生前整理とは ~人生の整理の必要性とポイント~

現代ではエンディングノートなど自分の死後を考える動きが活発です。その中で、自分がコレクションしていたものや財産を死後の遺品整理ではなくて、生前に考える「生前整理」という発想があるのをご存じでしょうか。生前に整理することで第2の人生を考えることもできるのです。
この記事では、生前整理の必要性とポイントをご紹介します。

目次

  1. 生前整理とは
  2. 生前整理は必要?
  3. 生前整理で扱うものとは
  4. 生前整理の方法
  5. 整理中に出た不用品の処分
  6. まとめ

1.生前整理とは

1-1.生前整理とは

生前整理は自分がこの世からいなくなってしまう前に身の回りのものを整理することです。子ども・家族・親族への遺品をわかりやすく分配できるように整理するのが目的となります。
また、持ち物の整理だけではなくて自叙伝のような記録をノートに残しておく人も多いようです。自分のために行うよりも、残される人のために行う側面が強いのが生前整理となります。

1-2.老いる前の「老前整理」という発想

生前整理だけでなく、最近では体が老いてしまう前に整理をしておく「老前整理」という発想もあるのです。
老前整理は自分が元気なうちに不用なものを処分すること。整理をする中で自分に必要なものを定めるのが目的となります。
生前整理に比べて老前整理は、自分の余生を考えて整理するのが中心です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!