遺品の処分をスムーズに行うコツとは? 処分・整理の方法を徹底解析

遺品整理や遺品処分は時間と手間がかかるものです。スケジュールをしっかり立てて、親族同士で協力し合いながらすすめていかなければ、後で大変なことになってしまいます。実際に、遺品整理を行う旨を親族に伝えていなかったせいで、親族間のトラブルに発展した方もいるのです。遺品整理・処分をスムーズに行うためには、事前に基礎知識を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、遺品処分の基礎知識や方法・業者に依頼する際のポイントについて説明します。

  1. 遺品処分の基礎知識
  2. 遺品処分の仕方について
  3. 遺品処分を業者に依頼する方法
  4. 遺品処分・整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理・処分をスムーズに行うために必要な知識を深めることができます。遺品を処分したい方はぜひ参考にしてください。

1.遺品処分の基礎知識

スムーズに遺品処分をするためには、基礎知識を知ることが大切です。遺品や遺品整理・処分とはどのようなものなのか、形見分けや最近の傾向・問題点について説明します。

1-1.遺品・遺品整理・遺品処分とは

遺品とは、故人が生存中に所有していたもののことです。故人にゆかりのあるもの・普段から使用していたものなどがあります。亡くなった後に、故人が遺(のこ)したものを整理する「遺品整理」と、不要なものを処分する「遺品処分」は、とても大切な作業の1つです。遺品の中には、相続税がかかる貴重品などもあり、素早く手続きをしなければなりません。また、遺品の放置はごみ屋敷などの問題に発展する可能性があるため、トラブルを防ぐためにも大切なことなのです。

1-2.形見分けについて

遺品整理・処分の大きなポイントと言えるのが、形見分けです。形見分けとは、遺品を親族や故人の友人・知人などに分けることを指しています。思い出の品々や故人が愛用していたもの・貴重品・財産などが含まれており、親族同士で形見分けを行うことが大切です。実は、親族間のトラブルのほとんどが、形見分けで発生しています。特に、形見分けを行う時期は決まっていませんが、親族が集まる四十九日などの宗教儀式と同時に行うのが良いとされているのです。きちんと遺産分与が完了している時点で、親族と協力して行いましょう。

1-3.最近の傾向・問題点について

少子高齢化・核家族化などの問題が深刻化し、1人暮らしの高齢者が増えています。1人で亡くなるケースも多く、遺品整理・処分を行う家族がいないのです。その場合は、故人が住んでいた家の管理人が業者に依頼して処分しなければなりません。また、整理をする時間がない・遠い地に住んでいるから行けないなどの問題が起きており、さまざまなトラブルが発生しています。

2.遺品処分の仕方について

遺品整理・処分をスムーズに行うためには、事前に知識を深めることが大切です。遺品の種類や処分に困るもの・処分の仕方・問題点について説明しましょう。

2-1.どんなものがあるか

遺品は、故人が生前所有していたもの「すべて」が当てはまります。日常に使用していた家電製品や家財道具・身につけていた衣類・会社で使用していた文具や靴・雑貨・アクセサリー類・貴重品など、多くのものがあるでしょう。アルバム等の思い出の品々なども遺品です。たくさんの種類があるため、ごみの分類にも時間がかかり、遺品処分・整理に戸惑う方が多いのが現状でしょう。

2-2.処分に困るもの

故人との思い出がつまっているものは、なかなか処分しづらいものです。思い出を捨てたくない気持ちから、すべてを保管したい方が多いのではないでしょうか。しかし、すべてを保管するのは大変なことで、置く場所にも困ってしまいます。アルバムや写真などの思い出は、データで残しておきましょう。思い出のものも写真で撮影して、データとして残せば置く場所にも困りません。また、大型家具や大型家電・仏壇・位牌(いはい)なども、処分に困りがちです。まだ、使えるものであれば大型家具・家電類を必要としている人に譲ったり、売ったりすることもできるでしょう。位牌(いはい)は魂抜きをしないといけないため、寺でのお焚(た)き上げが必要です。

2-3.遺品処分について

遺品処分はいつ誰がするのか、整理・処分の仕方で悩むものです。スムーズに行うためにも、それぞれについてきちんとチェックしておきましょう。

2-3-1.いつ誰がするか

基本的に、遺品整理は故人の配偶者や子どもなど、身内の人が行うことになります。葬式や通夜で親族と話し合い、いつに遺品整理を行うのか決めておいたほうが良いでしょう。勝手に遺品整理をすすめてしまうと、後で親族間のトラブルに発展してしまいます。葬式や通夜はバタバタしてしまうので、親族が集まりやすい四十九日など落ち着いたときに実行することが多いようです。「気持ちの整理がつかないから」と、遺品整理を行わない方もいますが、相続税の手続きもあるので、できれば早めに整理・処分をしなければなりません。

2-3-2.整理・処分の仕方

まず、遺品の形見分けを行います。貴重品やアクセサリー類などの価値があるものから、親族同士で話し合ってください。そして、残りのものを不要なものと残すものに仕分けていきます。遺品の量が多いほど時間がかかるため、ここも親族で協力し合うことが大切です。仕分けに悩んだものは、「一時保管ボックス」を用意して、後まわしにすればスムーズにすすめられるでしょう。そして、要らないものを種類ごとに分別して処分します。

2-4.問題点

遺品整理・処分の問題点は、処分にお金がかかることです。粗大ごみを処分する場合、粗大ごみ券を購入しなければなりません。量が多いほど、処分費用が高くついてしまうのです。指定回収場所までの運搬も大変になるでしょう。さらに、整理・処分に時間がかかるのも問題の1つです。ものの量が多いほど、手間と時間がかかります。離れて住んでいる人にとっては、交通費や時間の問題も出てくるでしょう。また、不用品が大量にあると、ごみ捨て場に持って行くことができません。近所迷惑になるため、ほかの方法で処分しなければならなくなります。

3.遺品処分を業者に依頼する方法

遺品整理・処分にはさまざまな問題がありますが、これらを解決してくれるのが業者です。遺品の処分・回収を行っている業者やメリット・デメリット、業者選びのポイント・費用相場・相談窓口について説明します。

3-1.遺品処分の業者とは

遺品整理・処分の問題が深刻化していく中、遺品に対するサービスを実施する業者が増えています。遺品処分の業者は、依頼者の代わりに遺品を整理して、要らないものを処分する業者です。ただし、業者によって作業の範囲が異なるので注意しなければなりません。また、業者の中には不正を働く悪徳業者も存在しているため、信用できる業者か見極め、慎重に選ぶことが大切です。後ほど、【3-4.業者選びのポイント】で選び方について説明するので、ぜひチェックしてください。

3-2.メリット・デメリット

遺品業者に依頼するメリットは、主に3つあります。1つ目は、プロである業者に依頼すれば、短時間で作業が可能です。仕事や家事が忙しくてなかなか時間が空(あ)かない方でも、スムーズに遺品の整理ができるでしょう。2つ目は、買取サービスが利用できることです。遺品の中には、まだ使用できる家電・家具があるかもしれません。使えるものは、業者へ買取を依頼してください。業者の中には、回収・処分だけでなく、買取を行っているところもあります。買取サービスを利用すれば、処分費用の削減にもつながるでしょう。3つ目は、同時に供養も依頼できることです。処分に困りがちな位牌(いはい)などは、きちんと供養して処分しなければなりません。業者に依頼すれば、供養も引き受けてくれるため、同時に完了します。依頼前に、供養もしてくれるのか確認しておきましょう。
一方、デメリットは、費用がかかることです。不用品処分の量が多いほど、費用が高くなりますが、低格安で処分を行っている業者もあります。費用削減のためにも、複数の業者の見積もりを比較してみてください。

3-3.業者選びのポイント

スムーズに遺品整理・処分ができるかどうかは、業者選びのポイントにかかっています。信用できる業者を選ぶためにも、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧かつスピーディーな対応
  • 遺品整理・処分だけでなく、不用品の買取も行っている
  • 遺品整理の実績が豊富
  • 格安回収・高価買取が期待できる
  • 見積もり内容が細部まで記載されている
  • 産業廃棄物収集運搬や古物商の許可を取得している
  • 料金システムが明確
  • 即日対応可能

3-4.費用相場

遺品整理・処分の費用は、不用品の量や作業員人数・部屋の広さなどによって異なります。目安として、不用品・粗大ごみを格安片付けしている「ダストネット東京」の料金システムを以下にピックアップしてみました。

  • カゴ車おまかせパック(目安0.8㎥):12,000円
  • 軽トラックおまかせパック(目安2.㎥):30,000円
  • 1t平トラックおまかせパック(目安4.0㎥):50,000円
  • 2t平トラックおまかせパック(目安8.0㎥):95,000円
  • 3tトラックおまかせパック(目安15㎥):170,000円
  • 4tトラックおまかせパック(目安25㎥):250,000円

3-5.相談窓口

遺品整理・処分にかんする相談がある方は、「ダストネット東京」に一度相談してみてください。ホームページのフォームまたは電話で、相談することができます。1人で悩むのではなく、プロに相談したほうが適切な解決策が見つかるでしょう。また、信頼できる友人や親族に相談することも大切です。作業が大変な遺品整理・処分だからこそ、協力し合うことが大きなポイントとなります。

3-6.注意点

「遺(のこ)しておきたかった遺品まで処分された」「作業終了後に見積もり内容とは違う料金を請求された」などと、業者との間でトラブルが多発しています。悪徳業者は、「今ならキャンペーン中で安くなりますよ」という謳(うた)い文句が多く、勧誘が強めです。対応が悪い傾向もあるため、複数の業者を比較してみてください。比較することで、優良業者と不良業者を見極めることができます。

4.遺品処分・整理に関してよくある質問

遺品処分・整理に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

4-1.遺品に分類されないものとは?

故人が所有していても、遺品に分類されないものがあるので注意しなければなりません。遺品にならないものは、金銭価値のある財産(遺産)です。たとえば、銀行の預金や財布に入っていた現金・家や土地などの不動産・マイナス財産となる借金・有価証券などがあります。これらは、遺産となり、相続にかかわる場合があるので注意してください。

4-2.遺言書がある場合は?

効力を発揮する遺言書がある場合は、記載のとおりにすすめていかなければなりません。誰に何を遺(のこ)すのか、形見分けをどのようにするのか、細部まできちんと確認してください。また、作業を始める前に、遺言書の有無もしっかりチェックしておきましょう。

4-3.賃貸物件に住んでいる場合の注意点とは?

故人が賃貸物件に住んでいる場合は、早々に立ち退かなければなりません。早めに遺品整理をしなければ、翌月の家賃が発生してしまいます。処分費用のほかに家賃も支払わなければならなくなるため、余計な費用かかる前に整理・処分をすすめていきましょう。また、賃貸物件は、借りたときの状態に戻さなければなりません。これを原状回復と言います。

4-4.遺品を処分する際に気をつけておきたいことは?

遺品を処分する際は、個人情報に気をつけてください。写真や日記などの思い出深いものの中には、個人情報が記載されているものもあるでしょう。そのまま処分すれば、外部に漏(も)れてしまい、悪用される可能性があります。紙類であればシュレッダーにかけて再生不可能にしてください。パソコンの場合は、専用ソフトを使うなどして完全消去しましょう。

4-5.ハウスクリーニングとは?

簡単に説明すると、部屋をキレイな状態にすることです。キッチンやトイレなど水まわりの掃除から、エアコン・ガス台・網戸・ガラス・蛇口・照明など部屋全体をクリーニングします。業者の中には、ハウスクリーニングも行っているところがあるので、ぜひチェックしてください。

まとめ

いかがでしたか? 故人が遺した遺品は、できるだけ早めに整理・処分しなければなりません。形見分けもしなければならないため、親族同士が集まりやすい四十九日に行うのが理想的です。ただし、不用品の数が多いほど時間や手間がかかってしまいます。遠い地に住んでいる人にとっては、交通費も問題の1つになるでしょう。自分たちで整理・処分が難しい場合は、業者に依頼することをおすすめします。費用はかかりますが、まとめて処分できる定額パックもあるので複数の業者を比較してみてください。きちんと知識を身につけておけば、スムーズに遺品整理ができます。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!