大量の引越しゴミもこれでスッキリ! コツをつかんで処分しよう

引越しは、予想以上にたくさんのゴミが出てしまいますね。引越しが決まったら、荷造りだけではなくゴミや不用品の処分も計画的に進めましょう。この作業をしておくことで、引越しの荷物が減るので、引越し費用が安く済むのです。この記事では、引越しを間近に控えた人のために、引越しゴミの処分や手順をご紹介します。

  1. 引越しで出るゴミについて
  2. 引越しゴミの処分、自治体
  3. 引越しゴミの処分、引越し業者
  4. 引越しゴミの処分、リサイクル、リセールする
  5. 引越しゴミの処分、回収業者に依頼
  6. よくある質問

この記事を読めば、引越しゴミの処分のコツが分かります。ぜひ実践して、すっきりとした新生活を送ってください。

1.引越しで出るゴミについて

1-1.どんなものが出るか

家族構成によっても違いますが、一例として、以下のようなものがゴミとして出る可能性があります。

  • 可燃物:紙類・衣類・古いシーツやタオル・革製品・生活ゴミ(生ゴミ)など
  • 不燃物:プラスチックや金属のおもちゃ・傘・照明・鏡・鍋類など
  • 電化製品:DVDプレイヤー・TV・扇風機・ミシン・トースター・パソコン・プリンターなど
  • 大型家具:ベッド・タンス・ダイニングセット・食器棚・TVボードなど
  • 自転車・乗り物:子どもの自転車・三輪車・ベビーカー・ヘルメットなど

1-2.こまり事とは

引越しを機に、断捨離並みに不用品を処分しようとする人は多いでしょう。しかし、引越しのゴミは大量になるので、自治体の回収で一度に処分することは難しいのです。
また、新居にはサイズやテイストが合わないことで手放す家具や家電もあるでしょう。この場合は壊れているわけではないため、まだ使えるものをどのように処分するかを考える必要があります。

1-3.注意すべき家電

1-3-1.家電リサイクル法に定められた「捨てられない」家電とは

家電の処分を考えた場合、家電リサイクル法に定められた4品目(テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫)は、メーカーにリサイクルが義務付けられているため、ゴミとして処分することはできません。

1-3-2.パソコンと小型家電

パソコンはPCリサイクル法により、メーカーにリサイクルが義務付けられています。処分するときにはデータの消去を忘れずに行いましょう。小型家電は小型家電リサイクル法によりリサイクルされます。

1-3-3.処分方法

家電リサイクル法の4品目もパソコンも、メーカーや販売店の引き取りサービスを利用することができます。引き取りは有料です。また家電4品目以外の小型家電は、自治体の家電リサイクルボックスを利用することができます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!