遺品の処分をスムーズに行うコツとは? 処分・整理の方法を徹底解析

遺品整理や遺品処分は時間と手間がかかるものです。スケジュールをしっかり立てて、親族同士で協力し合いながらすすめていかなければ、後で大変なことになってしまいます。実際に、遺品整理を行う旨を親族に伝えていなかったせいで、親族間のトラブルに発展した方もいるのです。遺品整理・処分をスムーズに行うためには、事前に基礎知識を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、遺品処分の基礎知識や方法・業者に依頼する際のポイントについて説明します。

  1. 遺品処分の基礎知識
  2. 遺品処分の仕方について
  3. 遺品処分を業者に依頼する方法
  4. 遺品処分・整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理・処分をスムーズに行うために必要な知識を深めることができます。遺品を処分したい方はぜひ参考にしてください。

1.遺品処分の基礎知識

スムーズに遺品処分をするためには、基礎知識を知ることが大切です。遺品や遺品整理・処分とはどのようなものなのか、形見分けや最近の傾向・問題点について説明します。

1-1.遺品・遺品整理・遺品処分とは

遺品とは、故人が生存中に所有していたもののことです。故人にゆかりのあるもの・普段から使用していたものなどがあります。亡くなった後に、故人が遺(のこ)したものを整理する「遺品整理」と、不要なものを処分する「遺品処分」は、とても大切な作業の1つです。遺品の中には、相続税がかかる貴重品などもあり、素早く手続きをしなければなりません。また、遺品の放置はごみ屋敷などの問題に発展する可能性があるため、トラブルを防ぐためにも大切なことなのです。

1-2.形見分けについて

遺品整理・処分の大きなポイントと言えるのが、形見分けです。形見分けとは、遺品を親族や故人の友人・知人などに分けることを指しています。思い出の品々や故人が愛用していたもの・貴重品・財産などが含まれており、親族同士で形見分けを行うことが大切です。実は、親族間のトラブルのほとんどが、形見分けで発生しています。特に、形見分けを行う時期は決まっていませんが、親族が集まる四十九日などの宗教儀式と同時に行うのが良いとされているのです。きちんと遺産分与が完了している時点で、親族と協力して行いましょう。

1-3.最近の傾向・問題点について

少子高齢化・核家族化などの問題が深刻化し、1人暮らしの高齢者が増えています。1人で亡くなるケースも多く、遺品整理・処分を行う家族がいないのです。その場合は、故人が住んでいた家の管理人が業者に依頼して処分しなければなりません。また、整理をする時間がない・遠い地に住んでいるから行けないなどの問題が起きており、さまざまなトラブルが発生しています。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!