マットレスの処分方法について知りたい! 正しい捨て方・注意点を知ろう

ベッドに必要不可欠な「マットレス」は、使えば使うほど古くなります。
そろそろ買い替えなくてはいけないとき、古いマットレスの処分に困るものです。
ベッドマットレスは、どのような方法で処分すれば良いのでしょうか。
マットレスにも、スプリングマットレスなどさまざまな種類があります。
ベッドマットレスの捨て方、ベッドマットレスの寿命や処分時に確認すること、処分を業者に依頼する際の注意点についても説明しましょう。
困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. ベッドマットレスの処分方法
  2. 処分時に確認すること
  3. 処分を業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.ベッドマットレスの処分方法

ベッドマットレスを捨てたい人は必見です。
正しい処分方法を3つ紹介します。
それぞれのメリット・デメリットを把握しながら、自分にとってベストな捨て方を見つけてください。

1-1.自治体のゴミとして処分する

ベッドマットレスは大きいですが、自治体のゴミとして処分できます。
自治体によってゴミの種類は異なるため、事前に確認しておかなければなりません。
だいたい、ほとんどの自治体が「粗大ゴミ」か、または「大型ゴミ」になっています。
しかし、スプリングマットレスの場合は、中に金属であるスプリングが入っているので少しやっかいです。
金属のスプリング部分は「資源ゴミ」、生地になっている繊維部分は「可燃ゴミ」として捨てなければならない自治体もあります。
別々に捨てなければならない場合、自分たちでわけなければなりません。
1人では時間がかかるため、数人でわけた方が良いでしょう。
ただし、とてもやっかいになるので手間はかかります。
このように、自治体のゴミとして処分する際は、ホームページなどでルールを確認することが大切です。

1-2.不用品回収業者に依頼する

自治体のゴミとして捨てるのが面倒な場合、手っ取り早い処分方法があります。
「不用品回収業者に依頼する」方法です。
不用品回収業者に依頼すると、その日のうちに自宅までやってきてくれるでしょう。
そして、処分したいベッドマットレスを回収してくれます。
スピーディーな対応と、どんなマットレスでも回収してくれるメリットがあるでしょう。
スプリングマットレスでも、そのまま業者に引き渡すだけで大丈夫です。
業者の方で処分してくれるため、利用者は何もする必要はありません。
手間がかからず、すぐに処分はできますが、「回収費用」がかかるので注意してくださいね。
自治体で捨てるより料金は高めに設定しているところが多いです。
しかし、業者の中には比較的安いところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

1-3.買い替えるときに処分してもらう

「マットレスを買い替えようかな…」と考えている人にオススメしたい方法が、お店に処分してもらう方法です。
マットレスを販売しているお店では、新しいマットレスを買うのを条件に古いマットレスを処分してくれるところがあります。
新しいマットレスを購入し、古いマットレスも処分できる効率的な方法だと言えるでしょう。
ただし、古いマットレスを処分する際の費用が数千円かかるので、きちんと確認してから処分してもらってくださいね。
お店によっては、回収してくれないところもあります。
事前に回収できるかどうか問い合わせてみましょう。

2.処分時に確認すること

2-1.処分しやすい状態にする

マットレスにもさまざまな種類がありますよね。
スプリングマットレス、柔らかいタイプのエアマットレス、マットレスの中に水が入っているウォーターマットレスなど、種類も豊富です。
それぞれ、処分する前に捨てやすい状態にしなければなりません。
中に入っている水や空気はすべて抜き取り、運びやすく処理しておきましょう。
自治体に処分する際は、自治体のルールを確認しながら作業を進めると良いですよ。
自治体によってルールが異なるので、事前にチェックしてくださいね。
スプリングマットレスは、中身を取り出さなければなりません。
しかし、自治体によってはそのまま「無料」で回収しているところもあるのです。
このように、自治体のルールを確認しながらマットレスを処分しやすい状態にしてくださいね。

2-2.マットレスの寿命はどのくらい?

マットレスの寿命はどのくらいになるのでしょうか。
使っている素材や種類によっても異なりますが、およそ「10年」だと言われています。
10年経過すれば、次第に劣化するのです。
マットレスは、寝ている間、私たちの体重を支えています。劣化が進行すると、十分な支えになりません。
古いマットレスは、私たちの体に悪影響をもたらしてしまうでしょう。
中央がへこむ、きしむ、スプリングが背中に当たるようなことがあれば、マットレスの買い替え時期です。
数年で買い替える機会があれば、使っていたマットレスが売れる可能性もあるでしょう。
特に、ブランドもの、機能性が高い優秀なマットレスは、高く売れる可能性があります。
不用品回収業者の中にも、回収だけでなく買い取りをしているところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3.処分を業者に依頼する場合の注意点

3-1.「見積書」を数社比較する

マットレスの処分を業者に依頼する場合、いくつか注意点があります。
特に、注意してほしいのが「見積書」です。
業者の中には、依頼主に高額の回収費用を請求する悪徳業者もいます。
実際、悪徳業者とのトラブルも年々増え続けているのです。
悪徳業者に引っかからないためには、利用する私たちが知識を身につけておけなければなりません。
依頼する前に、「見積書」をしっかり確認してくださいね。
「見積書」の中に不備な点があれば、すぐに業者へと確認しましょう。
業者が丁寧に説明してくれるのなら安心して依頼できます。
しかし、適当に受け流すように答えてくれない業者は悪徳業者の可能性大です。
数社の見積書を比較し、安心できる業者に依頼してください。

3-2.インターネットの口コミ・評判をチェックする

処分を業者に依頼するもう1つの注意点は、「インターネットの口コミ・評判」をチェックすることです。
口コミや評判は、実際に利用した人の感想が載っています。
「対応が悪かった」「追加料金を請求された」などの悪い評判がついている業者は、利用しないようにしましょう。
たとえ、知人や友人から紹介された業者でも、1度インターネットで口コミ・評判をチェックしてくださいね。
自分の目で確かめた上で信頼できる業者かどうかが、とても大切なポイントになりますよ。
「頼まなければ良かった」と後悔しないためにも、事前の確認が重要です。

4.まとめ

ベッドマットレスの処分方法や処分時に確認したいこと、業者に依頼する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
上手にマットレスを処分するためにも、必要不可欠な知識・情報ばかりです。
ベッドマットレスの処分で困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。
そして、自分の状況に合っている方法で処分しましょう。

  • 自治体のゴミとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 買い替えるときに処分してもらう
  • 処分しやすい状態にする
  • マットレスの寿命はおよそ10年
  • ブランドものや新しいマットレスは売る
  • 「見積書」を数社比較する
  • インターネットの口コミ、評判をチェックする

以上は、押さえておきたいポイントになります。
ポイントさえ押さえておけば、スムーズにマットレスが処分できるでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!