッドを置くだけでスペースを取られて困る方も多いかと思います。ベッドの撤去を考える前に収納できる場所がないか探しましょう。
ベッドの下側は収納スペースとして活用できます。また、最近ではベッド下が収納ボックスになっているものがあるので活用しましょう。さらに、ベッド側面にネットなどを付ければ小物を収納できます。

1-3.すのこを利用する

100均などに売ってあるすのこを利用してみましょう。
すのこは布団を湿気から守るだけでなく簡易ラックとして活用できます。家電を置いたスペースの下側を収納スペースとして活用しましょう。

1-4.壁を利用した収納場所

狭小住宅では高さを利用した収納スペースを作ることがポイント。壁などに棚を増設すると見せるインテリアとして活用できます。
棚には本や鍵などの小物を収納しましょう。また、実用的なものを棚に入れるとインテリアとして映えません。人の目に触れる収納であることを意識しましょう。

1-5.つるす収納も考える

タオルバーなどを使えば壁を収納スペースとして活用できます。タオルバーは簡単に取り付けられて手に入れるのも簡単です。キッチンなどで使えばお玉や鍋のフタを収納できます。
また、S字フックを活用することで手帳・書類を釣りかけることができるでしょう。紙類も散らばらないように収納するのがポイントです。

1-6.収納スペースを兼用した家具を使う

部屋に家具を置きたいけどスペースを殺したくない。そのような方は、スペースを殺さない家具を選びましょう。
ベッドは収納機能があるものを選びます。ベッド下だけでなく側面にも収納スペースがあるものがおすすめです。
また、最近では収納機能の付いたデスクもあるので検討してみましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!