狭い家を2倍広く見せる!?空間を有効活用する魔法のテクニック

2.狭い家を有効活用!空間を無駄なく利用する工夫

部屋のイメージは錯覚でごまかせますが、実際に不足している面積を錯覚だけで解決することはできません。必要なものを無駄なく配置し、デッドスペースを減らすことが空間を有効活用するための第一歩です。

ちょっとした隙間を収納スペースとして活用すれば、それだけで長年の悩みが解決します。

2-1.収納つきのチェアを活用する!

座る部分がフタになっていて、内部に物を収納できるチェアがあるのをご存じでしょうか?ふだん使わない小物類を収納しておけば、来客用の椅子としても使えるので一石二鳥です。

2-2.コーナー用の家具を積極的に設置!

隙間家具として、部屋の四隅、家具と家具のちょっとした隙間に配置する棚などが売られています。こういった家具を上手に使えば、狭いスペースを収納として有効活用することが可能です。結局のところ、こういったシンプルな手法を組み合わせるのが狭い家で快適に暮らすための基本と言えます。

2-3.入れ子構造に家具を配置する!

ベッドをロフトベッドに置き換えて、その下に本棚を置くなど、大きな家具の内側に小さな家具を配置すると効率的になります。あるいは、2段ベッドの下段を収納スペースにしたり、大きな机の下に来客用の椅子を入れておいたり、工夫の余地はいくらでもあるのではないでしょうか。

3.狭い家では、家具の数を減らす努力も大切!

アイデアを組み合わせれば部屋を広くすることは可能ですが、やはり根本的に家具を減らすことも考えなくてはいけません。面積が限られている以上、あれもこれも室内に置く…というのは無理があります。

たとえば、机とテーブルが両方あるなら、使う頻度が少ないほうは処分しても良いでしょう。テレビは背の低い棚に載せておけば、テレビ台はなくても良いかもしれません。このように、あってもなくても良い家具を適宜処分することも、狭い家を広くするための工夫です。

不要な家具は不用品回収業者に依頼すれば安く引き取ってもらえますし、比較的新しい家具なら買い取ってもらえる可能性もあります。部屋を広く見せるために模様替えを考えているなら、この機会に不用品をまとめて断捨離したほうが効率的かもしれません。

まとめ

以上、狭い家で快適に過ごすためのワンポイント・テクニックでした!

限られた間取りでも、空間を上手に活用すれば部屋を広く見せることは十分に可能です。

  1. 狭い家を広く見せる!みんなが驚く魔法のアイデア
  2. 空間を有効活用!狭い家を無駄なく利用する工夫
  3. 狭い家では、家具の数を減らす努力も大切!

時には目の錯覚を利用して、あるいはデッドスペースをうまく使って、実際以上にオシャレで快適なインテリアを目指しましょう!

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!