上手に遺品整理を始めよう! 片付けの手順と見積もりの注意点

親近者などが亡くなり、葬儀が終わると遺品整理を進める必要があります。

しかし、故人の遺品整理を親族だけでおこなうのは、非常に難しいというのも現状です。

自分だけでは遺品整理が難しい場合には、遺品整理業者に依頼するのも一つの選択肢ということを覚えておきましょう。

遺品整理業者へ見積もりを依頼する方法やお得な利用方法について詳しくご紹介します。

遺品は故人の財産であることから、相続人が適正におこなわなければなりません。

故人の遺品整理を始めるための方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 遺品整理の始め方
  2. 遺品整理の注意点
  3. 業者に見積もりを取ろう!
  4. まとめ

1.遺品整理の始め方

1-1.遺品整理はどうやって始める?

遺品整理には決まった手順や方法などはありません。

通常の遺品整理の進め方について、手順を追ってご紹介しましょう。

【遺品整理手順1:相続人との相談】

故人の遺品は“遺産”なので、必ず相続人同士で話し合いましょう。

遺品整理の費用負担や整理作業中に見つかった遺産の分配方法などを、あらかじめ決めておくことが大切です。

遺品整理は遺産相続であることを理解して、手続きに問題が起こらないようにしましょう。

【遺品整理手順2:遺品整理を始める時期】

遺品整理を始める時期は、状況に合わせて始めるようにしましょう。

整理を始める時期は持ち家と借家では大きくタイミングが異なります。

それぞれの遺品整理開始タイミングについてご紹介しましょう。

  • 持ち家のケース

持ち家で遺品整理を急ぐ必要のない場合には、自分の気持ちが落ち着いてから始めてもかまいません。

地域の風習によって異なりますが、“仏教では四十九日法要が過ぎてから”“神道では五十日祭が過ぎてから”というのが一般的な遺品整理を始める目安です。

遺品整理は焦らず“気持ちの整理が済んでから”と始めるのが適切な開始時期と考えてよいでしょう。

  • 借家のケース

借家の明け渡し期間が決まっている場合には遺品整理を急ぐ必要があります。

急いで部屋の整理をおこなわなければならない場合には、遺品整理サービスを利用も検討しましょう。

遺品整理サービスでは、短期間で効率よく遺品を整理できるというメリットがあります。

【遺品整理手順3:遺品の処分方法】

遺品の整理には“処分”と“売却”の2つの方法があります。

それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

  • 遺品を処分する

再利用できない遺品は処分する必要があります。

遺品によって“可燃ゴミ”“不燃ゴミ”“粗大ゴミ”など分別して処分しなければなりません。

遺品整理では不用品の数が多く、分別に多くの手間がかかります。

ゴミの分別は、遺品整理を取り扱う不用品回収サービスなどに依頼することで負担を軽減可能です。

遺品の中に多くの不用品がある場合には業者への依頼を検討しましょう。

  • 依頼品を売却する

電化製品・貴金属などリユース可能な遺品であれば売却可能です。

不用品の買い取りは、リサイクルショップや不用品回収買い取り業者などに依頼しましょう。

遺品整理では、売却と処分を同時に利用することでお得に利用できます。

【遺品整理手順4:ハウスクリーニング】

遺品を片付けた後には“掃除”が必要になります。

持ち家、借家に限らず住宅や今後部屋を使うことを考えると、部屋のクリーニングは大切です。

一部の不用品回収業者では、遺品整理に加えてクリーニングサービスもあります。

遺品整理に加えて部屋をきれいにしたい場合には、ハウスクリーニングサービスを一緒に利用してみましょう。

1-2.自分だけでは難しい場合には?

自分だけで遺品を整理するのが難しいというは、近年のよく聞く悩みです。

核家族化が進む中で、一人で遺品整理をしなければならないというのは社会的な傾向といえるでしょう。

自分だけでは遺品整理が難しいという場合には“不用品回収・買い取りサービス”を利用することで、負担を軽減できます。

身体的な負担が大きく遺品整理ができない場合、専門業者に依頼するのも選択肢の一つであることを覚えておきましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!