汚部屋に住むことのデメリットと脱却するための方法

食事の準備や洗濯など、たくさんある家事のうち「掃除」が苦手だという人は少なくありません。整理整頓が苦手だから、仕事が忙しくて部屋を片付ける暇がないから、と掃除や片付けをついつい後回しにしたあげく、いつの間にか足の踏み場もないような「汚部屋」になってしまった、という人もいるでしょう。こうなってしまっては、どこから手をつけていいかもわからなくなってしまいます。今回は、「汚部屋」から脱却するための方法をご紹介しましょう。

  1. 部屋が汚いことによる3つのデメリット
  2. 汚部屋が心身の健康に与える3つの悪影響
  3. 汚部屋から脱却するための方法

1.部屋が汚いことによる3つのデメリット

単純に見た目の印象が悪いのはもちろんのことですが、汚部屋にはほかにもいくつかのデメリットがあります。具体的に見ていきましょう。

1-1.必要なものがどこに行ったかわからなくなる

ものが散らかった部屋で生活していると、とっさのときに必要なものがすぐに見つからないといった問題が発生します。「あの服を着たい」と思ったときにすぐ見つからず、朝からあちこち10分以上もかけて探すことになったり、ようやく見つかった服がシワだらけですぐに着て出かけることができなかったり。また、必要な書類がなかなか見つからず、再発行の手続きが必要になるといったこともあるでしょう。「ものを探す」ということ自体に時間がかかり、ほかのことに使えたかもしれない時間が無駄になるのです。

1-2.なくしたものの買い足しで家計が圧迫される

使いたいものが見つからない場合、必要なものであれば買い足さなければならなくなります。たとえば、糊を使おうと思ったら見つからない、白いTシャツがあったはずなのにどこにもないといったとき、ひとつひとつは大した金額でなくても、積み重なることにより家計を圧迫する事態にもなりかねません。「本来出さなくてもよかったお金」が無駄に出ていくのはもったいないものです。

1-3.家に友人を呼べなくなる

汚部屋に住んでいることに自分自身がひけめを感じていると、友人を気軽に呼べなくなってしまいます。たとえ事前に予定を立てていたとしても、片付けに何日もかかりそうだと思うと、友人に会うこと自体がおっくうになってしまいがち。ましてや飲みに行って盛り上がり、続きは家でゆっくり語り合いたいと思ったときに「ゴメン今、無理」と言わざるをえないのは、何かチャンスを逃したようでもったいないような気がしますね。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!