生前整理とは ~人生の整理の必要性とポイント~

2.生前整理は必要?

2-1.事前にやっておく重要性

自分には大事なものであっても、残された人たちに大事なものかどうかはわかりません。また、自分にとっては不必要だと思っていたものが大事なものや貴重品となることがあります。そのため、生前整理をしておかないと身内などに混乱を与える可能性が出てくるのです。
自分の意識がはっきりとしているうちに、整理をしておかなければ大事なものを整理するのが難しいでしょう。

2-2.体力があるうちにやっておこう

年齢を重ねてからいざ整理しようとしても、疲労感ばかり溜(た)まり進まないことが多いです。整理は体力が十分あるうちにやっておきましょう。
また、年齢を重ねていく中でものに対する執着が強くなる傾向があるります。判断力があるときに整理するのは重要です。

3.生前整理で扱うものとは

生前整理を行うにも、どういったものを整理すればいいかわからない方も多いでしょう。この項目で、整理しておくべきものをご紹介。

3-1.押し入れ・倉庫

ものを取りあえず入れておくことができる押し入れや倉庫は早めに整理しておきましょう。まずは、使うものと使わないものから整理していくので構いません。ものを減らしていくことから始めていきます。

3-2.財産に関する書類

家・土地など財産に関する重要な書類もしっかりと整理しておきましょう。名義や相続先・ローンなどマイナスの予算があることも確認しておく必要があります。
財産に関する書類をまとめていく中で遺書の作成をしておくのがおススメです。この段階で作成しておくと後々手間取りません。

3-3.自分が集めていたもの

自身で大事にしていたものやコレクションしていたものがあれば整理していきます。貴重品や財産になるものがあればきちんと整理しておく必要があるのです。また、自分がいなくなったあとで勝手に処分してほしくないものは、その旨を遺言として残しておく必要があります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!