片付けられない親の家問題を解決!魔法の心理テクニックと片付け方法

「モノで溢(あふ)れた実家を片付けたい」「片付けようとすると親と喧嘩(けんか)になってしまう」あなたは、このようなお悩みを抱えていませんか。今、”片付けられない親の家”は、高齢の親を持つ人々が抱える深刻な問題となっています。 地震の多い日本では、家にモノが溢(あふ)れていると、大変に危険です。また、地震だけではなく、日常生活の中でモノにつまずいて転倒してしまうケースも少なくありません。

高齢の体で骨折すると寝たきりになってしまう恐れもあるでしょう。万が一のことを考え、モノは少なくしておくべきなのです。と言っても、親が納得しなければ勝手に手を付けることもできませんよね。どうしたらスムーズに親の家を片付けることができるのでしょうか?

この記事では、親をやる気にさせる心理テクニックと大量のモノを負担なく片付ける方法をご紹介します。

  1. 片付けられない親について
  2. 片付けられない親への対応策とは?
  3. 親の荷物を片付ける方法
  4. 片付けの業者選びについて
  5. 親の家の片付けに関するよくある質問

親の家を片付けるには、まず親をやる気にさせなければなりません。親が片付けに応じるテクニックは意外に簡単です。この記事を読むことで、親の家を片付ける解決策を知ることができます。実家が片付かなくて困っている方はぜひ読んでみてください。

1.片付けられない親について

片付けられない親の”やる気”を引き出すには、まず、親の気持ちや状態を知ることが大切です。片付けられない原因について見ていきましょう。

1-1.片付けられない原因とは?

親が片付けられないのは、ただ、”だらしがない”とか”面倒”という理由ではありません。

1-1-1.物理的な問題

家族で暮らしていた家から子供が出ていくと、親だけでは家が広くなります。その分、モノを置くスペースができてしまうのです。モノがなく、ガランとした何もない部屋では寂しさも募ります。子供がいなくなった寂しさを”モノで埋めてしまった・・・”という捉え方もできるでしょう。さらに、家族で暮らしていた家には、思い出の品や趣味のモノがたくさん置かれたままです。親としては、大切な思い出の品をそう簡単には捨てられません。特に、配偶者が亡くなった場合、故人が使っていたモノはそのままにしておきたいと言う気持ちも強くなるのです。

1-1-2.身体的な問題

年を取ると足腰が弱くなりできないことも増えます。片付けには体力が必要ですから、片付けたいと思っていても、体がついていかなくなってしまうのです。高齢になると判断力も低下するため片付けや捨てることへの意識が薄れていきます。

1-1-3.心理的な問題

年齢を重ねると、思うように体が動かなくなり不安感や孤独感が強くなります。モノを手放す不安からモノを捨てられなくなり、モノが足りなくなる不安から、モノを買い溜(だ)めしてしまうのです。しかし、記憶力が衰えているため、ストックしていることを忘れて再度購入してしまうことも少なくありません。思うように動けなくなるにつれ生活に必要なモノ、よく使うモノは自分のそばに置いておきたくなります。

1-1-4.もったいない精神

一昔前の日本で生きてきた世代は、現代とは違い、モノに飢えていました。手に入れた品は、大切に使わなければならないと教えられています。そのような背景から、捨てることに罪悪感を抱く人が多いです。「もったいない」という気持ちが強く、なかなか捨てられません。加えて、加齢により執着心も強くなり、モノを溜(た)め込んでしまうのです。不用品に溢(あふ)れた部屋に住む人ほど、モノを大切にしていると思い込んでいます。ですから、子供が片付けようとすると「捨てる=悪」と感じ、喧嘩(けんか)になってしまうのです。

1-1-5.社会的な問題

モノに溢(あふ)れた現代は、いつでもどこでもモノを手に入れることができるようになりました。便利な世の中になった一方で、ゴミの量は年々増加し、環境汚染や廃棄物の埋め立て地が残り少なくなっていることなど、深刻な問題を抱えています。

そこで、ゴミを減量し資源を有効活用することで、環境保全をしようと言う働きが大きくなってきました。ゴミの分別ルールも厳しくなり簡単に不用品を捨てられなくなっています。このような背景から、ゴミの処分ルールがわからず、捨てることができない高齢者も増えているのです。体力が落ちた体では、ゴミを集積所まで持ち運ぶことも難しくなるでしょう。一度ゴミを溜(た)めてしまうとあっという間にゴミやモノが増えてしまい放置してしまう結果となるのです。

1-2.最近急増中!親の片付け問題について

少し帰らないうちに親がモノを溜(た)め込んでいてビックリしたと言う人も多いのではないでしょうか。足腰が弱った老親は階段を使わなくなり、廊下や階段が物置のようになっているケースもあります。子供が片付けても、しばらくして実家に帰ると、元通りの状態になってしまったということも少なくないでしょう。家のあちこちにモノがあると、ケガを招く恐れがあります。老いた体で過ごすには非常に危険な状態です。

また、掃除もできなくなり不衛生になります。ほこりやダニの影響でアレルギーを発症する恐れもあり、小さな子供を連れて帰省するには心配です。さらに、片付けないまま親が亡くなると、膨大なモノは遺品となります。遺品整理は、生きているうちに片付けるより何十倍も大変な作業です。親が生きているうちに整理することは、残された家族の負担を減らすことにつながります。自分にとっては幼少時代過ごした大切な実家。そして、これからも親が暮らす大切な家です。家族みんなで親をサポートして、解決していきましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!