引っ越しは片付けのチャンス!業者選び・荷造り・準備のコツをご紹介

引っ越しは、移転するまでにいくつもの壁にぶつかります。まず、ゴミや荷物の多さにうんざりすることでしょう。引っ越しというのは、思いきって荷物を減らす断捨離に適したタイミングなのです。荷物を減らす方法がわからない。片付けのコツが知りたい。おすすめの引っ越し業者って?さまざまな疑問が浮かぶ気持ち、とてもよくわかります。

今回は、引っ越しにおける片付けのコツや断捨離のポイントについてです。

  1. 引っ越しの片付けについて
  2. 引っ越しによる不用品について
  3. 不用品回収業者について
  4. 引っ越しの片付けでよくある質問
  5. まとめ

引っ越しの片付けでうんざりしている方やコツがわからずに立ち止まっている方は、この記事を参考にして効率よく処分してみてください。ゴミのリサイクルについての知識も身につけることができるでしょう。新たなる暮らしを快適で身軽にするためにも、引っ越しで断捨離を実行することはとても意味がありますよ。

1.引っ越しの片付けについて

引っ越しは、荷造りだけでも手間と時間がかかりますよね。一人で途方に暮れている方もいらっしゃることでしょう。片付けが苦手という方なら、音を上げてしまうこともあります。片付けにはいくつかのポイントがありますから、コツを知っておくと進めやすくなるはずです。

1-1.引っ越しでまずやるべきこととは?

いきなり荷造りを始める方がいますが、その前に荷物の優先順位を付けてみてください。引っ越しの荷物は少ない方が断然楽です。荷物の仕分け手順からご紹介しましょう。

1-1-1.片付けのポイント

仕分けは、断捨離を実行する前に重要な意味があります。荷物の使用頻度を見直してみてください。必然的に無駄なものや使わないものが出てきます。

ダンボールを3つ用意し、必要なもの・不用なもの・保留と分けてください。迷ったら保留とするといいでしょう。大まかで構いませんので、どんどん分別していくことが大切です。1年以上着ていない服・使わなくなった食器・読み終えた雑誌はどんどん処分へ回します。一方、頻繁に使用するものや思いが詰まった品は、捨てて後悔しないように必要なものへ入れてください。

1-1-2.片付けはどこから始めるといい?

片付けは、すべての部屋に手を付けてしまった後では収拾が付きません。そのため、準備にもコツがあります。最初は、季節商品などの日常生活に支障のない範囲からスタートしましょう。

  • 季節商品
    正月飾り・クリスマス用品・マリンスポーツやスノースポーツ用品は、引っ越しが決まった時点で荷造りを始めましょう。
  • 雑誌や新聞
    読み終えたものはどんどん処分していきましょう。資源ゴミの日に出します。
  • 食器
    食器は知らず知らずに増えていきます。ノベルティーでもらった食器や割れて数が合わなくなったものは処分しましょう。

  • ひと昔前のデザインは思いきって手放しましょう。服は場所を取りますので、新居ですっきりした暮らしを求めるなら捨てるべきです。
  • 食品
    保存食品の賞味期限に注目してください。期限きれのものは手放しましょう。
  • 家電製品
    使わなくなった家電製品やパソコンは、なるべく早めに売却するといいでしょう。年式が新しいものは値段が付きやすいのでお得です。

引っ越しの片付けをしていく場合、新生活で本当に必要なのかを自分自身に問いかけてみるといいでしょう。使うかもという判断基準では、いつまでもものを捨てられません。思いきった判断を下すこともときには必要です。

1-2.引っ越しの片付けをするときの注意点

引っ越しの荷造りは手あたりしだいやってしまうと、後が大変です。場所別に荷造りし、中身が分かるようにラベル表示しておくと開封時に楽でしょう。

ダンボールの数をあらかじめ決めておき、ダンボールが足りないくらいの荷物量なら、減らすように工夫してみてください。ダンボールの数は、一定の目安になります。入りきらないなら処分と心がけておき、断捨離を実行するきっかけとなるでしょう。

2.引っ越しによる不用品について

思わぬ量のゴミや不用品が出るのが、引っ越しです。不用品が詰まった大量のゴミ袋とダンボール。どうやって捨てたらいいのか分からないと、頭を抱えてしまうことも多いものです。中には、自治体で捨てることができないものや、自分で持ち込みにくいものもあります。荷造りと同時に知っておきたい、不用品の処分について考えていきましょう。

2-1.引っ越しの片付けは断捨離のチャンス

仕舞(しま)い込んでいたものや普段使わないものがあったことを、引っ越しの片付けがきっかけで思い出す方も多いのではないでしょうか?思いがけない場所から、忘れていた品が出てきたということもあるはずです。荷物が多い方に多い傾向でしょう。

1つ1つを手にし、感傷に浸(ひた)ってしまうこともあります。しかし、思い入れがあるなら、そもそもきちんと収納されているはずですし、忘れているということもありません。

思い出のある品は数を決め、ほかは不用品へ回しましょう。身の回りがシンプルになると、人は新しいことへ力を注(そそ)ぐことができるのです。古い記憶にとらわれず、前を向く気持ちで断捨離を行ってみてください。

2-2.断捨離ではどんな品が出てくる?

家の中を一掃し、さまざまな不用品があることに驚かれるのではないでしょうか?大型サイズの不用品は捨てにくいデメリットがある反面、リサイクルできる場合もあります。不用品にするかどうかの判断基準は、新居にサイズが合うものかということ。サイズが適合しないなら、新居が使い勝手の悪い空間になります。

2-2-1.電化製品

古くなった電化製品は、消費電力が大きくて光熱費の無駄につながります。製造年数から数えて10年経過したものは、万が一故障したとしても、修理部品が保有されておらず、結局宝のもち腐れになる可能性が高いでしょう。電化製品は安全も視野に入れ、古いものは処分する方が安心です。

2-2-2.大型家具

大型家具は、新居で使いやすいかどうかに重きを置いて決めてください。ソファ・ベッド・タンスの配置を考え、間取りに合わないものは動線の邪魔になります。買い替えを検討し、思いきって処分しましょう。

2-2-3.自転車

自転車をいくつも所有していませんか?中には錆(さ)びてパンクしたまま、駐輪場に置き去りという事例もあります。乗らない自転車は手放し、最低限のものだけに厳選しましょう。

2-2-4.バッグ

持ち物の中で意外と多いのは、バッグです。1つ1つは大きくないため、増えていることに気づかないまま過ごしている方がほとんど。いざ荷造りを始め、バッグの多さに驚くケースが圧倒的に多いのです。使用頻度の高いものだけに絞り、不用なものは売却するようにしてください。

2-3.引っ越しで不用になったものの処分方法

断捨離を実行できた方は、新しい生活へ向けて前に進めた証拠です。続いてやってくる問題は、大量に出た不用品をどうすべきかということでしょう。自分で処分するのが難しいなら、引っ越し業者などを利用する方法もおすすめです。

2-3-1.ゴミとして処分する場合

自治体のゴミ出しには、ルールがあります。粗大ゴミにもサイズ規定がありますから、事前にしっかり確認しておくことが、うっかりミスを防ぐポイントでしょう。可燃ゴミならゴミ袋へ詰め、1度にたくさんを出さないよう配慮してください。なるべく小出しにする方が、近隣とのトラブルが少なくて済みます。不燃ゴミとの分別も忘れずに行いましょう。

たとえ、自治体で捨てられるものでも、大型家具など自分で持ち込むことができない場合は、業者を利用した方が楽です。無理に運び、事故やケガをしたら引っ越しどころではなくなります。
家電リサイクル法対象製品も、自治体では回収できません。

2-3-2.リサイクルするには?

不用品だから必ずしも捨てるという選択肢に至るわけではありません。自分はもう使わないと思っても、別の人に渡れば必要品に生まれ変わる可能性もあります。リサイクルするには、対象となる品目などを知っておくことが大切です。価値ある品は換金して、引っ越し資金の穴埋めに使いましょう。

  • リサイクル可能なもの
    テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目に加え、パソコンもメーカーによる回収対象です。
  • 家電リサイクル法とは?
    上記4品目とパソコンには、有益な資源が詰まっています。メーカーが適切に回収することにより、再商品化してゴミの削減と地球環境保護につながるのです。

2-3-3.リサイクルするメリットとは?

本来ゴミとして廃棄されてしまえば有効活用されることはありません。しかし、内部に使われている資源には貴重なものがあり、取り出して再利用することで、新たなものに生まれ変わることができるのです。運搬費用をかけずにリサイクルするには、一定の条件を満たしていることが前提となります。

2-3-4.リサイクルできる場所や業者

お住まいの近くにあるリサイクルショップを利用する方法も、1つの手段でしょう。しかし、持ち込みとなると、やはり運搬の手間が懸念されます。そのため、近年ニーズが高まっているのが、自宅回収という方法です。2つの手段があることを覚えておいてください。

  • 引っ越し業者
    引っ越し業者に依頼する場合、見積もりの際に不用品処分があることを伝えてください。引っ越し費用とは別に不用品処分費用を請求されるのが一般的です。
  • リサイクル業者
    リサイクル業者の中には、自宅引き取りに対応しているケースもあります。ショップへ依頼するなら、自分で持ち込みしなければならないこともあるでしょう。事前に買い取り対象商品かどうかの確認も必要です。

2-4.リサイクルする場合の注意点

家電リサイクル法対象品目に該当する製品は、リサイクルが必要です。自治体で捨てられないからと、不法投棄しないように気をつけてください。自治体のゴミ集積所へ放置したままというのも避けましょう。適切にリサイクルすることで、家電リサイクル法にのっとった適正リサイクルができています。ものの循環を遮るような行為は行わず、一人ひとりが配慮することで成り立っている制度であることを認識しておいてください。

3.不用品回収業者について

不用品回収業者という言葉は、認知度が高くなりました。一方で、安い価格だけに注目したばかりに、思いがけないトラブルに巻き込まれる事例も続いています。トラブル回避・安全な処分を目指すためにも、信頼できる不用品回収業者の見極めがポイントになるでしょう。

引っ越しのゴミも、不用品回収ですっきり処分する時代です。引っ越しと同時に片付けができるのは、非常に大きなメリットになるでしょう。

3-1.業者の選び方

引っ越しの片付けで出たゴミの量は、想像をはるかに超えるものだと思います。ですから、自分でせっせと処分するより、業者に任せた方が安心で、何よりスピーディーです。

任せても安心な業者は、見積もりの料金や作業内容がはっきりしていることでしょう。内容がよく分からない業者は、内容に納得できないまま終わることも少なくありません。作業依頼前に、よく相談して内容を自分なりに把握し、不明点はしっかり確認を怠らずに。

3-2.不用品回収業者に依頼するメリット

どこよりも対応が迅速であることでしょう。大型家具は、自分だけでは持ち上げることもできないはずです。ところが、不用品回収業者なら、設置したままで自宅に引き取りに来てもらえ、梱包(こんぽう)などの手間が一切ありません。

3-3.不用品回収業者の回収方法や流れ

引っ越し前は何かと忙しく、時間に追われることが多いですよね。スケジュールもご自身の都合のいい時間帯を選ぶことができ、日時の指定も可能となっています。引っ越しと同時に取り扱うことも可能です。

3-4.引っ越し業者の不用品回収料金

引っ越しが決定したら、引っ越し業者へ依頼しますよね。見積もりを出してもらう際に、引っ越し費用と不用品回収費用を出してもらってください。費用は、依頼者が納得できる金額なら、その場で決まります。

不用品が大量にある場合、不用品回収業者の定額プランを利用するのがおすすめです。引っ越しを専門に取り扱う業者より、リーズナブルなのがメリットでしょう。トラック詰み放題の定額プランだと、1点ずつ依頼するよりお得になります。もちろん、1点だけを処分したいというケースも対応していますから、気軽に相談してみましょう。

3-5.不用品回収を利用するときの注意点

不用品回収業者の中には、家電リサイクル法適用製品を取り扱わない業者もあります。そのため、該当する製品がある場合、処分してもらえるかどうかを確認しておきましょう。不用品回収に重点を置いている業者なら、取扱品目も幅があります。依頼するときは、こうした事例があることを念頭に置いておいてください。

4.引っ越しの片付けでよくある質問

引っ越しの片付けは、大変な労力と時間のかかる作業ですよね。終えなければ引っ越しに進めないという、面倒なことでもあります。しかし、荷物量を減らすと引っ越しがとても楽になりますし、ぜひ実行してみてください。

Q.家電リサイクル法に該当する電化製品の処分費用は?
家電リサイクル法では、電化製品の回収費用を定めています。メーカー・品番・年式により異なるので注意してください。加えて負担しなければならないのが、収集運搬費用です。小売店などを経由して処分する場合、小売店が定めた収集運搬費用がかかり、回収費用と合わせて提示してもらうようにしてください。自分で持ち込んで処分するなら、家電リサイクル券センターのホームページを参照すると分かりやすいでしょう。

Q.ゴミがたくさんあって分別が難しくて面倒
さまざまな種類のゴミが混在してしまうのが、引っ越しの片付けでよくある悩みです。分別せずに混ぜて捨ててしまうなら、単なるゴミになるでしょう。しかし、現在は分別して資源化する動きが広まるようになり、面倒でもなるべく細かく分別するようにしてください。どうしても分別している時間がないという方は、不用品回収などを利用すると手間が省けて便利です。

Q.粗大ゴミのメリットとデメリットは?
自治体の粗大ゴミは、費用負担が少ないメリットがあります。1点あたり200円~というのが相場です。大型になるほど、費用は上がっていきますが、ほかの処分方法に比べてとても安く済みます。一方、デメリットとなるのは、やはり運搬の問題です。大型家具や重たい電化製品は1人で運べないので、人手が必要となります。運搬してくれる人がいないなら、引っ越し業者の不用品回収などを利用する方が安全です。

Q.引っ越し時の荷物を一時預かりしてもらいたい
退去と入居の時期が合わず、どうしても荷物を一時的に保管しておかなければならないこともあります。荷物預かりをしている引っ越し業者を選ぶ、またはトランクルームを利用するといいでしょう。業者に依頼するなら、搬出と搬入も一緒に依頼でき、別途契約する必要がなくてとても簡単にできます。

Q.引っ越しまで時間がない
引っ越しの片付けが終わらないという方もいます。ぎりぎりまで動けないのでしょう。引っ越しの片付けは、早い段階から段取りよく始めるととても楽です。しかし、時間的制約があるなら、不用品回収の片付けサービスを利用してみてください。引っ越しは断捨離を行う絶好のタイミングですから、面倒がらずにぜひ実行しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?引っ越しの片付けを効率よく終えていくコツは、使用頻度を目安にすることで不用品の見極めが簡単になります。長年抱え込んでいた電化製品・服・バッグ・雑誌などは思いきって処分しましょう。引っ越しは断捨離に最適ですから、不用品をどんどん処分して身軽になり、新生活を快適なものにしてください。大量に出たゴミを処分するなら、不用品回収サービスを活用すると便利です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!