上手に遺品整理を始めよう! 片付けの手順と見積もりの注意点

2.遺品整理の注意点

2-1.大切な遺品の紛失を防ぐ

遺品整理の需要が増える現在では、トラブルも増加傾向にあります。

業者に遺品整理を依頼する前に、よくあるトラブルを知ることは大切な危機管理といえるでしょう。

書類、貴金属など遺品の中には重要なものも数多く存在します。

遺品整理では、必要なものと不必要なものが混在しているため、処分の判断が難しい特徴があるのです。

必要なものの紛失のリスクを減らすためには、遺品整理の当日は必ず立ち合いましょう。

2-2.料金トラブルを回避しよう!

見積もりの金額と実際の請求額が異なるというのは、非常に件数の多いトラブルです。

状況によって多少金額の増減があることは仕方のないことなのですが、追加料金などの説明なく作業を進める業者には注意しましょう。

遺品整理の料金トラブルを回避するためには、しっかりとした見積もりを取り明確な料金体制を知る必要があります。

インターネットの無料見積もりなどを利用して遺品整理の相談してみるのもトラブル回避には効果的です。

3.まずは無料見積もりを利用しよう!

遺品整理を上手に利用するためには“見積もり”を取ることが大切です。

業者の見積もりを取る方法と、お得な利用方法についてご紹介しましょう。

【無料見積もりで業者を比較】

遺品整理を依頼するうでで料金を比較するというのも非常に大切です。

もちろん、料金だけではなくサービスや内容なども比較する必要もあります。

料金とサービスの比較をするためにも、無料見積もり利用することは非常に大切です。

【無料見積もりは詳細な状況を伝える】

無料見積もりでは“遺品整理の詳細な状況を伝える”という点に注意が必要です。

見積もりと実際の請求が異なってしまうのは、見積時に伝えた状況と現状が大きく異なるということが原因になります。

インターネットの無料見積もりでは、現場の写真を添付できる場合もあるので利用してみましょう。

【利用できるサービスを確認しよう】

遺品整理では“遺品の回収・廃棄”“遺品の買い取り”“ハウスクリーニング”などの作業が必要です。

すべての作業を別々の業者に依頼するというのは、遺品整理にかかる費用が増えてしまいます。

利用できるサービスは、同一の業者に依頼すればお得に遺品整理ができるのです。

まとめ

遺品整理を自分だけでおこなうのは非常に負担の大きなものです。

効率的に遺品を整理するためにも、遺品整理サービス検討するのも一つの選択肢といえるでしょう。

遺品整理の始め方や業者に依頼する方法についてまとめてみましょう。

【遺品整理を始める時期】

  • 四十九日法要・五十日祭以降が遺品整理開始の目安
  • 気持ちの整理がついてから始めてもよい
  • 遺品は“遺産相続”の対象になるので注意が必要

遺品整理は始める時期などに決まりはありません。

ただ、遺品は遺産相続の対象となるものなので複数の相続人がいる場合には注意が必要です。

気持ちを整理して、相続人との話し合いが済んでから遺品整理を始めるというのが正しい手順といえるでしょう。

【遺品整理を業者に依頼する際の注意点】

  • 遺品の紛失に注意
  • 見積もりと請求金額に注意

遺品整理を業者に依頼する場合には“信頼できる業者を選ぶ”ことがトラブル回避の方法です。

【お得な遺品整理業者の選び方】

  • 無料見積もりを利用して料金を比較
  • 利用したいサービスを併用しよう

料金やサービスに加えて、遺品整理は信頼して依頼できる業者を選ぶことが大切です。

遺品整理を依頼するために見積もり取る場合には、状況や希望を正確に伝えることに注意して利用しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!