マットレスの処分方法について知りたい! 正しい捨て方・注意点を知ろう

ベッドに必要不可欠な「マットレス」は、使えば使うほど古くなります。
そろそろ買い替えなくてはいけないとき、古いマットレスの処分に困るものです。
ベッドマットレスは、どのような方法で処分すれば良いのでしょうか。
マットレスにも、スプリングマットレスなどさまざまな種類があります。
ベッドマットレスの捨て方、ベッドマットレスの寿命や処分時に確認すること、処分を業者に依頼する際の注意点についても説明しましょう。
困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. ベッドマットレスの処分方法
  2. 処分時に確認すること
  3. 処分を業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.ベッドマットレスの処分方法

ベッドマットレスを捨てたい人は必見です。
正しい処分方法を3つ紹介します。
それぞれのメリット・デメリットを把握しながら、自分にとってベストな捨て方を見つけてください。

1-1.自治体のゴミとして処分する

ベッドマットレスは大きいですが、自治体のゴミとして処分できます。
自治体によってゴミの種類は異なるため、事前に確認しておかなければなりません。
だいたい、ほとんどの自治体が「粗大ゴミ」か、または「大型ゴミ」になっています。
しかし、スプリングマットレスの場合は、中に金属であるスプリングが入っているので少しやっかいです。
金属のスプリング部分は「資源ゴミ」、生地になっている繊維部分は「可燃ゴミ」として捨てなければならない自治体もあります。
別々に捨てなければならない場合、自分たちでわけなければなりません。
1人では時間がかかるため、数人でわけた方が良いでしょう。
ただし、とてもやっかいになるので手間はかかります。
このように、自治体のゴミとして処分する際は、ホームページなどでルールを確認することが大切です。

1-2.不用品回収業者に依頼する

自治体のゴミとして捨てるのが面倒な場合、手っ取り早い処分方法があります。
「不用品回収業者に依頼する」方法です。
不用品回収業者に依頼すると、その日のうちに自宅までやってきてくれるでしょう。
そして、処分したいベッドマットレスを回収してくれます。
スピーディーな対応と、どんなマットレスでも回収してくれるメリットがあるでしょう。
スプリングマットレスでも、そのまま業者に引き渡すだけで大丈夫です。
業者の方で処分してくれるため、利用者は何もする必要はありません。
手間がかからず、すぐに処分はできますが、「回収費用」がかかるので注意してくださいね。
自治体で捨てるより料金は高めに設定しているところが多いです。
しかし、業者の中には比較的安いところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

1-3.買い替えるときに処分してもらう

「マットレスを買い替えようかな…」と考えている人にオススメしたい方法が、お店に処分してもらう方法です。
マットレスを販売しているお店では、新しいマットレスを買うのを条件に古いマットレスを処分してくれるところがあります。
新しいマットレスを購入し、古いマットレスも処分できる効率的な方法だと言えるでしょう。
ただし、古いマットレスを処分する際の費用が数千円かかるので、きちんと確認してから処分してもらってくださいね。
お店によっては、回収してくれないところもあります。
事前に回収できるかどうか問い合わせてみましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!