引越しごみ片付けで大ピンチ!窮地のときこそ頼れる極上のパートナー

間もなく引越しを控えているあなた、ごみの処分や不用品の片付けは、考えていますか?引越しでは、ごみと、ごみではないけど不用の品が、大量に出るはずです。処分の方法は考えていますか?ごみや不用品と一緒に引越すのは、悲劇というより喜劇。周囲から笑われないように、窮地のときこそ頼りになる極上のパートナーを紹介します。

  1. 引越し時に出るごみの種類
  2. 引越しごみの捨て方(自治体編)
  3. 引越し業者による回収
  4. 引越しで注意すべき「家電4品目」
  5. リサイクルショップは引越しの友
  6. 最後の砦(とりで)は不用品回収業者
  7. 引越しごみの処理でよくある質問

5つの処理を実践したら、引越しごみの処理は、完璧になることまちがいなし。新居での快適な暮らしへ展望が広がります。

1.引越し時に出るごみの種類

引越しという状況に直面したとき、あなたは、部屋の中にあるごみの多さに驚くはずです。いえ、あなたが片付け下手というわけではありません。多くの人が経験することなのです。
ごみといっても、引越しで発生するごみや不用品は、日常生活で発生するごみとは、ちょっと事情が違います。
今までは必要なものでした。しかし、引越し日へのカウントダウンに合わせて、ごみへと変化しつつあるのです。

  • 可燃物:大切にファイルしていたのに、一回も見ることなく本棚に鎮座していた紙資料、同じ本棚で何年も眠ったままの書籍類、クローゼットやたんすの肥やしになっていた衣類。引越しを前に、どうしますか?
  • 不燃物:机の引き出しには、しまい込んだままの金属製、ガラス製の小物類はありませんか?
  • 不要な電化(気)製品:エアコンに役割を譲って、押し入れの中が定位置の扇風機、新製品の購入で聴かなくなった旧型の音響機器、解像度が低いため、手にすることがなくなったデジタルカメラ。よくあるケースです。新居に連れていきますか?
  • 大型家具:ベッドやソファー、イスとテーブル、食器棚。引越す新居の広さが違うとしたら、使えるのでしょうか。狭い部屋だったら、大は小を兼ねてくれません。広くなっても、レイアウトがうまくいかず、居心地が悪い空間になってしまうでしょう。ちゃんと考えていますか?
  • その他:1か月単位で出していた新聞紙。引越しを予定している日には、どれくらいたまっているのでしょう。一緒に新居へ引越しますか?

引越しに伴って予想されるごみや不用品候補は、ざっとあげただけでも、こんなにあります。おそらく、片付け上手を自負していた人でも、あまりの多さにびっくりするでしょう。それくらい、引越しでは大量のごみや不用品が発生します。引越しする日になって慌(あわ)てないように、今から処理を始めてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!