引っ越しは片付けのチャンス!業者選び・荷造り・準備のコツをご紹介

引っ越しは、移転するまでにいくつもの壁にぶつかります。まず、ゴミや荷物の多さにうんざりすることでしょう。引っ越しというのは、思いきって荷物を減らす断捨離に適したタイミングなのです。荷物を減らす方法がわからない。片付けのコツが知りたい。おすすめの引っ越し業者って?さまざまな疑問が浮かぶ気持ち、とてもよくわかります。

今回は、引っ越しにおける片付けのコツや断捨離のポイントについてです。

  1. 引っ越しの片付けについて
  2. 引っ越しによる不用品について
  3. 不用品回収業者について
  4. 引っ越しの片付けでよくある質問
  5. まとめ

引っ越しの片付けでうんざりしている方やコツがわからずに立ち止まっている方は、この記事を参考にして効率よく処分してみてください。ゴミのリサイクルについての知識も身につけることができるでしょう。新たなる暮らしを快適で身軽にするためにも、引っ越しで断捨離を実行することはとても意味がありますよ。

1.引っ越しの片付けについて

引っ越しは、荷造りだけでも手間と時間がかかりますよね。一人で途方に暮れている方もいらっしゃることでしょう。片付けが苦手という方なら、音を上げてしまうこともあります。片付けにはいくつかのポイントがありますから、コツを知っておくと進めやすくなるはずです。

1-1.引っ越しでまずやるべきこととは?

いきなり荷造りを始める方がいますが、その前に荷物の優先順位を付けてみてください。引っ越しの荷物は少ない方が断然楽です。荷物の仕分け手順からご紹介しましょう。

1-1-1.片付けのポイント

仕分けは、断捨離を実行する前に重要な意味があります。荷物の使用頻度を見直してみてください。必然的に無駄なものや使わないものが出てきます。

ダンボールを3つ用意し、必要なもの・不用なもの・保留と分けてください。迷ったら保留とするといいでしょう。大まかで構いませんので、どんどん分別していくことが大切です。1年以上着ていない服・使わなくなった食器・読み終えた雑誌はどんどん処分へ回します。一方、頻繁に使用するものや思いが詰まった品は、捨てて後悔しないように必要なものへ入れてください。

1-1-2.片付けはどこから始めるといい?

片付けは、すべての部屋に手を付けてしまった後では収拾が付きません。そのため、準備にもコツがあります。最初は、季節商品などの日常生活に支障のない範囲からスタートしましょう。

  • 季節商品
    正月飾り・クリスマス用品・マリンスポーツやスノースポーツ用品は、引っ越しが決まった時点で荷造りを始めましょう。
  • 雑誌や新聞
    読み終えたものはどんどん処分していきましょう。資源ゴミの日に出します。
  • 食器
    食器は知らず知らずに増えていきます。ノベルティーでもらった食器や割れて数が合わなくなったものは処分しましょう。

  • ひと昔前のデザインは思いきって手放しましょう。服は場所を取りますので、新居ですっきりした暮らしを求めるなら捨てるべきです。
  • 食品
    保存食品の賞味期限に注目してください。期限きれのものは手放しましょう。
  • 家電製品
    使わなくなった家電製品やパソコンは、なるべく早めに売却するといいでしょう。年式が新しいものは値段が付きやすいのでお得です。

引っ越しの片付けをしていく場合、新生活で本当に必要なのかを自分自身に問いかけてみるといいでしょう。使うかもという判断基準では、いつまでもものを捨てられません。思いきった判断を下すこともときには必要です。

1-2.引っ越しの片付けをするときの注意点

引っ越しの荷造りは手あたりしだいやってしまうと、後が大変です。場所別に荷造りし、中身が分かるようにラベル表示しておくと開封時に楽でしょう。

ダンボールの数をあらかじめ決めておき、ダンボールが足りないくらいの荷物量なら、減らすように工夫してみてください。ダンボールの数は、一定の目安になります。入りきらないなら処分と心がけておき、断捨離を実行するきっかけとなるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!