【保存版】退去時になぜ掃除をする? 原状回復のカラクリを徹底解説

4.プロに頼んだ方がよい掃除は?

ここまで「退去時の掃除」にまつわるさまざまな事柄を紹介してきましたが、自分では対応できないケースも存在します。そこで、登場するのがハウスクリーニングのプロです。

4-1.プロに頼むべきケース

退去時に気付いてからでもよいですが、なるべく早い段階で依頼することをおすすめします。ハウスクリーニング業者が対応できるのは、

  • エアコン内部のカビによる異臭
  • 浴室のパッキンに浸食したカビや水あか
  • キッチン周りの頑固な油汚れ

などが挙げられます。ほかにも困っている箇所があればお気軽にお問い合わせください。プロに依頼するとたちまち解決できるので時間の節約にもつながります。掃除のコツなんかもお教えできるでしょう。また、細かな傷にも対応できる場合があります。

4-2.孤独死のハウスクリーニングについて

近年、「隣に住んでいる人がだれかわからない」という近所の付き合いが常識となりつつあります。家族でも必要以上に干渉しないのが現状でしょう。そのため、孤独死という名称が生まれてしまいました。

賃貸において述べると、上記の孤独死が起きた場合は「連帯保証人が原状回復をする」ことになります。早急に対応しないと家賃が発生するので気を付けてください。とはいえ、人の死に1人では対応しきれないでしょう。精神的にも多大な苦痛だと思います。ハウスクリーニング会社に依頼し、遺品整理と合わせて早々におこなうようにしましょう。

4-3.特殊清掃について

上記の孤独死で発見までに時間がかかった場合や、自殺・他殺による汚れは部屋を損傷していきます。特殊清掃と検索すると「ハウスクリーニング」と「遺品整理」を同時におこなえる業者がヒットするはずです。腐敗が進んでいる場合、素人では処理しきれませんので必ず専門業者を頼るようにしましょう。また、貸主としてはどうしても部屋の価値が気になるところです。心は痛むでしょうが、退去時の原状回復は細かくおこなう傾向にあります。

4-4.業者選びのポイント

ネットで「退去時+掃除」と検索すると、いくつも業者が挙がることでしょう。ここで、1社に問い合わせて決めるのではなく、複数社に見積もりを依頼するのがコツです。相場を比較し、検討することを忘れてはいけません。

おすすめは、不用品も回収する業者でしょう。掃除をしていると、意外に不要なものが出てくるものです。ぜひ、検討してみてください。また、ホームページを閲覧した際、「会社所在地」や「廃棄物収集運搬許可・古物商などの資格」が記載されているか確認するようにしましょう。

4-5.費用について

およその料金形態はホームページに記載してあります。ハウスクリーニング業者は無料見積もりがほとんどですが、念のため確認しましょう。当ダストマンでは、セットプランもご用意しています。参考までに料金表をご覧ください。

5.退去時の掃除にかかわるよくある質問

この項ではインターネットを介して寄せられるお問い合わせ内容をまとめてみました。退去時の掃除についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.主にどこを掃除すればいいですか?
A.強いて挙げるなら「水回り」でしょう。排水口のごみ受けなどはきれいにしておくと好印象だと思います。

Q.掃除以外で退去時に気を付けることは?
A.部屋の状態確認に「清掃業者あるいは不動産関係の人」が来ると思います。流れとして、借主も現状確認に立ち会い、完了するとサインを求められるでしょう。ですが、不可解な点がある場合は署名しないでください。「サインしないと家賃が発生しますよ」などと脅されたらなおのことです。わからないところはきちんと確認し、疑問は相談窓口に尋ねるなどしてから承諾しましょう。不要なトラブルを防止するコツです。

Q.退去時に損をしたくないのですが、方法はないのでしょうか?
A.部屋をきれいにたもつことを条件に挙げるのなら、入居時に部屋の写真を撮影しておくことです。日付入りでプリントするのも忘れてはいけません。気になる「傷」や「ヒビ」などを証拠として押さえておくことで、退去時に胸を張って敷金返還を要求できます。

なお、目立つ傷などは入居時に不動産会社に確認しましょう。自分が「住み始める前からあった傷」という証明にもなりますし、なぜ直さないのか聞けば管理に対する対応もわかります。

Q.引越し作業員が壁に傷を付けた場合はどうすれば?
A.必ず引越し業者に「そちらの作業員が傷を付けた」と伝えてください。およそ業者の保証でまかなえます。部屋を確認する際、不動産が問題を指摘する相手は「あくまで借主」ですので放置してはいけません。

Q.ハウスクリーニング業者には何日前までに予約したらよいのでしょうか?
A.弊社では即日対応可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

まとめ

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。いかがでしょうか? 退去時に掃除をするのは「敷金返還」にとって重要な事柄となります。忙しくて掃除をしている暇がないという方は、ぜひハウスクリーニング業者の利用を検討してみてください。新生活を気持ちよく始めるためにも、退去時の原状回復でもめないようにしましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!